« 2014年11月2日 | トップページ | 2014年11月4日 »

2014年11月3日

2014年11月 3日 (月)

水道の蛇口 相次いで盗まれる(3日)NHK

埼玉県所沢市で1日から2日にかけて公園や住宅の庭先などに設置していた金属製の水道の蛇口合わせて11個が相次いで無くなっているのが見つかり、警察は窃盗事件として捜査しています。

1日午後5時半ごろ、所沢市緑町4丁目の児童公園にある、高さおよそ60センチのコンクリート製の台に付いている水飲み用と手洗い用の水道の蛇口2つが無くなり、穴から水が出続けているのを、遊んでいた小学生の男の子が見つけ110番通報しました。
このほか、1日の夕方から2日の夕方にかけて、周辺の住宅やマンションの屋外にあった水道の蛇口合わせて9個が無くなったという通報が相次ぎました。
警察によりますと、現場は、西武新宿線の新所沢駅を中心に半径およそ1キロという狭い範囲で起きていて、蛇口はいずれも工具などを使って壁などから取り外されているということです。
玄関近くの水道の蛇口が無くなっていたという70代の女性は「蛇口のあった穴から水が噴き出し、隣の家の壁にかかってしまった。とても怖いので蛇口は付けないようにします」と話していました。
警察は、金属製の蛇口を狙った窃盗事件とみて、付近に不審な人物が目撃されていないかなど捜査しています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141103/k10015905131000.html

| コメント (0)

埼玉でひき逃げ?男性重体 現場に“バイク”の破片(3日)テレビ朝日

黒っぽいバイクを押して現場から逃げる男が目撃されていました。
 3日午前11時ごろ、埼玉県坂戸市の市道で、近くに住む馬場冨士夫さん(73)が頭から血を流して倒れているのが見つかり、病院に搬送されましたが意識不明の重体です。警察によりますと、近くを通りかかった女性が「20代から30代くらいの男が黒っぽいバイクを押して逃げた」などと話しているということです。現場には、バイクのものとみられる破片が散乱していました。警察は、ひき逃げ事件とみて男の行方を追っています。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000038048.html

| コメント (0)

品川区の爆発 静電気でガソリンに引火か(3日)日本テレビ

 2日、東京・品川区豊町で爆発が起きマンホールの蓋など50枚ほどが吹き飛び、オートバイの修理をしていた19歳の男性が顔に軽いヤケドを負った。男性は「誤って側溝にガソリンを流してしまった」と話しているが、警視庁の調べで、静電気が原因でガソリンに引火し爆発した可能性があることがわかった。
 警視庁は引き続き、事故が起きた経緯を調べている。

2010_0318_173406banner011http://www.news24.jp/articles/2014/11/03/07262654.html

| コメント (0)

中国で摘発強化、小笠原沖へ=赤サンゴ密漁船-業者に懲役6年実刑も(3日)時事

【北京時事】東京・小笠原諸島沖で大量の中国漁船が赤サンゴを密漁している問題では、中国沿海部での密漁摘発が強化されたことから、密漁業者が中国近海を避け、同諸島などに押し寄せているとの見方が強い。日本産の赤サンゴは高値で取引されており、一獲千金を狙う密漁業者はなおさら、罰則の厳しい中国を避けて日本近海に向かうとみられている。
【動画】中国公船に対応する海保巡視船=日本領海に侵入する中国海洋監視船

 中国当局はパンダと同様に赤サンゴを「国家一級重点保護動物」に指定。中国メディアによると、密漁の多い沿海部の浙江省では2011年末ごろから取り締まりが強化された。
 同省では今年4月、中国海警局のパトロール船が海上で密漁グループ13人を摘発。船内に隠していた赤サンゴ約7.2キロ(289万元=約5300万円相当)を押収した。10月下旬には同省台州市の裁判所は13人に対し、懲役1年6月から6年の実刑判決を下した。
 7月にも、同省寧波市では12.5キロの赤サンゴ488万元(約8900万円)相当を密漁したとして数人が摘発された。180万元を出資して漁船を改装し、その数倍の見返りを期待していた。
 また福建省寧徳市当局は今年に入って5件の赤サンゴ密漁事件を摘発。計50キロ、2000万元(約3億6700万円)相当を押収し、10人以上を検挙した。(2014/11/03-19:12)

