« 医師1万7千人の個人情報持ち出し容疑 元会社員を逮捕(14日)朝日 | トップページ | 東京・多摩市で京王線の電車が放置自転車と衝突 (14日)TBS »

2014年10月14日 (火)

危険ドラッグ全面禁止 全国初の条例 鳥取(14日)NHK

危険ドラッグによる事件や事故が相次ぐなか、薬物の成分が特定されなくても、販売や所持などを全面的に禁止する全国で初めての条例が鳥取県議会の本会議で可決されました。

この条例は、興奮や幻覚などを引き起こし、麻薬や覚醒剤と同じように健康に害を及ぼすおそれがある薬物については、成分が特定されなくても、県が独自に「危険薬物」として製造や販売、それに所持や使用を禁止することにしています。
条例は、14日開かれた鳥取県議会の本会儀で全会一致で可決されました。
一方、処罰の対象があいまいなどとして、「厳格かつ慎重な運用を求める」とする付帯意見も賛成多数で可決されました。
鳥取県によりますと、今月6日には、兵庫県で成分を指定せずに販売店を規制できる条例が可決されましたが、製造や所持なども含め、「危険ドラッグ」を全面的に禁止する条例は全国で初めてだということです。
危険ドラッグは、法律で規制されている成分の構造を少し変えるだけで、次々と新しいものが流通し、規制が追いついていないと指摘されていて、国会でも、民主党など野党7党が、指定薬物でなくても、興奮作用などを引き起こす可能性が高ければ、規制の対象とする薬事法の改正案を衆議院に共同提出するなど規制の動きが広がっています。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141014/k10015381391000.html

« 医師1万7千人の個人情報持ち出し容疑 元会社員を逮捕(14日)朝日 | トップページ | 東京・多摩市で京王線の電車が放置自転車と衝突 (14日)TBS »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 医師1万7千人の個人情報持ち出し容疑 元会社員を逮捕(14日)朝日 | トップページ | 東京・多摩市で京王線の電車が放置自転車と衝突 (14日)TBS »