« 遭難相次ぎ5人死亡1人不明 長野、3連休中に(15日)朝日 | トップページ | 車に傷60件余相次ぐ 同一犯の疑いも(15日)NHK »

2014年9月15日 (月)

ホイール狙い?タイヤ盗、7割以上増えた北海道(15日)読売

 北海道内でタイヤの盗難被害が相次ぎ、8月末現在の被害件数が前年同期に比べ7割以上も増えていることが、道警のまとめでわかった。
 無施錠の車庫などから盗まれるケースが大半で、道警がタイヤ交換シーズンを前に注意を呼びかけるとともに、転売目的の犯行の可能性があるとみて調べている。
 道警生活安全企画課によると、8月末現在の被害件数は911件(前年同期比72%増)で、うち約8割は無施錠の車庫や物置から盗まれていた。タイヤ盗難は例年、冬タイヤへの交換が進む秋以降に増える傾向にあるが、今年は6~8月の被害件数が449件と前年同期の212件から倍増している。
 札幌市の複数のタイヤ販売業者によると、中古タイヤの買い取り価格はここ数年横ばいだが、タイヤホイールの材料となるアルミニウムの価格は高騰が続いている。
 日本アルミニウム協会によると、国内のアルミ価格は2012年の平均が1キロ当たり195円だったのに対し、今年8月は同279円まで上昇した。ある捜査関係者は「盗品をタイヤ業者ではなく、スクラップ業者に転売している可能性もある」としている。
 同課は「冬タイヤの交換時期に向けてさらに被害が増えることが懸念される」とし、〈1〉施錠した場所に保管し、タイヤを鎖で固定する〈2〉転売を防ぐためタイヤの裏側に目印をつける――などの被害防止策を取るよう呼びかけている。

2014年09月15日 18時40分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« 遭難相次ぎ5人死亡1人不明 長野、3連休中に(15日)朝日 | トップページ | 車に傷60件余相次ぐ 同一犯の疑いも(15日)NHK »

窃盗事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遭難相次ぎ5人死亡1人不明 長野、3連休中に(15日)朝日 | トップページ | 車に傷60件余相次ぐ 同一犯の疑いも(15日)NHK »