« うそ電話で1億4千万円だまし取られる 茨城の70代女性が被害(18日)産経 | トップページ | 取り調べ可視化・司法取引導入へ 来年、法改正案提出(18日)朝日 »

2014年9月18日 (木)

NTT名乗りプロバイダー変更を勧誘 トラブル急増(18日)産経

NTTと誤解させ、電話で「料金が安くなります」などと勧誘してインターネットのプロバイダー契約を変更させるトラブルが急増しているとして、国民生活センターは18日、「電話口だけで承諾せず、きちんと業者を確認して」と注意を呼び掛けた。
 国民生活センターによると、全国の消費生活センターなどに寄せられた相談は、平成24年度の187件から25年度は1596件に急増。26年度も既に1664件に上っており、うち兵庫県が151件で最多、大阪府が121件など西日本の被害が目立つ。
 業者は電話口で「NTTの者です」などと名乗り、特定のソフトをパソコンにダウンロードするよう指示。表示されるIDとパスワードを伝えると、業者が消費者のパソコンを遠隔操作できるようになり、プロバイダーが変更される仕組みだ。

Msn_s1_4http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140918/crm14091819070023-n1.htm

« うそ電話で1億4千万円だまし取られる 茨城の70代女性が被害(18日)産経 | トップページ | 取り調べ可視化・司法取引導入へ 来年、法改正案提出(18日)朝日 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うそ電話で1億4千万円だまし取られる 茨城の70代女性が被害(18日)産経 | トップページ | 取り調べ可視化・司法取引導入へ 来年、法改正案提出(18日)朝日 »