2014/11/03-19:12

| コメント (0)

盲導犬を守ろう オスカー事件受け、手製のタグ全国に(3日)共同

盲導犬を見守ります―。県内で今年7月、盲導犬「オスカー」が刺された事件を受け、盲導犬の味方であることを示すタグを付ける動きが全国に広がっている。考案したのは愛知県大府市の主婦山岸夕紀子さん(42)。被害の再発防止に向けて盲導犬を見守る"世間の目"を増やそうと、9月上旬に自費でタグの製作を開始。短文投稿サイト「ツイッター」で呼び掛け、これまで埼玉を含む40都道府県に2千個以上を配布している。
 「盲導犬は人間のために厳しい訓練を受け、頑張って働いている。その盲導犬が人間に攻撃されるという理不尽さが腹立たしく、悲しかった」
 幼いころから犬と一緒に生活し、現在も14歳になるパピヨンの「ビィ」と暮らす山岸さん。オスカーの事件は人ごととは思えなかった。「社会全体で見張っているという雰囲気をつくろう」。妊婦であることを周囲に知らせるマタニティーマークをヒントに、タグを考案。広告会社に勤めていた経験から、シンプルで印象に残るデザインにした。
 タグは縦4・5センチ、横3センチのプラスチック製。「盲導犬を見守ります」「STOPいたずら」「はたらく犬にやさしい社会」。メッセージの下には犬の足跡も添えた。できるだけ多くの人に使ってもらおうと、送料も含めて無料に。「何もしないよりはマシ」くらいの気持ちだった。
 月100個を目標に掲げ、近所や元同僚に配るところから始めた。ツイッターでPRしたところ問い合わせが殺到し、配布10日目には200個を突破。やがて製造が追い付かなくなると、印刷したシールをタグの形に切り取る作業を手伝ってくれたり、費用や材料の援助を申し出る人も現れるようになった。
 ところが、認知度が広がるにつれ、「自己満足」「見守っているだけでは駄目」といった批判も寄せられるようになった。そんな山岸さんを支えているのも、同じ人間の声だ。「行きつけのカフェにも置いてもらいます」「学校でクラスのみんなに配りたい」。利用者の応援が大きな励みになっている。
 熊谷市の主婦内田明美さん(55)も利用者の1人。ツイッターを通じてタグを知り、バッグに付けている。犬は飼っていないが、「愛知の人が埼玉で起きた事件に心を痛め、行動していることに衝撃を受けた」。知人や公民館サークルの仲間など、これまで50人以上にタグを配っている。盲導犬にも関心を持つようになったという。
 タグの配布先のうち2割近くを埼玉が占める。47都道府県全てに届けるのが山岸さんの現在の目標だが、事件の発生場所として「特に埼玉の人に使ってもらいたい」と呼び掛ける。タグに記した「やさしい社会」を目指して。  タグの問い合わせは、山岸さんのホームページ(http://ameblo.jp/mimamorist/)から

2010_0123_11120247newslogo1_3http://www.saitama-np.co.jp/news/2014/11/03/05.html

| コメント (0)

タンクに別の車の金属部品刺さる(3日)NHK

1日、岩手県北上市の東北自動車道でキャンピングカーが燃えて3人が死亡した火災で、キャンピングカーのガソリンタンクに別の車の金属の部品が刺さっているのが見つかりました。
警察は、路上に落ちていた部品が踏まれた勢いでガソリンタンクに突き刺さり、その部品が路面に接触した摩擦で火花が出てガソリンに引火したとみて調べています。

