« 危険ドラッグ1キロ輸入 容疑の元製造会社役員逮捕 全国40業者に販売か(23日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2014年10月23日 (木)

カナダ発砲、容疑者はイスラム教改宗者…テロか(23日)読売

 【ニューヨーク=水野哲也】カナダの首都オタワの国会議事堂や近くの戦没者慰霊碑で22日に起きた銃撃事件で、警察当局は同日、慰霊碑付近で銃撃された兵士(24)が死亡したと発表した。
 地元メディアによると、警察に射殺された容疑者はイスラム教に改宗していたカナダ人で、政府の監視対象になっていた。過激思想を背景にした事件の可能性もある。カナダ政府はテロ事件とみて警戒を強めている。
 地元メディアによると、男はマイケル・ゼハフビボー容疑者(32)。AP通信によると、容疑者は顔にスカーフを巻き、ライフル銃を持っていた。兵士を射殺した後、約300メートル離れた国会議事堂に侵入。廊下やホールなどで警察と銃撃戦になった。地元病院によると、他に3人が負傷した。当局は、事件に関与した人物が他にいないか調べている。
 銃撃戦があった現場のすぐそばの部屋では、ハーパー首相が国会議員らと会合中だったが、避難して無事。国会議事堂内では30発ほどの銃声が続いたという。

2014年10月23日 13時48分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ

« 危険ドラッグ1キロ輸入 容疑の元製造会社役員逮捕 全国40業者に販売か(23日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 危険ドラッグ1キロ輸入 容疑の元製造会社役員逮捕 全国40業者に販売か(23日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »