« 御嶽山、最大千人規模で捜索へ 台風去り、15日にも(15日)共同 | トップページ | 危険運転傷害にあたらず 京都地裁(15日)NHK »

2014年10月15日 (水)

ネット依存の疑い 推計420万人に(15日)NHK

仕事や家事がおろそかになるほど長時間インターネットを利用する「インターネット依存」の疑いがある人は、全国の推計で420万人余りに上り、スマートフォンの普及などを背景に、この5年間で1.5倍に増加したことが、厚生労働省の研究班の調査で分かりました。

インターネットを長時間利用する「インターネット依存」の実態を調べるため、厚生労働省の研究班は、去年、無作為に選んだ全国の20歳以上の男女4000人余りを対象に聞き取り調査を行いました。
その結果、インターネットの利用で仕事や家事がおろそかになるなど「インターネット依存」の疑いがある人は、推計で421万人と、前回、平成20年に行われた調査に比べておよそ1.5倍に増加したことが分かりました。
若い人ほど依存の割合が高く、特に20代前半の男性のうち依存の疑いがある人は19%と、5人に1人の割合を占めています。
厚生労働省の研究班の代表で国立病院機構久里浜医療センターの樋口進院長は「スマートフォンやソーシャルネットワークの急速な普及で、一段とインターネットに依存しやすい環境になっている。依存に陥らないために、インターネットを利用しない時間を意識して作ることが必要だ」と指摘しています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141015/k10015402261000.html

« 御嶽山、最大千人規模で捜索へ 台風去り、15日にも(15日)共同 | トップページ | 危険運転傷害にあたらず 京都地裁(15日)NHK »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 御嶽山、最大千人規模で捜索へ 台風去り、15日にも(15日)共同 | トップページ | 危険運転傷害にあたらず 京都地裁(15日)NHK »