« 2014年10月18日 | トップページ | 2014年10月20日 »

2014年10月19日

2014年10月19日 (日)

小渕経産相、消えた収入 着服?裏金化? 刑事事件に発展も(19日)産経

小渕優子経済産業相の関連政治団体「小渕優子後援会」が開催した「観劇会」をめぐる不透明収支問題は、地元市民団体が小渕氏を刑事告発する事態に至った。小渕氏の説明や支援者の証言が事実であれば、虚偽の収入額を政治資金収支報告書に記載した政治資金規正法違反に該当する疑いが強まる。しかし収入を隠したとすれば、その目的は何か-。専門家は着服や裏金化された可能性を指摘する。事態は刑事事件に発展する恐れも出てきた。

 同後援会は平成22年と23年、東京の劇場「明治座」で、有名歌手らが出演する観劇会を地元支援者のために開催。小渕氏は「毎年約千人が参加し、会費は1人当たり1万2千円だった」と説明し、参加者も同様の証言をしている。年に約1200万円の収入があったとみられるが、収支報告書に記載された会費収入は22年が373万円、23年が369万円にすぎない。さらに24年も観劇会は開催されたが、収支報告書には記載自体がなかった。

 収入はどこに消えたのか。神戸学院大大学院教授の上脇博之教授(憲法学)は「22、23年ともほぼ同額の収入を記載しており、単純な記載ミスは考えにくい」とした上で、「後援会幹部、小渕氏の親族、小渕氏自身のいずれかが着服した可能性が疑われる。収入を誰が管理していたかがポイントだ」と指摘する。http://www.sankei.com/affairs/news/141019/afr1410190021-n1.html

| コメント (0)

乗用車4台事故、9人重軽傷 舞鶴若狭自動車道(19日)共同

 資産保護名目で伊那市の80代女性から1千万円をだまし取ろうとしたとして、伊那署と長野県警捜査2課は18日、詐欺未遂の疑いで、自称千葉市の職業不詳、成合信彦容疑者(53)を現行犯逮捕した。現金の送り先として指定した栃木県内の郵便局に現れたところを、待ち構えていた署員らが捕まえた。特殊詐欺事件として詳しく調べている。
 逮捕容疑は、氏名不詳者と共謀し、16日から複数回、警察官と日本銀行職員を装って女性宅に電話をかけ、女性の銀行預金が狙われており保護するには日本銀行に預ける必要があるなどと言って、栃木県内へ現金1千万円を送らせてだまし取ろうとした疑い。
 伊那署によると、女性は今月上旬に3回、計1600万円を同じ名目でだまし取られていた。この情報を他県警から得て女性に事情を聴き、16日から同様の電話がかかってきていることが判明。現金を栃木県内の郵便局留めで送るよう言われたことから、「だまされたふり作戦」で張り込んでいた。

2010_0123_11120247newslogo1_3
http://www.47news.jp/news/2014/10/post_20141019195119.html

| コメント (0)

ビニール袋の中に男女の遺体、60代夫婦か (19日)TBS

19日、神奈川県横須賀市の住宅で、ビニール袋に包まれた男女の遺体がみつかりました。警察は、この住宅に住む60代の夫婦とみて調べています。
 19日午前10時半すぎ、横須賀市にある住宅で、この住宅の60代の夫婦の長男から「父親がビニール袋に包まれ死んでいる」と110番通報がありました。警察が調べたところ、現場の住宅の玄関近くに、ビニール袋に包まれた男女の遺体がありました。この住宅に住む夫婦とみられています。
 夫婦は30代の次男と3人暮らしで、警察は遺体の身元の確認を急ぐとともに、連絡が取れない次男が何らかの事情を知っているとみて調べています。(19日17:51)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2326753.html

| コメント (0)

