« 2014年11月6日 | トップページ | 2014年11月8日 »

2014年11月7日

2014年11月 7日 (金)

リンゴ82個盗み、軽トラに積み込んだ84歳男(7日)読売

青森県警弘前署は6日、弘前市楢木、無職の男(84)を窃盗の疑いで現行犯逮捕した。
発表によると、男は6日午前9時50分頃、同市百沢の農業男性(62)のリンゴ畑で、加工用のリンゴ「ふじ」82個(時価計820円相当)を盗んだ疑い。
 男が畑の近くの道路に止めた軽トラックにリンゴを積んでいるところを、別の畑で作業中の男性が見つけて声をかけ、通報したという。

2014年11月07日 18時02分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

“エボラ疑い”60代男性の所在確認 まもなく入院へ(7日)テレビ朝日

厚生労働省は、エボラ出血熱に感染の疑いがあることが分かった60代の男性を東京都新宿区の病院に現在、搬送中です。
 (社会部・井上敦記者報告)
 第一報から4時間が経ちましたが、病院前の報道陣の数は時間が経つにつれて増え、この問題への関心の高さが分かります。リベリアから4日に帰国した60代の男性とは一時、連絡が取れない状態となっていましたが、7日夕方になって所在が確認できたということです。現在までに発熱以外の症状はありませんが、厚労省は、念のため、男性を国立国際医療研究センターに搬送し、その後、血液などの検体を採取して国立感染症研究所で検査するとしています。男性に関する情報については、厚労省は検体を研究所に送った後で明らかにするとみられています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000038357.html

続きを読む "“エボラ疑い”60代男性の所在確認 まもなく入院へ(7日)テレビ朝日"

| コメント (0)

茨城・土浦のコンビニ強盗、男の映像公開 (7日)TBS

茨城県のコンビニで強盗をした男の映像が公開されました。
 7日午前3時45分頃、土浦市のコンビニに、男が押し入り、アルバイトの男性店員(37)に対しカッターナイフを突きつけ、「金を出せ」などと脅迫し、現金およそ6万5000円を奪って逃走しました。店員にけがはありませんでした。
 逃げた男は、年齢20~40歳くらい、身長165センチくらい、黒い帽子にサングラス姿だったということで、警察は強盗事件として捜査しています。(07日15:18)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2343372.html

| コメント (0)

警察官が職務質問に抵抗し逮捕(7日)NHK

警視庁の44歳の警部補が、児童買春の事件に関して神奈川県警の捜査員から職務質問を受けた際、突き飛ばすなどの抵抗をしたとして、公務執行妨害の疑いで逮捕されていたことが、警視庁への取材で分かりました。
 逮捕されたのは、大森警察署の刑事組織犯罪対策課の警部補、徳重雄二容疑者(44)です。
警視庁によりますと、今月3日の午後9時半ごろ、千葉県市川市の漫画喫茶で、神奈川県警の捜査員が児童買春の事件に関して徳重警部補に職務質問をしたところ、突き飛ばすなどの抵抗をしたとして、公務執行妨害の疑いでその場で逮捕されました。
徳重警部補は、その日は当直明けで、調べに対して容疑を認めているということです。
これについて、警視庁の森元良幸警務部参事官は「誠に遺憾で、今後、捜査結果を踏まえ、明らかになった事実に即して厳正に対処したい」とコメントしています。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141107/k10013022231000.html

| コメント (0)

警察学校で実弾50発無くなる(7日)NHK

愛知県警察本部の警察学校で拳銃の実弾50発が無くなっていたことが分かり、警察は所在を捜すとともに詳しい経緯を調べています。

愛知県警察本部によりますと、5日、愛知県春日井市にある県警察学校の射撃場で、警察官およそ70人が拳銃の訓練を行った際、箱に入った実弾2000発余りのうち、50発が無くなっているのが分かったということです。
拳銃の指導を行う県警本部の教養課の警部補が倉庫に保管されていた弾を射撃場に運び、訓練が始まる1時間前に数がそろっていることを確認しましたが、訓練が始まって参加者に弾を配ったところ、1箱分50発が足りなくなっていたということです。
警察学校では、倉庫など鍵のかかる場所に実弾を保管して訓練の直前に射撃場に持ち込んでいて、教養課の警部補らは弾を持ち込んだあと訓練が始まるまで射撃場にいたということです。
愛知県警察本部教養課の吉田弘之課長は「引き続き実弾を捜すとともに、詳しい経緯を調査して再発防止に努めます」と話しています。

