« 450万円詐欺被害 札幌の夫婦、仙台で渡す(22日)産経 | トップページ | 熊本、高1女子生徒が自殺 LINEでいじめと学校側(22日)共同 »

2014年10月22日 (水)

郵便、危険ドラッグ対策 受け渡し時に本人確認徹底(22日)産経

日本郵政グループの日本郵便は22日、「ゆうパック」の代金引換サービスを使った危険ドラッグの配送を排除するため、対策を強化すると明らかにした。郵便局で受け付ける際や荷物を渡す際に、運転免許証などで本人確認を徹底するほか、荷物の中身を事前に把握できるような仕組みを検討する。
 他社の代金引換サービスは、業者と事前契約するのが一般的で、危険ドラッグを扱う業者かどうか分かりやすいが、日本郵便では個人事業主らがその都度利用できるものもある。窓口で本人確認をする手順を定めているが、確認したかを記録する仕組みはなく、送り主、受け手や中身が分からないケースがあった。
 危険ドラッグは、店舗で販売されているほか、インターネットで受け付けて配送するケースも多い。東京都が調べたところ、業者が日本郵便を利用する例があり、同社に対応を求めていた。http://www.sankei.com/affairs/news/141022/afr1410220041-n1.html

« 450万円詐欺被害 札幌の夫婦、仙台で渡す(22日)産経 | トップページ | 熊本、高1女子生徒が自殺 LINEでいじめと学校側(22日)共同 »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 450万円詐欺被害 札幌の夫婦、仙台で渡す(22日)産経 | トップページ | 熊本、高1女子生徒が自殺 LINEでいじめと学校側(22日)共同 »