国会議事堂に男が侵入 1時間半後に逮捕(19日)NHK

19日午後、東京・千代田区の国会議事堂の敷地内に男が侵入する騒ぎがあり、警察官などが出動して捜索した結果、およそ1時間半後に男は逮捕されました。

19日午後3時20分ころ、東京・千代田区永田町の国会議事堂の敷地内に男が侵入したのを、周辺を警備していた機動隊員が見つけました。
警視庁によりますと、国会議事堂の「衆議院議員面会受付所」の南側のフェンス付近から男が侵入する姿が防犯カメラに映っていたということで、警察官や警察犬が出動して捜索した結果、およそ1時間半後の午後4時50分すぎに、国会議事堂の警備に当たる衛視が面会受付所付近にいる男を発見し、建造物侵入の疑いで逮捕しました。
逮捕されたのは20代から30代くらいの男で、調べに対し意味の分からないことを話しているということです。
警視庁は、男が国会議事堂に侵入した詳しいいきさつや動機などを調べています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141019/k10015522461000.html

| コメント (0)

警視庁体感治安レベル2

首都東京体感治安(19、20日単位・レベル)
家族の一員だ
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010376広島で生後3カ月で捨てられ、殺処分寸前の犬が、被災地などで人道支援をしている団体に引き取られ、災害救助犬になり、このほど広島の土砂災害現場で1人の行方不明者を発見した=テレビ朝日電子版
 涙が出る話ではないですか。地球の生きものたちの声に耳を傾け、共に平和に暮らせる調和ある社会の構築を目指して活動しているNPO法人「ALIVE」がある。そのデータによると平成20年度に日本国内で殺処分される犬の数は8万4264匹に及んだという。
 飼い主の都合で捨てられた犬や猫は「いやだ!」という主張もできずに処分されて行くが、方法は二酸化炭素による昏睡と自発呼吸の停止による窒息死。そして遺体は焼却処分される。
  我が家には放し飼いのウサギがいる。現在4代目だが、一昨年に2代目と3代目が相次いで死んだ。ともに10年から12年過ごした家族だった。火葬場にお願いしたのだが、係員に言われた言葉を今でも忘れることができない。
  「あす朝、午前9時に召されます。どうか空を見上げて見送って下さい」。
 火葬の煙が空に上るのだという。自宅から南にあり、同時刻ころ空に手を合わせて泣いた事があった。
 ドイツでは捨てられた犬猫は絶対に殺処分にはしないという。同国には「動物の家」と称するシェルターがあって、里親探しをするという。
 会話もできない家族を捨てた者は「市中引き回しのうえ打ち首獄門」に処せ
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁体感治安レベル2"

| コメント (0)

知的障害少女に乱暴図る=容疑で防衛事務官逮捕-徳島県警(19日)時事

知的障害のある10代少女に乱暴しようとして傷を負わせたとして、徳島県警捜査1課と徳島北署は19日、準強姦(ごうかん)致傷容疑で、海上自衛隊徳島教育航空群(同県松茂町)の防衛事務官浜本文哉容疑者(47)=同町満穂=を逮捕した。同署は認否を明らかにしていない。
 逮捕容疑は5月24日昼ごろ、県内に住む軽度の知的障害がある10代後半の少女を自室に連れ込み、乱暴しようとして擦り傷を負わせた疑い。
 同署によると、浜本容疑者と少女に面識はなく、同容疑者の自宅マンション駐車場に少女が1人でいたところを誘ったという。同日夕に少女と家族から同署に相談があり、発覚した。
 海自徳島教育航空群の久保内修一司令の話 誠に遺憾。捜査に協力するとともに、事実関係が判明次第、厳正に対処する。(2014/10/19-13:36)

2014/10/19-13:36

| コメント (0)