1日午前3時ごろ、北上市の東北自動車道の下り線でキャンピングカーが激しく燃え、東京・江戸川区の42歳の会社役員の男性の3歳の長男と1歳の次男、それに、62歳の義理の母親の合わせて3人が死亡し、39歳の妻が意識不明の重体となっています。
警察が焼けたキャンピングカーを調べたところ、右側の前輪の後ろにあるガソリンタンクの底に、「板バネ」とみられる金属製のサスペンションの一部が刺さっているのが見つかりました。
この部品は、長さ48センチ、幅7センチ、厚さ1センチ7ミリで、ガソリンタンクからぶら下がり、路面に接触する状態だったということです。
また、現場からおよそ100メートル手前の路上には、今回のサスペンションが割れたとみられる部品が落ちていたということです。警察は、キャンピングカーが、路上に落ちていたサスペンションを踏んだ勢いで一部がガソリンタンクに突き刺さり、その部品が路面と接触した摩擦で火花が出てガソリンに引火したとみて調べています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141103/k10015905901000.html

| コメント (0)

尊厳死宣言の女性死亡 家族に囲まれ「さよなら世界」(3日)朝日

余命半年を宣告された末期がんの米国人女性が1日、予告通りに「尊厳死」を選んだ。米オレゴン州の自宅のベッドで家族に囲まれ、医者から処方された薬を飲んで、安らかに息を引き取ったという。

 AFP通信などによると、ブリタニー・メイナードさん(29)はソーシャルメディアに、「今日は不治の病のため、尊厳死を選んだ日」とし、「世界は美しい場所。旅は私の最高の先生で、親友や両親は多くを与えてくれた。これを書いている時もその人たちに囲まれている。さよなら世界。よいエネルギーを分かち合って」などと書いた。
 尊厳死の支援団体が10月6日、メイナードさんが「11月1日に死にます」などと話すインタビューをユーチューブに載せたところ、尊厳死の是非を巡り、議論を呼んだ。「最後まで治療を受けるべきだ」「それほどひどい病気にみえないのに、自殺するのか」などと批判的な声もあった。
 これに対し、メイナードさんは「私だって死にたくない。奇跡が起き治療が出来るなら生きたいし子どもも欲しい」「ひどい痛みがあるが、これ以上の苦しみの前に尊厳死したい」などと反論していた。

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(3、4日単位・レベル)
えっ殺人が増加
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010422 今年に入って殺人事件が増えている。10月31日には千葉県柏市で36歳の息子が62歳の父親を包丁で刺し殺すという痛ましい事件が発生した。
 29日には東京都狛江市の美容室で、58歳の女性店長が頭を殴られ死亡した事件の犯人は経営者の77歳の男だった。
 24日昼ごろ福井・敦賀市で男性が日本刀のようなもので刺殺された事件では山口県岩国市の54歳の土木作業員が逮捕されるなど事件は10月末に集中して発生した。
 凶悪事件を含めて刑法犯全体が減少している中で殺人事件と放火事件は増加している。
 警察庁によると今年9月までの殺人事件の認知件数は798件で前年同期に比べ69件の増。一方、検挙率は92.1%で高い数字だが前年同期より3.9ポイント減少している。
 認知件数のワースト5は、大阪の113件をトップに東京の91件、埼玉の58件、千葉の49件、神奈川の46件と都市部に集中。なかでも首都圏1都3県で244件と全件数の30%以上だった。
 増えたのは東京と埼玉が+25件、千葉と大阪が+15件、愛知の+12件など。
 検挙率は山梨の150.0%をトップに鹿児島の116.7%、静岡の105.3%、福岡の103.0%など100%代が27府県もあった。頑張れ!ニッポン警察
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

