« 振り込め詐欺など300億円超え 1~7月被害額、警察庁まとめ | トップページ | 拉致の可能性排除できない不明者が23人増 日朝協議で相談増加し883人に(2日)産経 »

2014年9月 2日 (火)

危険ドラッグ所持で最長6か月免停へ(2日)日本テレビ

危険ドラッグの使用者による交通事故が相次ぐ中、警視庁は、危険ドラッグを所持していたドライバーに対し、交通違反がなくても運転免許を最長で6か月間停止する運用を、近く始めることになった。
 危険ドラッグをめぐっては、6月に東京・池袋で8人が死傷するなど、使用者による事故が相次いでいる。これを受け、警視庁は、ドライバーが危険ドラッグを所持していた場合、交通違反がなくても運転免許を最長で6か月間停止するという。公安委員会が免許を停止できるという道路交通法の罰則を、ドライバーに危険性の認識があり、鑑定で運転に影響のある成分が検出された場合などに適用するという。
 交通違反がなくても免許停止にするのは全国で初めてだということで、警視庁は近く運用を始める方針。

2010_0318_173406banner011http://www.news24.jp/articles/2014/09/01/07258233.html

« 振り込め詐欺など300億円超え 1~7月被害額、警察庁まとめ | トップページ | 拉致の可能性排除できない不明者が23人増 日朝協議で相談増加し883人に(2日)産経 »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 振り込め詐欺など300億円超え 1~7月被害額、警察庁まとめ | トップページ | 拉致の可能性排除できない不明者が23人増 日朝協議で相談増加し883人に(2日)産経 »