« ツイッターで東海大学に爆破予告 2万人学生ら避難(19日)テレビ朝日 | トップページ | 電車内で痴漢、逆転無罪「被害者の説明が変遷」(19日)読売 »

2014年9月19日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(19、20日単位・レベル)
声紋のデーターベース化

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212F1010355 激増する振り込め詐欺…取締当局も黙っていられない。当然進化する。警視庁はこのほど、かかってきた電話の詐欺犯の声だけを録音。声紋としてデーターベースに蓄積、捜査に役立てることを始めた=朝日新聞電子版。
 警視庁だけでなく全国の警察は捜査体勢を強化するなど動き出したようで、1日も早く形勢を逆転してほしい。
 劇場形犯罪と言われる通り、特殊詐欺は様々な手口で金を巻き上げようとしている。なんとオレオレ詐欺を手助けする犯罪まで出てきてしまった。電話レンタル業者が詐欺グループに携帯電話の「SIMカード」というICカードを貸し出しており、グループはこのICカードを利用して振り込め詐欺を働いていたという。新たな〝道具屋〟の登場だ。
 振り込め詐欺では「電車の中で痴漢を働いた」「会社の金を使い込んだ」「電車にカバンを忘れた」などの口述が多かったが、これらはもう古い話。
 現在は「このままだと機密漏洩(ろうえい)罪に問われるが、現金をもらえればなかったことにできる」や「ロボット購入の注文があった」の電話の後で「このままではインサイダー取引になる」と脅すような内容に加え、消費者庁の職員を名乗り「投資被害に対する弁済が政府から受けられる」と嘘の電話をかけたり、中には「私はA牧場の厩舎で働いているが、経営が良くないので助けてほしい」と泣き落とした後で「A牧場を再建するため競馬で八百長をしてお金を増やそうと思う。出資してくれれば、あなたに分け前を支払う」と金儲けの本能をくすぐるなど手口は様々。
 このほか「あなたの個人情報が漏れているので、削除してあげる」などと公的機関を名乗り個人情報削除を持ち掛けたり、消費者庁の職員を名乗って「投資被害に対する弁済が政府から受けられる」。「警察です。盗撮していた暴力団を捕まえましたが、映像にあなたが映っています。あなたはおいくつですか」などといった内容など〝手を替え品を替え〟迫ってくる。
 これで増えるのは被害金額だけだ。警察庁によると今年7月までの特殊詐欺は7294件で、前年同期より900件の増。被害総額も310億7633万2396円で同60億7178万3748円も増えている。
 この際、全国の県警が「巡回連絡」を一斉に実施してアジトの発見に全力を挙げると同時に、名簿の売買を禁止したり、郵送物などはそれぞれの会社が中味を確認できるシステムを作るなどの対策をすべきだ。必要なら法改正もいいだろう。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« ツイッターで東海大学に爆破予告 2万人学生ら避難(19日)テレビ朝日 | トップページ | 電車内で痴漢、逆転無罪「被害者の説明が変遷」(19日)読売 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツイッターで東海大学に爆破予告 2万人学生ら避難(19日)テレビ朝日 | トップページ | 電車内で痴漢、逆転無罪「被害者の説明が変遷」(19日)読売 »