« 立体駐車場死亡で提訴 遺族「構造に欠陥」(3日)共同 | トップページ | 赤ちゃんポストに乳児遺体 死体遺棄容疑で捜査、熊本(4日)産経 »

2014年10月 3日 (金)

危険ドラッグ使用根絶を 交通関係団体に要請 警視庁(3日)共同

危険ドラッグを吸ってタクシーを運転したとして元運転手が逮捕された事件を受け、警視庁は三日、タクシーやトラックなどの交通関係団体を集め、危険ドラッグ根絶に向けた緊急連絡会議を開いた。
 警視庁によると、東京都トラック協会や東京ハイヤー・タクシー協会など五団体が出席。ドラッグを吸って運転するのを防ぐため、運転手らに対する教育や啓発活動への協力を要請するのが狙い。
 広田耕一交通部長は冒頭、今年に入って、都内で危険ドラッグに絡む交通事故などが二十一件発生したと指摘。「危険ドラッグの恐ろしさを再認識してもらい、職業運転手による同種事案の絶無を図りたい」と話した。
 警視庁は九月、危険ドラッグを吸い正常な運転ができない状態でタクシーを走行させたとして、道交法違反(過労運転等)の疑いで元運転手の男を逮捕。業務中にドラッグを購入し、吸った後に客を乗せていたとみられる。

2010_0123_11120247newslogo1_3http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014100302000252.html

« 立体駐車場死亡で提訴 遺族「構造に欠陥」(3日)共同 | トップページ | 赤ちゃんポストに乳児遺体 死体遺棄容疑で捜査、熊本(4日)産経 »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立体駐車場死亡で提訴 遺族「構造に欠陥」(3日)共同 | トップページ | 赤ちゃんポストに乳児遺体 死体遺棄容疑で捜査、熊本(4日)産経 »