News_pic1_3
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141107/k10013035641000.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(7、8日単位・レベル)
護民官警察を忘れるな
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010430 7日朝の産経新聞社会面-振り込め詐欺の電話を受けた男性が、「だまされた振り」作戦に協力しようと埼玉県警の所轄署に電話した。ところが所轄署は「人手不足」を理由に断ったという記事がトップを飾った。
 今、全国の警察は振り込め詐欺を含めた特殊詐欺撲滅に必死になっている。そんな最中にこのような不祥事を起こすなんて、警察業務をなんと心得る。
 実は、この「だまされた振り」作戦。平成16年にどこの警察本部にも先駆けて警視庁でやろうとした。ところが、やはり所轄署が「受け取りに来た段階で電話してください」と断った。一方、相談者も「受け取りに来てからでは怖いので協力できません」と断ってきた。「おとり捜査的な捜査はできない」という考えがごく一部の警部補クラスの頭にあった。
 しかし、あの平成12年の警察改革で求められたのは「国民の立場になって仕事をする」だ。あれから14年-今、警察組織全体が「護民官警察」の基本を忘れてはいまいか? 国民の生命と財産を守るべきパブリックサーバントが「喉元過ぎれば熱さを忘れる」では困るのだ。もう一度、原点に返ってほしい。
 警察庁によると今年9月までの振り込め詐欺の認知件数は7751件で被害額は256億6809万2712円。対前年比で1282件、81億2644万2137円のそれぞれ増だ。ところが検挙件数は1609件で同234件の減少。検挙人員は963人と143人増えているのがせめてもの救いだ。全国の警察は「一生懸命にやっている」という姿勢を見せてほしい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

下腹部に覚せい剤隠し密輸 容疑のタイ人女2人逮捕(7日)共同

福岡県警と門司税関(北九州市)は7日までに、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで、タイ人の女、自称自営業プルアンガンキット・ジャリヤー容疑者(35)と同カンタチャイ・ウイパアワン容疑者(23)を逮捕した。2人の下腹部から避妊具に詰めた覚せい剤が見つかった。「知人の黒人男性に日本へ持ち込むよう指示を受けた」と話しているという。
 2人の逮捕容疑は10月19日、それぞれ覚せい剤約200グラム(末端価格1400万円)を下腹部に隠し、福岡空港(福岡市)で密輸しようとした疑い。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014110701001026.html

| コメント (0)

ロボットがディーラー賭博店摘発(7日)NHK

東京・新宿歌舞伎町のビルの一室でトランプを使ったいわゆる「バカラ賭博」をさせていたとして、店の従業員2人が警視庁に逮捕されました。
この店ではロボットがディーラー役をし、客の関心を集めていたということで、こうした賭博店の摘発は全国で初めてです。

逮捕されたのは、新宿・歌舞伎町の賭博店、「アトム」の従業員、佐藤雄一容疑者(31)と笠真実容疑者(38)の2人です。
警視庁の調べによりますと、2人は5日、歌舞伎町の店内で客にトランプを使ったバカラ賭博をさせたとして、常習賭博の疑いが持たれています。
警視庁によりますと、この店では、ディーラーを雇わずに台湾製のロボットをディーラー役として使っていて、ロボットがトランプをつかんで台に置いたり、回収したりしていたということです。
共に逮捕された会社役員ら5人の客は、「金が欲しかった」とか、「ディーラーがロボットと聞いて興味を持ち、来店した」などと話しているということです。
警視庁は、2人がことし3月からロボットを使った違法な賭博をしていたとみて調べています。
こうした賭博店の摘発は全国で初めてです。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141107/k10013018372000.html

| コメント (0)

児童買春で捜査対象の警視庁警部補、職質受け暴れる 公務執行妨害容疑で逮捕(7日)産経

警視庁の警部補が、児童買春に関わった疑いで神奈川県警の捜査対象となり、捜査員から職務質問を受けた際に暴行したとして、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕されていたことが7日、分かった。捜査関係者によると、調べに対し、容疑を認めている。
 捜査関係者によると、逮捕されたのは、大森署刑事組織犯罪対策課の警部補、徳(とく)重(しげ)雄二容疑者(44)=東京都葛飾区新小岩。
 神奈川県警が捜査していた児童買春事件で捜査対象となり、同県警の捜査員が3日、千葉県市川市内の漫画喫茶にいるところを職務質問。その際、捜査員を突き飛ばすなどして暴れたため、現行犯逮捕した。徳重容疑者は非番だった。
 警視庁の森元良幸警務部参事官は「職員が逮捕されたことは誠に遺憾。捜査結果をふまえ、明らかになった事実に即して厳正に対処したい」とコメントした。http://www.sankei.com/affairs/news/141107/afr1411070016-n1.html

| コメント (0)

日経新聞次長を覚醒剤所持容疑で逮捕 密売人に要求メール 警視庁(7日)産経

自宅で覚醒剤を所持したなどとして、警視庁四谷署は、覚せい剤取締法違反(所持)と麻薬特例法違反の疑いで、神奈川県大和市渋谷、日本経済新聞社文化事業部次長、佐藤孝之容疑者(46)を逮捕した。同署によると、大筋で容疑を認めている。
 逮捕容疑は6日午前8時ごろ、自宅の棚に覚醒剤1袋を所持し、今年1月12日に、覚醒剤を求めるメールを密売人に携帯電話で送信して、覚醒剤とみられる薬物を受け取ったとしている。
 覚せい剤取締法違反事件の捜査で、佐藤容疑者が覚醒剤を購入していた疑いが浮上。麻薬特例法違反容疑で逮捕状を取り、6日に自宅を捜索したところ、自宅から覚醒剤が見つかった。
 同社経営企画室広報グループは「社員が逮捕されたことは大変遺憾。事実関係が判明し次第、厳正に対処する」とコメントした。http://www.sankei.com/affairs/news/141107/afr1411070012-n1.html

| コメント (0)

警察は協力を依頼していたはず… 振り込め詐欺で捜査協力断られた男性憤り(7日)産経

「普段から振り込め詐欺の摘発への協力を依頼してくるにもかかわらず、それを断るなんて…」
 産経新聞の取材に対し、男性は県警の対応に憤りをあらわにした。
 男性が振り込め詐欺犯からの電話を受けたのは今回で3回目だった。2回目の4月25日には、県警鴻巣署に協力してだまされたふり作戦を行い、現金300万円をだまし取ろうとした20代の無職男の逮捕に結びつけた“実績”があった。
 その際、最初の電話がかかってきてから逮捕、調書作成まで男性は丸1日を費やして警察に協力した。この経験もあり、男性は10月に詐欺犯からの電話を受けた後、警察への通報を当初はためらったという。
 しかし、埼玉県警は振り込めなど特殊詐欺を摘発の重点目標に設定。各交番も詐欺犯罪への捜査協力を依頼する広報紙を作製している。回覧板などで広報紙を見ていた男性は、「とりあえず警察の判断を仰ごう」と、通報に踏み切った。
 同署は作戦断念を伝えた際、「あなたが危害を加えられる可能性もある。捜査員は最低でも4、5人は必要で、各方向から現金持参者を追跡しなければならない」と説明。しかし、なぜ捜査員がそろわないのか納得のいく話はなかった。
 男性は「私の住所を知っているかもしれない犯人のことを通報するのは、かなり勇気が必要だった。人手不足も理解できるが、ちゃんとした説明もなく捜査協力を断るのは、あってはならないことだ」と話した。(川峯千尋)http://www.sankei.com/affairs/news/141107/afr1411070006-n1.html

| コメント (0)

