« 弁護士装い現金900万円を詐取、男を逮捕(22日)日本テレビ | トップページ | バスなど4台絡む事故 少なくとも10人けが(22日)NHK »

2014年10月22日 (水)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(22、23日単位・レベル)
絶対に許せない
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010382 〝越後の角兵衛獅子〟で金儲けをする悪徳親分でもあるまいに、16歳の少女にひったくりをさせていたとして今月はじめ警視庁に逮捕された男がいる。男は都内で少女を連れ回して行為に及んでいたもので、その数は30件以上にも及ぶという。
 この街頭犯罪、平成21年は全国で1万9036件も発生していたが、22年には1万4559件、23年には1万2476件、24年には1万0083件と減り続けて25年には1万件を割り7916件になるなど年々減少を続けている。
 警察庁がまとめた今年9月までの全国の認知件数は4872件で1万件を割った昨年同期より1277件も減少した。
 都道府県別では大阪の1044件、神奈川の610件、東京の589件、埼玉の466件、兵庫の404件の順。増加したのは茨城の26件、広島の17件、愛媛の9件、新潟の5件など。
 発生が減っているのに対して検挙率は上昇している。奈良は前年より82件も減らしたが検挙率が428.8ポイントも上昇し450.0%と驚異的な数字だった。以下、千葉の208.2%、佐賀の175.0%、栃木の131.8%、東京の96.9%と続いた。
 かつて「当たり屋」と言って、自分の子供をわざと車にぶっつけて治療費や医者料をとる事犯はあったが、他人の子供を使ってひったくりをさせていたなどは前代未聞だ。
 なんか、振り込め詐欺も劇場型だが、あらゆる犯罪が劇場型になるような気がしてならない。これも、ゲーム社会が影響しているのだろうか…
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 弁護士装い現金900万円を詐取、男を逮捕(22日)日本テレビ | トップページ | バスなど4台絡む事故 少なくとも10人けが(22日)NHK »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弁護士装い現金900万円を詐取、男を逮捕(22日)日本テレビ | トップページ | バスなど4台絡む事故 少なくとも10人けが(22日)NHK »