女性を車外に引きずり降ろし財布奪う、2人組の男 福岡(3日)産経

2日午後7時50分ごろ、福岡県飯塚市平塚のスーパー「食彩館筑穂店」駐車場で、女性(40)の車に男が突然乗り込んだ上、車外に引きずり降ろして暴行、現金約10万円が入った財布などを奪って逃走した。女性は左脇腹打撲などのけが。男は2人組とみられ、飯塚署が強盗致傷容疑で捜査している。
 飯塚市では10月中~下旬、男が帰宅中の人を殴ってかばんを奪う強盗致傷事件が2件起きており、県警が関連を調べる。
 飯塚署によると、女性が買い物を終えて運転席に乗り込んだ直後、男が突然後部座席に乗り込み女性のショルダーバッグをひったくろうとした。女性はバッグを離さなかったため、車外に引きずり出され、男は財布と手帳を奪って別の男が運転する白っぽい乗用車で逃げた。
 暴行した男は50~60代の短髪。上下黒のジャージーで、マスクとサングラスを着けていた。http://www.sankei.com/affairs/news/141102/afr1411020021-n1.html

| コメント (0)

土蔵に腐敗遺体、バッグに80代男性の免許証(3日)読売

 1日午後5時10分頃、富山県立山町西芦原の木造2階土蔵の2階部分で人が倒れているのを、土蔵の解体に訪れた業者が発見した。上市署員が確認したところ、すでに死亡していた。同署の発表によると、遺体は性別不明で身長約1メートル58。土蔵の中にボストンバッグが置いてあり、今年7月から同町の自宅を出て行方不明になっている80歳代男性の免許証や保険証などが入っていた。遺体は腐敗が進んでおり、同署は司法解剖して死因の特定と身元の確認を進める。

2014年11月02日 12時54分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

車逆走 バスと衝突、炎上 静岡(3日)共同

2日午後8時50分ごろ、静岡市清水区袖師町の市道袖師臨港道路で車線を逆走した乗用車が、回送中のバス2台と衝突して炎上した。事故後、乗用車の運転者が現場から立ち去ったが、清水署員が運転者と見られる男性を付近で発見し事情を聴いている。バスの運転手2人にけがはなかった。
 事故現場はJR清水駅の北約400メートルの、中央分離帯がある片側2車線の直線道路。乗用車は1台目のバスの右後方に衝突し、数十メートル後方で停止した2台目のバスと正面衝突したと見られる。2台目のバスの運転手(65)は「(衝突後に)乗用車から炎が上がるのを見て慌ててバスを後退させた。(車の)運転者はけがをしている様子だった」と話した。

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.at-s.com/news/detail/1174138186.html

| コメント (0)

中国サンゴ船団、日本の海上警備挑発か 専門家「単なる密漁と思えぬ」(3日)産経

 200隻以上に膨れあがった小笠原・伊豆諸島沖での中国のサンゴ密漁船団について、専門家からは「単なる密漁目的ではなく、日本の海上警備態勢への挑発ではないか」といった見方が浮上している。
 小笠原諸島沖で今秋増加した中国漁船によるサンゴ密漁は、中国近海での採取禁止や沖縄周辺での海上保安庁の警備強化が背景にあるとみられる。海保の佐藤雄二長官は「一獲千金を狙った違法な操業だ」と述べ、中国公船の航行が常態化している尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺海域での海洋権益拡大に向けた動きとは別との認識を示す。
 ただ、小笠原諸島沖では約30年前にも台湾漁船によるサンゴの密漁が横行した時期もあったが、古参のサンゴ販売業者は「今回は船団が異常に多い。取り合いになって行き帰りの燃料代が回収できないリスクもあるのに…」と船団の急増に首をかしげる。
 東海大の山田吉彦教授(海洋政策)も「数十隻ならまだしも、200隻以上に増えれば単なる密漁目的とは考えにくい」と指摘。中国漁船が領海に侵入し、島から見える距離まで大胆に近づいている状況などから「日本の海上警備態勢への挑発の意味合いもあるのでは。現状を国際世論に訴え、中国側にサンゴ密漁をやめさせるよう圧力をかけるべきだ」と話している。
 漁業関係者の間では、小笠原諸島沖で中国漁船が領海侵入を繰り返すことで、尖閣諸島の領海警備態勢に揺さぶりをかける狙いを指摘する向きもある。http://www.sankei.com/affairs/news/141103/afr1411030007-n1.html

| コメント (0)

数千万円荒稼ぎ、中国サンゴ密漁船団 罰金軽く抑止効果なし(3日)産経

中国漁船によるサンゴ密漁問題では、逮捕された中国人船長が釈放時に払う担保金(罰金)の低さが問題視されている。中国人船長の中には、過去に別の海域で逮捕されて担保金を払いながら、密漁を繰り返していた人物もいたからだ。取引価格の高騰を背景にサンゴで暴利をむさぼるケースが後を絶たない中、密漁抑止の観点から担保金の引き上げを求める声が関係者の間で高まっている。

 海上保安庁は10月以降、領海や排他的経済水域(EEZ)での密漁行為などで5人の中国人船長を逮捕して取り締まりを強化しているが、中国漁船は増え続けている。要因の一つとして指摘されるのは、逮捕された密漁者が釈放時に支払う担保金の低さだ。具体的な金額は非公表だが、違反の類型、程度、回数などを考慮して金額が決まる。関係者によると、EEZでの無許可操業は400万円前後、立ち入り検査拒否は数十万円が相場とされる。
 密漁の対象となっている赤サンゴは「宝石サンゴ」と呼ばれ、とりわけ日本産は品質が良く装飾品として中国や台湾の富裕層に人気が高い。日本珊瑚(さんご)商工協同組合によると、卸値はこの10年で約5倍に上昇し、平成24年の平均取引額は1キロ約150万円に上る。密漁を繰り返し、数千万円の荒稼ぎをするケースも珍しくないという。担保金の額が、密漁者が得る違法利益に比べて低すぎるのだ。

| コメント (0)

イスラム国側と頻繁連絡 元教授、北大生渡航を積極支援(3日)産経

イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の戦闘員に加わろうと北海道大学の男子学生(26)=休学中=らがシリア渡航を企てた事件で、支援者とされる元大学教授、中田考(こう)氏(54)がイスラム国側と頻繁に連絡を取り合っていたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。刑法の私戦予備・陰謀容疑での強制捜査から間もなく1カ月。警視庁公安部は事件の全容解明を急いでいる。
 捜査関係者によると、渡航計画をめぐり、中田氏はインターネットなどを介してイスラム国幹部と繰り返し接触。北大生の渡航ルートなどについて積極的に調整を進めていたという。
 中田氏は北大生を「戦闘員」として紹介。渡航前後の段取りのほか、武器入手などについても助言していたとされ、計画の中心的役割を果たした疑いがある。
 公安部は複数の人物が計画に関与したとみており、渡航が実行されるまでの経緯を慎重に捜査。中田氏とイスラム国の関係や、具体的なやり取りについても、さらに裏付けを進める。1 2 次へ

http://www.sankei.com/affairs/news/141103/afr1411030004-n1.html

| コメント (0)

「妻の首絞めた」92歳夫を逮捕 殺人未遂容疑 千葉(3日)朝日

 女性の首を絞めて殺そうとしたとして、千葉県警は2日、同県茂原市上林の無職増田米蔵容疑者(92)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕し、発表した。「妻の首を絞めた。病気で苦しんでいるのが、かわいそうだった」と容疑を認めているという。
 茂原署によると、女性は妻の和子さん(83)とみられ、心肺停止の状態という。増田容疑者は2日午後6時ごろ、自宅寝室のベッドの上で、女性の首をネクタイで絞め、殺そうとした疑いがある。
 増田容疑者は妻と2人暮らし。自分で「妻を殺した」と110番通報し、駆けつけた署員に逮捕されたという。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASGC27G0LGC2UDCB00R.html

| コメント (0)

殺人未遂の疑いで公開手配の土木作業員を逮捕 兵庫県警 11/03 07:16 【神戸新聞】 (3日)共同

神戸市長田区二葉町1の路上で6月、男性が刃物で襲われ負傷した事件で、兵庫県警暴力団対策課と長田署は2日、殺人未遂の疑いで公開手配していた土木作業員、松本和人容疑者(44)=同区四番町4=を逮捕した。同課によると、松本容疑者は「身に覚えがない」と否認している。
 逮捕容疑は、ほか6人と共謀して6月19日夕、明石市内の無職男性(48)の頭を切りつけ、腹を刺した疑い。
 県警は2日、松本容疑者が神戸市西区玉津町の知人宅にいるのを確認し、その場で逮捕。身柄をかくまったとして、犯人隠避容疑で無職西山晴那容疑者(25)も逮捕した。容疑を否認している。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201411/0007471424.shtml

| コメント (0)

刑務所などの医師不足 過去最悪に(3日)NHK

刑務所などの矯正施設で常勤の医師の辞職が相次ぎ、欠員の数は定員のおよそ4分の1と過去最悪になっていることが法務省への取材で分かりました。
実刑判決が確定しているにもかかわらず、全国で100人以上を刑務所に収容できないなど深刻な影響が出ています。

刑務所や少年院など全国の矯正施設の多くは、医師が常駐し、施設の中で受刑者などの診察や治療を行っていますが、法務省によりますと、平成16年ごろから一般の病院との待遇の差や、医師としての経験を十分に積めないという不満などから辞職する医師が相次いでいるということです。
NHKが全国の法務省の機関に取材したところ、先月1日の時点で、矯正施設の常勤医師の定員327人のうち欠員が76人と過去最悪になっていることが分かりました。
こうしたなか、人工透析が必要な腎臓病の受刑者を受け入れる態勢が整わず、先月1日の時点で全国で112人を刑務所に収容できなくなり、実刑判決が確定しているにもかかわらず、自宅や病院で待機させざるをえない状況になっています。
また刑務所などから外部の病院へ連れて行く件数が増える傾向にあり、こうした場合は費用がかさむこともあります。
刑務所などの医療費は高齢化の影響で増加していますが、さらに増える要因の1つになっています。
法務省は、「受刑者の高齢化が進むなかで医師が不足しているのは危機的な状況で、待遇の改善などを検討していきたい」としています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141102/k10015894051000.html

| コメント (0)

収穫間近の被害…リンゴ3000個盗まれる 青森(3日)テレビ朝日

青森県で、収穫を間近に控えたリンゴ約3000個が盗まれました。
 1日午後6時ごろ、青森県平川市のリンゴ畑で、大量のリンゴが盗まれているのを所有者の家族が見つけ、警察に通報しました。盗まれたリンゴは「ふじ」約3000個、時価16万円相当で、週明けに収穫する予定だったということです。
 リンゴ畑の関係者:「許せないと言えば許せないですね。一応、お金も掛かっているし。手間ひま掛かっているものなので…」http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000038003.html

2009_1229_211958annlogo1_2

| コメント (0)

男性刺され重傷、出頭した男を殺人未遂容疑で逮捕 (3日)TBS

2日夜、埼玉県のJR大宮駅の近くの路上で、37歳の男性が男に刃物で刺され、重傷を負う事件がありました。その後、男は交番に出頭し、緊急逮捕されました。
 2日午後7時半過ぎ、JR大宮駅近くの路上で110番通報があり、警察官が駆けつけたところ、37歳の男性が背中を刃物で刺され、倒れているのが見つかりました。男性は重傷ですが、命に別状はないということです。
 そのおよそ20分後には、大宮駅の交番に「私がやりました」と、20代から30代くらいの男が凶器とみられる包丁を持って出頭したため、警察は男を殺人未遂の疑いで緊急逮捕しました。取り調べに対し、男は容疑を認めているものの、詳しい動機などについては黙秘しているということで、警察は男の身元特定を急ぐとともに、犯行に至ったいきさつについて、詳しく調べを進めています。(03日03:17)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2338852.html

| コメント (0)

« 2014年11月2日 | トップページ | 2014年11月4日 »