振り込め詐欺 埼玉県警が電話受けた男性の捜査協力を断る 人手不足で…(7日)産経

埼玉県北本市に住む無職の男性(75)が10月、振り込め詐欺犯の男から電話を受け、県警鴻巣署に連絡して「だまされたふり作戦」に協力しようとしたところ、同署が「人手不足」を理由に捜査を一方的に断念していたことが6日、捜査関係者への取材で分かった。同署刑事課員2人は同日、男性に「連絡系統に不手際があり、申し訳なかった」と謝罪した。捜査2課が捜査の経緯について内部調査を進めている。
 男性の話などによると、10月14日午前11時15分ごろ、男性方に長男を装う男らから「小切手が入ったかばんをなくしてしまった」「お父さん、400万円なんとかならない」などと数回電話があった。振り込め詐欺と看破した男性は、マンションの管理人女性(65)を通じて、近くの同署交番に通報した。
 同日午前、交番の男性巡査が男性方を訪問。巡査は署の上司と連絡を取りながら、男性に受け子を逮捕するため「だまされたふり作戦」をしてもらうよう話を進めていた。
 その後、犯人側は東京都内での受け渡しを提案。すると、巡査に指示をしていた同署刑事課の男性警部補から「事件に関われる警察官の数が不足している。(だまされたふり作戦は)難しい」などと電話で説明を受けたという。男性が「自宅まで犯人を引っ張り出せればやるのか」と再度確認したが、同署は捜査員の人手不足を理由に、作戦を実施しなかった。

| コメント (0)

振り込め詐欺捜査の切り札「だまされたふり作戦」 摘発急増(7日)産経

被害者がだまされたふりをし、犯人をおびき寄せて逮捕する「だまされたふり作戦」が、振り込め詐欺など特殊詐欺対策の切り札になりつつある。昨年、全国で摘発した4割がこの作戦によるものだった。
 警察庁などによると、この捜査手法は平成21年に神奈川県警が始め、現在では全国の警察で導入されている。背景には、被害者から現金を受け取る方法が「振り込み型」から「手渡し型」中心に変わり、犯人を直接逮捕できる機会が増えたことがある。
 特殊詐欺の被害総額は昨年、約487億円と過去最悪を記録。今年1~9月もすでに約404億円に上り、昨年を上回るペースとなっている。
 だまされたふり作戦による摘発者数は22年の155人から、昨年は特殊詐欺事件全体の摘発者数(1805人)の4割に当たる780人まで増加。今年も1~6月までに443人が検挙され成果を上げつつある。
 警察庁幹部は「犯罪組織の末端層の『受け子』や『見張り役』の検挙はできている」と作戦の意義を強調する一方、「突き上げ捜査で上位層への摘発までなかなかたどり着けないのも現状だ」としている。http://www.sankei.com/affairs/news/141107/afr1411070007-n1.html

| コメント (0)

相模川の女性遺体、FBでストーカー被害訴え (7日)TBS

神奈川県平塚市の相模川で、26歳の女性の遺体が布団などで包まれ見つかった殺人・遺体遺棄事件で、女性がフェイスブック上にストーカー被害を訴えるような書き込みをしていたことが分かりました。
 5日、相模川で遺体で発見された厚木市の吉田綾奈さん(26)は、頭の右側を集中的に硬いもので殴られ、殺害されたとみられています。
 吉田さんは先月27日を最後に行方がわからなくなりましたが、その前に、「ストーカーもやめてくれ。いい加減にしろ」などとフェイスブック上に書き込んでいたことが分かりました。
 吉田さんの元交際相手はJNNの取材に対し、「吉田さんが書き込んだストーカーというのは自分のことかもしれないが、ケンカをしていただけだ。行方不明になる前日にも会ったが、あのときに帰さずに、一緒にいればよかったと後悔している」と話しています。(07日01:44)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2342997.html

| コメント (0)

「転売目的で」ホースの筒先盗む 男ら3人逮捕(7日)テレビ朝日

街角に設置されている消防ホースの格納箱からホースの筒先を盗んだとして、名古屋市の男ら3人が逮捕されました。
 窃盗の疑いで逮捕された名古屋市の松本勝彦容疑者(33)ら3人は、岐阜県池田町の街角に設置されている消防ホース格納箱から、真ちゅう製の筒先1本を盗んだ疑いが持たれています。3人とも「転売目的で盗んだ」と容疑を認めているということです。松本容疑者の自宅などからは、筒先約450本が押収され、警察が余罪を調べています。池田町を含む岐阜・西濃地域では、今年に入って約1000本の筒先が盗まれています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000038297.html

| コメント (0)

