« 山荘の関係者「客を避難させている」 御岳山噴火(27日)朝日 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2014年9月27日 (土)

御岳山噴火 「4人埋まる」情報 (27日)共同

 気象庁によると、27日午前11時53分ごろ、木曽郡王滝村と岐阜県境にある御岳山(3067メートル)が噴火した。国土交通省中部地方整備局が同村に設置しているカメラの映像で、南側斜面を噴煙が3キロに渡って流れ下ったのを確認した。同庁は、今後も住民の居住地近くまで影響を及ぼす噴火の可能性があるとして、火口から4キロ程度の範囲では大きな噴石の飛散などに警戒するよう呼び掛けている。
 県警によると、山頂に約150人、剣ケ峰に約100人が取り残されている。4人が灰に埋まっているとの情報もあるという。
 木曽広域消防本部によると、登山客から頂上近くの山荘に噴石が落ち、窓ガラスが全て割れて中にいた人がけがをしたほか、建物の周囲に数人が倒れているとの通報があった。同本部よると、1人が重傷のもようで、ほかに7人がけがをしているとの情報がある。
 気象庁は御岳山の噴火警戒レベルを平常の1から入山規制の3に引き上げた。同庁火山課は「1979年の中規模噴火と同程度、あるいはそれ以上とみている」としている。
 王滝村は午後0時50分、対策本部を設置。村によると、御岳山は視界が悪く、山頂近くの山荘には一時数十人の登山客らが待機。午後1時すぎに同村田の原に向けて約70人が下山を始めた。木曽郡木曽町によると、御岳ロープウェイの駐車場には灰が5、6ミリ積もった。

2010_0123_11120247newslogo1_2
http://www.shinmai.co.jp/news/20140927/KT140927ASI000007000.php

« 山荘の関係者「客を避難させている」 御岳山噴火(27日)朝日 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山荘の関係者「客を避難させている」 御岳山噴火(27日)朝日 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »