« さいたまの施設職員、障害者殴り停職処分 家族が市に連絡し発覚(10日)共同 | トップページ | 危険ドラッグは「医薬品」 愛知県警、業者を早期摘発(10日)朝日 »

2014年9月10日 (水)

危険ドラッグ一斉立ち入り 北海道厚生局、札幌3店に販売停止命令(10日)北海道

危険ドラッグの取り締まり強化の一環で、北海道厚生局麻薬取締部などは9日、札幌市中央区の販売店3店に一斉立ち入り検査を実施し、薬事法に基づく道内初の検査命令と販売停止命令を出した。販売店に指定薬物の疑いがある商品の検査を受けるよう命じ、結果が出るまで対象となった商品の陳列や販売を禁じた。
 厚生労働省によると、危険ドラッグによる事件や事故が相次いだことを受け、8月下旬から全国約200店舗を対象に、順次立ち入り検査を開始。東京都、大阪府、愛知県、福岡県では計75店に立ち入り検査を実施し、50店が廃業したか、廃業届を出したという。
 札幌市中央区で行った立ち入りは、道医務薬務課と札幌市保健所と合同で、麻薬取締官ら6人がススキノと狸小路の3店に検査に入った。3店で扱っている計94商品全てに指定薬物の疑いがあることを確認した上で、検査命令と販売停止命令を出した。2店は商品を提出したが、1店は経営者と連絡が取れなかったため、後日提出を求める。<どうしん電子版に全文掲載>

Logo1http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/561871.html

« さいたまの施設職員、障害者殴り停職処分 家族が市に連絡し発覚(10日)共同 | トップページ | 危険ドラッグは「医薬品」 愛知県警、業者を早期摘発(10日)朝日 »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さいたまの施設職員、障害者殴り停職処分 家族が市に連絡し発覚(10日)共同 | トップページ | 危険ドラッグは「医薬品」 愛知県警、業者を早期摘発(10日)朝日 »