巨額詐欺 被害100億円超か(7日)NHK

「大手銀行の裏口座に預金すればもうかる」などと持ちかけられ、現金をだまし取られる被害が、兵庫県を中心に相次いでいることが関係者などへの取材で分かりました。
被害額は100億円を超えるとみられ、警察が巨額詐欺事件として捜査を始めました。
 関係者などによりますと、兵庫県内に住む会社員の女性が、5年前の平成21年、兵庫県内の50代の女から「大手銀行に裏口座を持っている。そこに預金すれば、よい金利が付く」などと持ちかけられ、3回にわたって合わせて700万円を渡したということです。
女性は当初、配当金として月に1度、9万円を受け取っていましたが、次第に滞るようになり、2年ほど前からは一切、支払われなくなったため、ことしになって弁護士に相談し、警察に届け出たということです。
 女性はNHKの取材に対し、「よい利率で配当金が返ってきたので、信じてしまった」などと話しています。
関係者などによりますと、同様の手口で現金をだまし取られる被害は最近のおよそ5年間に兵庫県を中心に関西などで相次いでいて、被害者は数百人に上り、被害額は100億円を超えるとみられるということです。
 女は、自分を「地主の娘」や「銀行の設立に関わった人物の子孫」などと言って知り合いなどに出資を持ちかけたうえで、さらにその知り合いを勧誘させ、集金額のノルマも課していたということです。
被害の相談を受けている三浦栄一郎弁護士は「被害に遭った人が『よい利息がもらえる』と友人や知人に紹介する形で、広がっていったもので、被害者が被害者に声をかけ、連鎖反応的に急激に拡大したのが特徴だ」と話しています。
警察は、巨額詐欺事件として捜査を始め、被害の実態解明を進めることにしています。
  貯金取り崩して300万円出資
兵庫県内に住む50代の女性は、知り合いに誘われて、5年前、貯金を取り崩して300万円を出資しました。
女性はNHKの取材に対し、「銀行の裏口座でよい金利の付く預金があるからしてみませんかと紹介されたのが最初でした。最初は普通に貯金してもそんなに率がよくないので信じられませんでしたが、『何回かの配当金だけで車が買えた』といった話を聞いて、そんなにお金が増えるのなら、少し出資してみようかなと思いました」と話しました。
 配当金として、月に1度9万円が支払われたことから、女性はさらに400万円を出資しました。
しかし、支払いは次第に滞るようになり、2年ほど前からは、一切、支払われなくなったということです。
女性はことしになって弁護士に相談したということで、「そんなによい話があるわけがなく、返ってきた金利も自分が払ったお金が戻ってきているだけだと分かりました。配当金がなかったら、700万円ものお金を出資していなかったと思いますが、いい利率で配当金が、返ってきたので信じてしまいました」と話しました。
  被害は少なくとも数百人か
 およそ30人の被害者から相談を受けている三浦栄一郎弁護士はNHKの取材に対し、「被害に遭った人が『よい利息がもらえる』と友人や知人に紹介する形で、広がっていったもので、被害者が被害者に声をかけ、連鎖反応的に急激に拡大したのが特徴だ」と話しています。
また、同様の被害は、少なくとも5、6年前から相次いでいるということで、「全体の被害額ははっきり分からないものの全体で約30億円被害に遭ったというグループのほか、80億円被害に遭ったというグループもあり、少なくとも数百人から100億円を超える金が集められたと考えられる。特定の銀行名を挙げて、『裏口座がある』などとうそを言っていることから、詐欺罪での立件が可能だ」としています。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141107/k10013010821000.html

| コメント (0)

大学に脅迫電話、容疑の男釈放 地検、任意で捜査継続(7日)朝日

 慰安婦問題の記事を書いた元朝日新聞記者(56)が勤める北星学園大札幌市厚別区)に脅迫電話をかけたとして、威力業務妨害の疑いで北海道警に逮捕された新潟県燕市の施設管理人、上村勉容疑者(64)について、札幌地裁は5日付で勾留延長決定を不服とする弁護人の申し立てを認めた。
 札幌地検は同日、釈放し、任意で捜査を続ける。
 上村容疑者は10月23日に逮捕され、11月3日に同地裁で10日間の勾留延長が認められていた。捜査関係者によると、容疑を認めており、弁護人が「証拠隠滅や逃亡の恐れがない」などとして、勾留延長決定を不服とする準抗告をしたという。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASGC6629CGC6IIPE02K.html

| コメント (0)

