« 元刑事「パクれたらお礼する」…共犯の元組員に(9日)読売 | トップページ | 両親、7カ月女児に暴行 北海道・旭川中央署、容疑で逮捕(9日)共同 »

2014年9月 9日 (火)

上智大生殺人で懸賞金応募期間を延長 琵琶湖切断遺体も 警察庁(9日)産経

東京都葛飾区で1996年、上智大4年の小林順子さん=当時(21)=が自宅で殺害、放火された事件で、警察庁は解決に結びつく情報提供者に最高で300万円を支払う公的懸賞金(捜査特別報奨金)の応募期間を9日から1年間延長することを決めた。これとは別に市民団体が500万円の懸賞金を出している。
 2010年から懸賞金の対象になり、今回が4回目の延長となる。事件は96年9月9日に発生。葛飾区柴又の小林さんの自宅から出火し、焼け跡から手足を縛られ、首付近を刺された順子さんの遺体が見つかった。
 また滋賀県の琵琶湖岸で08年5月、身元不明の男性が切断遺体で見つかった事件についても、懸賞金の応募期間を1年間延長した。

Msn_s1_2
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140909/crm14090910320007-n1.htm

« 元刑事「パクれたらお礼する」…共犯の元組員に(9日)読売 | トップページ | 両親、7カ月女児に暴行 北海道・旭川中央署、容疑で逮捕(9日)共同 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元刑事「パクれたらお礼する」…共犯の元組員に(9日)読売 | トップページ | 両親、7カ月女児に暴行 北海道・旭川中央署、容疑で逮捕(9日)共同 »