オスプレイ使い防災訓練=南海トラフ想定、自治体主催で初-和歌山(19日)時事

和歌山県は19日、米海兵隊の新型輸送機MV22オスプレイを使った津波災害対応実践訓練を実施した。自治体主催の防災訓練でオスプレイが使われたのは初めて。南海トラフ巨大地震による津波被害などを想定し、同県沖などで緊急物資の輸送や負傷者の搬送などの実践訓練が行われた。
 同日午前9時半ごろ、米軍岩国基地(山口県岩国市)から飛来したオスプレイ2機が、和歌山県白浜町の南紀白浜空港に着陸。1機に災害派遣医療チーム(DMAT)の医師と薬剤師ら7人が乗り込み、もう1機に飲料水などの物資を積み、紀伊半島の先端にある串本町の潮岬へ出発した。
 潮岬では地元住民約150人が協力し、バケツリレー方式で物資を下ろした。オスプレイは県職員が扮(ふん)した負傷者8人を乗せると、さらに沖合で待機していた海上自衛隊の護衛艦へ移動。船上で給油や緊急治療の訓練を実施した。(2014/10/19-15:18)

2014/10/19-15:18

| コメント (0)

密漁容疑で逮捕の中国人船長釈放 担保金支払い保証書提出で 石垣海保(19日)産経

石垣海上保安部(沖縄県石垣市)は19日、排他的経済水域(EEZ)内で、違法操業したとして、漁業主権法違反(無許可操業)の疑いで17日に現行犯逮捕した中国サンゴ漁船の船長(51)を釈放した。
 石垣海保によると、関係者が漁業主権法で定められた担保金の支払いを保証する書面を出したため、早期釈放制度を適用した。
 船長は17日、同県・宮古島の東約72キロのEEZ内で、許可を得ずに操業した疑いで逮捕された。
 石垣海保は、船長の名前を当初、林夏東としていたが、林夏忠に訂正した。

Furiwake_logo_west1_2
http://www.sankei.com/affairs/news/141019/afr1410190016-n1.html

| コメント (0)

危険ドラッグ吸い運転か、ガードレールに衝突した疑いで男逮捕 (19日)TBS

また危険ドラッグによる事故です。都内で衝突事故を起こした23歳の男が逮捕されました。
 道路交通法違反の疑いで現行犯逮捕されたのは、アルバイトの小沼凌輔容疑者(23)で、18日午後11時半すぎ、足立区の路上で、危険ドラッグを吸って、乗用車を運転し、ガードレールに衝突した疑いが持たれています。
 警視庁によりますと、車内からは危険ドラッグとみられる植物片が入った袋が見つかり、小沼容疑者は「日頃からストレスがたまっていて、気分転換のつもりで吸いました」と容疑を認めているということです。(19日10:23)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2326591.html

| コメント (0)

父親の首絞める 殺人未遂容疑で静岡の男を逮捕(19日)共同

同居する父親の首を絞めるなどして殺そうとしたとして静岡中央署は18日、殺人未遂の疑いで静岡市葵区内牧、左官業の男(43)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は同日午前9時半ごろ、自宅で父親(78)の首を絞めた上で頭を複数回殴るなどして殺そうとした疑い。調べに対し「殺すつもりだった」と容疑を認めている。
 同署によると、父親は頭に軽傷を負った。怒鳴り声を聞いた近隣住民が容疑者宅を訪ねたところ、容疑者が「殺してやる」と言いながら父親の首を絞めていたという。
 容疑者は父母との3人暮らし。

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.at-s.com/news/detail/1174133800.html

| コメント (0)

「恐怖心植え付け金要求」元信者が宗教法人提訴(19日)読売

「幼神(水子)のたたりがある」などと脅され、献金や先祖供養代名目で多額の現金を払わされたとして、神奈川県内の男性(35)が、箱根町の宗教法人・箱根大

天狗

山神社に約4080万円の損害賠償を求める訴訟を横浜地裁に起こしていることがわかった。
宗教法人側は「強制したものではない」と請求棄却を求めている。
 同神社は1979年設立。「神々の降臨を受けた教祖が、日本全国の山岳で荒行を行って開山した」として、水子供養などをしている。
 男性は昨年10月に提訴。訴状によると、2001年頃、知人に誘われて信者宅を訪問。信者から「あなたの父親の双子のきょうだいが亡くなっており、供養しなければ大変なことになる」と告げられた。帰宅後、父親の双子の妹が実際に死亡していたことを知り、恐怖を感じて同年5月に入信した。入信後は「水子の供養をしないと、たたりで大変な災いが起こる」「先祖が地獄で苦しんでいる」などと言われて献金や供養代を求められ続け、11年10月に脱退するまでに計約3160万円を納めたという。
 男性側は「恐怖心を植え付けて組織的に金銭を収奪しており、社会的に相当な範囲を逸脱している」と主張し、識者の意見書を証拠として提出。意見書は「何らかの方法で得た男性の家族情報を用いて恐怖心を植え付けた」と指摘し、男性が巧みな心理操作を受け、大金を支払い続けていたと結論付けている。
 これに対し、神社側は答弁書で「不安や恐怖心をあおったり、多額の金員を領得したりした事実もない」と反論し、「献金は自由意思に基づいており、強制ではない。正当な宗教活動で、何ら違法行為を行っていない」と主張。受領した金額についても「確認は困難で、立証責任は原告側にある」との見解を示している。
 同神社に対しては、11年11月にも県内の元信者が「恐怖心を抱かせて法外な金員を支払わせた」などとして横浜地裁に提訴。07年10月には山梨県内の元信者が甲府地裁に提訴しており、いずれも神社側が和解金を支払って和解が成立している。

2014年10月19日 09時23分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

邦人男女の遺体発見=ヒマラヤ豪雪事故-ネパール(19日)時事

【ニューデリー時事】ヒマラヤ山脈・アンナプルナ連峰で雪崩や暴風雪により外国人旅行者多数が死亡した事故で、ネパール当局は18日、日本人旅行者の男女2人の遺体を発見したと明らかにした。遺体からパスポートが見つかり、現地の日本大使館が身元を確認した。
 当局などによると、見つかったのはいずれも千葉県出身のタカノ・ジュンコさん(54)とサカモト・イチジさん(59)。標高約5400メートルのトランラ地区トレッキングルート付近で見つかった。安否が確認できない日本人がまだいるとみられ、捜索が続いている。(2014/10/18-21:14)

2014/10/18-21:14

| コメント (0)

首都直下地震想定の訓練 東京消防庁の全職員動員(19日)テレビ朝日

首都直下地震などの災害を想定した訓練が18日に都内の各地で行われ、警視庁は、歯の治療痕から遺体の身元を特定する訓練などを公開しました。
 東京消防庁は約1万8000人のすべての職員を動員して一斉訓練を行い、北区ではハイパーレスキュー隊やヘリも出動しました。倒壊した住宅から逃げ遅れた人を救出したり、消火栓が使用できなくなった場合に備えて川の水を使って放水したりする訓練を行いました。警視庁は歯の治療痕などから遺体の身元を特定する訓練を行い、検視官が遺体の状況を確認し、歯科医師が治療痕を調べる様子も公開されました。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000037017.html

| コメント (0)

この夏の熱中症 搬送4万人で最小に(19日)NHK

ことしの夏、熱中症で病院に運ばれた人は、全国で合わせて4万人余り、死者は55人に上りました。現在の方法で統計を取り始めて以降、搬送された人の数は最も少なかったことが、総務省消防庁のまとめで分かりました。

総務省消防庁によりますと、ことし集計を始めた6月から9月までのおよそ4か月間、熱中症で病院に運ばれた人は全国で4万48人に上りました。ことしは8月から9月にかけて例年と比べて気温が上がらなかったことから、搬送された人の数は去年の同じ時期より1万8000人余り、率にして32%減り、現在の方法で統計を取り始めた平成22年以降で最も少なくなりました。
搬送された人を都道府県別にみると、東京が3262人で最も多く、次いで埼玉が2908人、大阪が2471人、愛知が2402人などとなっています。年齢別では、65歳以上の高齢者が1万8468人と全体の46%を占めたほか、18歳未満の少年や乳幼児、新生児が合わせて15%と若年層も多くなっています。
また、熱中症の症状で病院に運ばれた人のうち、少なくとも55人が死亡し、3週間以上の入院が必要な重症の人も787人に上りました。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141019/k10015512401000.html

| コメント (0)