誤認逮捕で釈放の男をガラス損壊容疑で逮捕 茨城県警(7日)産経

茨城県警は6日、銃刀法違反容疑の現行犯で誤認逮捕した男を釈放後、交番の窓ガラスを損壊していたことが判明したとして、器物損壊容疑であらためて逮捕した。
 県警によると、男は、茨城県潮来市上戸、解体工、菱木秀容疑者(25)。6日午前3時50分ごろ、潮来市潮来の交番前で男2人が口論をしているとの110番通報で駆け付けた県警行方署員に、菱木容疑者が折り畳み式のツールナイフを持って接近。刃渡り6センチを超える刃物の所持を禁じた銃刀法に違反するとして現行犯逮捕された。刃渡りは6・5センチだった。
 県警がその後、条文を確認すると、持っていたタイプのナイフは8センチを超えなければ違反にならないことが判明、午前8時に釈放した。
 同日夕、県警は交番のドアを壊したとして、器物損壊の疑いで逮捕した。菱木容疑者は当時、酒に酔った状態だった。http://www.sankei.com/affairs/news/141107/afr1411070008-n1.html

| コメント (0)

悪質ブリーダー遺棄か 犬の大量死骸 劣悪環境で飼育?(7日)産経

宇都宮市と栃木県那珂川町で大量の犬の死骸が相次いで発見された事件で、一部の犬が蚊が媒介する伝染病「フィラリア」に感染していたことが6日、分かった。栃木県警は、悪質なブリーダー(繁殖業者)らが劣悪な環境で犬を飼育し、処理に困って捨てた可能性があるとみている。
 捜査関係者によると、発見された犬はいずれも毛玉がひどく、爪が伸びており、宇都宮市内で発見された犬のうち少なくとも1匹が、ワクチンの接種で予防できるフィラリアに感染していた。飼い主の情報などが入った長さ約1センチのマイクロチップが表皮に埋め込まれた犬もいたほか、雌犬の多くは数回出産した形跡があったという。
 犬の死骸は10月31日と今月1日に宇都宮市の鬼怒川河川敷で44匹、今月5日には東に約15キロ離れた那珂川町で27匹が発見された。いずれもミニチュアダックスフントやトイプードルなど小型の人気犬種で、雄と雌がほぼ半々。那珂川町では衰弱したトイプードルなど5匹が生存、保護された。http://www.sankei.com/affairs/news/141107/afr1411070004-n1.html

| コメント (0)

相模川女性遺体 遺体と一緒にコンクリートブロック入れられる(7日)フジテレビ

神奈川・平塚市の川で、布団などにくるまれた女性の遺体が見つかった事件で、遺体と一緒にコンクリートブロックが入れられていたことが、新たにわかった。
吉田綾奈さん(26)は5日、平塚市の相模川で、透明のビニールシートに巻かれ、その上から布団にくるまれた状態で見つかり、警察は、殺人事件として捜査している。
吉田さんは、10月27日未明に母親と別れたのを最後に、行方不明となっていた。
吉田さんと交際していた男性は、「(最後に会ったのは?)確か(10月)26日だと思う。そのときは、あまり変わった感じはなかった」と話した。
捜査関係者によると、ビニールシートの中には、コンクリートブロックが2個入れられ、シートがはがれないよう、粘着テープが貼られていたということで、川に沈めるための重しとして、ブロックが使われたものとみられている。http://www.fnn-news.com/fujitv/?URL=http%3A%2F%2Fwww.fnn-news.com%2Fnews%2Fheadlines%2Farticles%2FCONN00277111.html

| コメント (0)

フィリピン人らを通訳で雇用と虚偽申請…逮捕(7日)読売

フィリピンパブなどで働く外国人を通訳として雇用したとする虚偽の申請をしたとして、警視庁は6日、埼玉県吉川市美南、会社社長町山修二容疑者(44)を入管難民法違反(資格外活動)ほう助容疑で逮捕したと発表した。
同庁幹部によると、町山容疑者は今年3~10月、20~30代のフィリピン人とネパール人の男女計4人(いずれも入管難民法違反容疑で逮捕)を、自らが経営する会社の通訳として雇ったとする虚偽の雇用契約書などを東京入国管理局に提出し、「人文知識・国際業務」の在留資格を取得させた疑い。4人は実際には、ホテルの調理場で働いたり、フィリピンパブでホステスをしたりしていた。町山容疑者は4人から「手数料」などとして、1人あたり50万円以上を受け取っていたという。

2014年11月06日 21時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

« 2014年11月6日 | トップページ | 2014年11月8日 »