カテゴリー

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2014年9月 2日 (火)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(2、3日単位・レベル)
どこまで続くのか…
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010309 今年7月までの特殊詐欺の被害額が300億円を越えていることが警察庁のまとめで分かった。過去最悪だった昨年1年間の被害額を大幅に上回るペースとなった。
 この金額は米国の保険会社が英国の保険会社を買収した金額に等しい。
 警察庁によると認知件数は7294件で被害総額は310億7633万2396円。過去最悪ださた前年同期より900件、額にして60億7177万3748円増加した。
 このうち振り込め詐欺は5896件で額は191億2504万4000円。1078件、62億2297万2000円も増えた。
 検挙件数は1799件、人員は1082人で83件143人のそれぞれ増加だった。
 この金額は米保険大手のアメリカン・インターナショナルグループが今年4月、ベルギー保険会社、アジアスグループから英アジアス・プロテクトを310億円で買収することを決めた額に等しい。
 もはやひとつの企業が買える金額になっており、国民を本当に守るのなら、名簿屋を根絶させ携帯や固定電話の凍結。不動産屋による貸部屋の点検、レターパックなど小包は中身の確認などを徹底させるべきだ。
 警察庁の米田壮長官は1日、神奈川県の被害防止コールセンターを視察した。神奈川県警と言えば、最初に「成りすまし捜査」を実行した県警。今月には100人態勢の専従捜査班を設置するなど攻撃型の取り組みをしている警察だ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