« 「違法造成」潜む土砂災害 八王子の業者など捜索(14日)共同(東京) | トップページ | 北「秘密警察」に何が起きているのか…よぎる「ミスターX」銃殺の悪夢、これでは「拉致調査」も進まず(14日)産経 »

2014年10月14日 (火)

捜索痕跡、消える恐れも=台風通過で「やり直し」-御嶽山噴火(14日)時事

長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)の噴火で、台風19号の影響で中止している捜索が早ければ15日にも再開される。犠牲者は56人に上り、依然7人が行方不明のまま。捜索隊は全員発見を急ぐが、現場の山頂付近は台風の暴風雨にさらされ、捜索の痕跡がなくなる恐れがある。隊員らは「また一からやり直すことになる」と話している。
 捜索現場の山頂付近では、降り積もった火山灰をスコップで取り除く活動を行っていた。警視庁幹部は「掘った場所がまた埋まってしまう」と、台風通過が捜索に及ぼす影響を懸念。活動を終えた場所に付ける目印の線も暴風雨で消され、捜索に支障が出る可能性があるという。
 雨で現場の足元がぬかるむことも懸念材料だ。長野県警機動隊の母袋周作分隊長(33)は「台風の雨で登山道や斜面の足場が悪くなる」と気をもむ。再開後は隊員同士をロープでつなぐなど安全対策に一層努め、二次被害対策に注意を払う。
 台風通過後はさらなる気温低下が予想される。山頂付近の捜索は、これまで以上に過酷な条件下での活動になるとみられる。(2014/10/14-06:17)

2014/10/14-06:17

« 「違法造成」潜む土砂災害 八王子の業者など捜索(14日)共同(東京) | トップページ | 北「秘密警察」に何が起きているのか…よぎる「ミスターX」銃殺の悪夢、これでは「拉致調査」も進まず(14日)産経 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「違法造成」潜む土砂災害 八王子の業者など捜索(14日)共同(東京) | トップページ | 北「秘密警察」に何が起きているのか…よぎる「ミスターX」銃殺の悪夢、これでは「拉致調査」も進まず(14日)産経 »