カテゴリー

« 発熱の男性はエボラ熱検査で陰性 関係閣僚会議を開催(28日)共同 | トップページ | 危険ドラッグ撲滅を!=掲示に工事現場パネル利用-警視庁(28日)時事 »

2014年10月28日 (火)

救急出動35分遅れ 神戸市消防局 再び119番(28日)共同

神戸市消防局は27日、東灘区であった急病人の通報に対し、出動が約35分遅れたと発表した。管制室の表示の不具合に、人的ミスが重なったとみられる。急病人は市内の病院に入院したが、快方に向かっているという。
 消防局によると、25日午後4時15分ごろ、東灘区の男性から「妻が発熱などでふらついている」と119番があった。当時、管制室のシステムでは、東灘消防署の救急隊が「待機」していることを示しており、司令課が同署に出動を指示した。だが、実際は別の現場に出ており、署に救急隊はいなかった。
 同署の職員も、現場の救急隊に司令課から直接次の現場に行くよう連絡があると思い込んだ。同50分ごろ、男性から再び119番が入って発覚し、出張所の救急隊が市内の病院に搬送したという。
 消防局は、システムの不具合の原因を調べるとともに、出動状況の確認の徹底を図るとしている。(小川 晶)

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201410/0007454388.shtml

« 発熱の男性はエボラ熱検査で陰性 関係閣僚会議を開催(28日)共同 | トップページ | 危険ドラッグ撲滅を!=掲示に工事現場パネル利用-警視庁(28日)時事 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 発熱の男性はエボラ熱検査で陰性 関係閣僚会議を開催(28日)共同 | トップページ | 危険ドラッグ撲滅を!=掲示に工事現場パネル利用-警視庁(28日)時事 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