« 警視庁管内体感治安レベル3 | トップページ | 神戸の女児不明 緊急の連絡会議(17日)NHK »

2014年9月17日 (水)

女性自衛官に「駐屯地相談室」…21か所で(17日)読売

防衛省は2015年度から、女性自衛官を対象とした「外部カウンセラー相談制度」を新設する方針を決めた。
 陸上自衛隊の主要な駐屯地21か所に、心療内科医や臨床心理士らをカウンセラーとして配置する。陸自の勤務は災害派遣や夜間勤務など特殊性があり、精神、健康両面で、女性特有の悩みに対応する。
 近年、女性自衛官は増加傾向にある。08年度末と12年度末を比較すると、自衛官総数は約4000人減少したが、女性自衛官は1万1167人から1万2350人に増え、全体に占める割合も4・9%から5・5%となった。この傾向は当面続くとみられている。
 陸自ではこれまでも、上司が定期的に相談に応じる「心情把握」の制度はあったが、女性自衛官の場合、男性上司に相談しにくいとの声があった。このため、カウンセラーにはできるだけ女性を採用する。女性同士で気軽に相談できる環境を整え、出産、育児との両立や体調面、さらにはセクハラなど様々な相談にきめ細かに対応する方向だ。
 防衛省は女性の活躍促進を掲げる安倍内閣の下、女性自衛官の幹部への登用の拡大にもつながると期待している。採用活動でも、女子学生の勤務環境への不安解消に生かしたい考えだ。

2014年09月17日 16時52分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« 警視庁管内体感治安レベル3 | トップページ | 神戸の女児不明 緊急の連絡会議(17日)NHK »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 警視庁管内体感治安レベル3 | トップページ | 神戸の女児不明 緊急の連絡会議(17日)NHK »