« 道の駅で誤って“毒キノコ”販売か 滋賀・高島市(22日)テレビ朝日 | トップページ | 多摩市連続不審火 大半の現場から油検出 (22日)産経 »

2014年9月22日 (月)

「危険運転」適用求め最高検に上申書 小樽飲酒ひき逃げ、遺族ら提出へ(22日)北海道

小樽市銭函で女性4人が死傷した飲酒ひき逃げ事件の遺族らは24日、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)などの罪で起訴された海津(かいづ)雅英被告(31)について、より罰則の重い同法の危険運転致死傷罪の適用を求める上申書を最高検に提出する。
 上申書は被害者4人の家族と「北海道交通事故被害者の会」の前田敏章代表(札幌市)らの連名。全国から約4万6千人分の署名が集まったことなどを挙げ、最高検に訴因変更の力添えを求める。前田代表は「地検に要請してから1カ月がたつが、正式な回答はない。一刻も早く公正な判断をしてもらいたい」と話す。<どうしん電子版に全文掲載>

Logo1http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/564105.html

« 道の駅で誤って“毒キノコ”販売か 滋賀・高島市(22日)テレビ朝日 | トップページ | 多摩市連続不審火 大半の現場から油検出 (22日)産経 »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道の駅で誤って“毒キノコ”販売か 滋賀・高島市(22日)テレビ朝日 | トップページ | 多摩市連続不審火 大半の現場から油検出 (22日)産経 »