« 閉店後のマッサージ店で窃盗、犯行映像公開(21日)日本テレビ | トップページ | 懇親会費ネコババ、警官に暴行の“呆れた”海保2人停職(21日)産経 »

2014年10月21日 (火)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(21、22日単位・レベル)
いろんな詐欺があるもんだ
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010398 警視庁は今月から金融機関の職員向けに「特殊詐欺根絶ニュース」を発行するという。おれおれ詐欺など「特殊詐欺」の被害防止が狙いで、詐欺の手口や銀行窓口での声掛けによる防止事例などを紹介したものになる=時事通信
 ところで詐欺にもいろんな詐欺があります。勿論、最近は「オレオレ詐欺」「還付金詐欺」などの振り込め詐欺はご存じと思うが、その他に「籠脱け詐欺」や「取り込み詐欺」「寸借詐欺」から「キャンセル詐欺」など25種以上はあります。中には「おもてなし」の世の中になると流行りそうな「接待詐欺」もあるようです。全てご存じですか?
 簡単に説明すると「籠抜け詐欺は」タクシーでマンションなどの前まで来て、「金を取ってくる」と言ってドロンする詐欺。「取り込み詐欺」は注文した商品を先に受け取って、代金を支払わずにドロンするもの。「前金詐欺」は前金が必要と言って前金を受け取りドロンする。人の善意を踏みにじる詐欺は「寸借詐欺」。「ちょっと小銭を貸してくれませんか」と持ちかけ、いつまでたっても払わない。 都市部に多いパターンだといいます。
 それではこのほど警視庁が摘発した詐欺は何詐欺でしょうか?
 平成24年に都内の食品加工会社からカツオのタタキ約11トン、850万円分を仕入れたものの、代金を払わなかった63歳の男が警視庁に逮捕された。
 
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 閉店後のマッサージ店で窃盗、犯行映像公開(21日)日本テレビ | トップページ | 懇親会費ネコババ、警官に暴行の“呆れた”海保2人停職(21日)産経 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 閉店後のマッサージ店で窃盗、犯行映像公開(21日)日本テレビ | トップページ | 懇親会費ネコババ、警官に暴行の“呆れた”海保2人停職(21日)産経 »