« 茶屋街、歩き食い自粛を…金沢で協力求める(9日)読売 | トップページ | 「最後になるね」小6女児2人“飛び降り”(9日)日本テレビ »

2014年9月 9日 (火)

少年少女に「夜の居場所」 徘徊防ぎ立ち直り支援 福岡(9日)朝日

少年非行につながる深夜徘徊(はいかい)をやめさせるために活動する「ドロップイン・センター」が、北九州小倉北区の魚町商店街にある。少年少女が相談に訪れる「夜の居場所」をめざし、昨年7月に市が設置した。立ち直りを支援しようと日々活動している。
 ドロップインとは「気軽に立ち寄る」という意味。犯罪防止のパトロール活動に取り組むNPO法人「日本ガーディアン・エンジェルス」北九州支部が市から業務を請け負っている。
 支部は2006年から小倉駅周辺の繁華街で活動している。責任者の池田尚弥さん(37)ら2~3人のスタッフが月~土曜の深夜から朝を中心にセンターに待機しつつ、駅周辺や商店街などを7時間ほどかけてパトロール、少年たちに声をかけて回っている。
 ある夜。センターに、深夜に出歩いて飲酒や喫煙を繰り返していたという少女(19)の姿があった。2月、酔っ払って商店街で座り込んでいるところを見つけ、センターに来るよう声をかけた。スタッフが事務所で相談に乗ったのをきっかけに、ひんぱんに来るようになったという。
 活動に興味を持ってパトロールにも同行したという少女。「パトロールをして今まで自分がしていた(深夜徘徊などの)行為が恥ずかしいことだったと気づいた」。茶髪に派手なメークはやめ、今は専門学校に通いながらスポーツトレーナーの資格を取るため勉強している。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASG9635CJG96TIPE009.html

« 茶屋街、歩き食い自粛を…金沢で協力求める(9日)読売 | トップページ | 「最後になるね」小6女児2人“飛び降り”(9日)日本テレビ »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茶屋街、歩き食い自粛を…金沢で協力求める(9日)読売 | トップページ | 「最後になるね」小6女児2人“飛び降り”(9日)日本テレビ »