« 大阪のネット関連業者を家宅捜索 FC2公然わいせつ事件絡み(30日)共同 | トップページ | ネットでのカード被害 約30億円に(30日)NHK »

2014年9月30日 (火)

救助活動、一時見合わせ=「新たな噴火の恐れ」-山頂付近、厳しい環境・御嶽山(30日)時事

長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)の噴火で、警察や自衛隊などは30日、山頂付近などで心肺停止状態で発見された24人の救出活動をいったん再開したが、火山性微動が増加し、新たな噴火の恐れがあるとして、中断した。
 警察や自衛隊などは175人態勢で午前6時20分、長野県大滝村の大滝口登山道から入山を開始。しかし、気象庁から火山性微動の大きさが増したとの連絡が入り、午前7時すぎから8合目で待機している。
 登山者の多くは屋外で倒れ、火山灰に埋もれるなどして発見されており、判明している以外にも巻き込まれた人がいないか、登山道周辺を中心に捜索も続ける。
 長野県警は28日、心肺停止となった31人を主に頂上近くで発見。29日、さらに5人を見つけた。36人のうち、これまでにヘリコプターなどで12人を麓に搬送、全員の死亡が確認された。
 29日は、山頂付近で午後1時ごろ、風向きが変わり硫化水素を含んだ有毒ガスが流れてきたため、捜索・救助活動を打ち切った。28日午後も二次災害の恐れが出たとして活動を中止しており、厳しい環境での作業が続いている。(2014/09/30-10:40)

2014/09/30-10:40


« 大阪のネット関連業者を家宅捜索 FC2公然わいせつ事件絡み(30日)共同 | トップページ | ネットでのカード被害 約30億円に(30日)NHK »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪のネット関連業者を家宅捜索 FC2公然わいせつ事件絡み(30日)共同 | トップページ | ネットでのカード被害 約30億円に(30日)NHK »