車が川に転落、助手席の同僚水死…男性職員停職(19日)読売

東北森林管理局(秋田市)は17日、業務で車を運転中、川に転落し、助手席の同僚を水死させたとして、専門官級の50歳代男性職員を同日付で停職2か月の懲戒処分にしたと発表した。発表などによると、職員は2013年4月18日、秋田県大館市の林道で、倒木や土砂崩れを調査するため乗用車を運転中、積雪で前に進めなくなり、後退。その際、後方確認を怠り、林道脇の川に誤って車ごと転落した。職員は自力で脱出したが、助手席に乗っていた60歳代の男性非常勤職員が死亡した。
 秋田地検によると、職員は今年7月17日、業務上過失致死罪で大館簡裁から罰金100万円の略式命令を受け、同24日に全額納付した。
 東北森林管理局は、同乗者による誘導を義務付けるなど、安全指導を徹底し、再発防止に努めるとしている。

2014年10月18日 20時18分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

“捨て犬”が災害救助犬に 広島災害で活躍(19日)テレビ朝日

世界の明るい話題をお伝えします。災害救助犬になった元捨て犬の物語です。
 生後3カ月で殺処分寸前だった捨て犬の「夢之丞(ゆめのすけ)」。その運命は、被災地などで人道支援をしている団体に引き取られたことで変わりました。人間を見ると、おびえていた子犬が災害救助犬になるべく、過酷な訓練に挑み続けたのです。そして8月、3歳になった夢之丞は、広島市の土砂災害現場に出動。1人の行方不明者を発見しました。一度は人に捨てられた夢之丞、今は多くの人を救うために活動しています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000037008.html

| コメント (0)

困りごとや苦情の「行政相談」 あすから(19日)NHK 全国

暮らしの中の困りごとや苦情を幅広く受け付ける「行政相談」が、20日から1週間、全国で集中的に行われます。

「行政相談」は、暮らしの中の困りごとや自治体に対する苦情などを幅広く受け付けて改善につなげるもので、総務省によりますと、毎年およそ20万件の意見が寄せられています。専用の電話番号やインターネットでの受け付け以外にも、毎年この時期に全国のデパートや公共施設に相談所を設けて集中的に相談に応じます。
これまでの改善事例としては、「高速道路の騒音で眠れないので改善してほしい」という相談をきっかけに防音効果がある壁面が設置されたケースや、東日本大震災の被災者から「仮設住宅のそばに郵便ポストを置いてほしい」という相談を受けて見直しにつなげたケースがありました。
ことしは、全国のデパートや公共施設など161か所に無料の相談所を設けて、地元の弁護士会などと連携してさまざまな相談にワンストップで応じます。総務省は「中立的な立場で受け付け、秘密も守られるので、気軽に相談してほしい」と呼びかけています。相談所の場所などについては、0570-090-110で問い合わせることができます。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141019/k10015512411000.html

| コメント (0)

被害者と3人で食事 入間女子大生殺害 7月ごろ知り合う(19日)産経

埼玉県入間市の路上で、近くに住む大東文化大3年、佐藤静香さん(21)が刺殺された事件で、殺人容疑で逮捕された同市の日本文化大2年、沼田雄介容疑者(20)が佐藤さんと事件前に食事をするなど面識があったことが18日、関係者への取材で分かった。
 沼田容疑者は県警の調べに対し、佐藤さんについて「近くのコンビニ店員で、顔は知っている」と説明。県警は沼田容疑者が当初から佐藤さんを狙っていた疑いがあるとみて、「誰でもよかった」との供述の信憑(しんぴょう)性について慎重に捜査を進める。
 関係者によると、沼田容疑者は知人に「コンビニにかわいい子がいる」などと話しており、今年7月ごろに佐藤さんと知り合った。約1カ月後には共通の知人とともに3人で食事をしたという。
 佐藤さんはこの頃、「バイト帰りにつけられているかもしれない」と周囲に相談していた。

Furiwake_logo_west1http://www.sankei.com/affairs/news/141019/afr1410190003-n1.html

| コメント (0)

« 2014年10月18日 | トップページ | 2014年10月20日 »