« 宿泊施設に男性遺体=事件巻き込まれた可能性も-警視庁(5日)時事 | トップページ | 韓国1位の自殺者割合、日本は4位…高所得国で(5日)読売 »

2014年9月 5日 (金)

元在日中国大使館幹部を拘束か 日本での活動を聴取も(5日)共同

【北京共同】日本で政務分野を担当していた元在日中国大使館幹部の男性が帰国後に連絡が取れなくなっていることが4日、分かった。複数の関係筋が明らかにした。日本での活動をめぐり、機密情報の漏えいなどで中国の関係当局に拘束され、事情を聴かれているもようだ。
 中国では昨年以降、日本を拠点に活動する中国人研究者らが帰国後に消息を絶つケースが相次いでいる。対日強硬姿勢を取る習近平指導部が日本に近いと見なした人物を警戒し、圧力を強めているとの観測もある。
 男性は日本滞在中、公使参事官として国会や政党の事務所に頻繁に出入りし、日本の政治家とも積極的に交流していたという。

2010_0123_11120247newslogo1_3http://www.47news.jp/CN/201409/CN2014090401001945.html

« 宿泊施設に男性遺体=事件巻き込まれた可能性も-警視庁(5日)時事 | トップページ | 韓国1位の自殺者割合、日本は4位…高所得国で(5日)読売 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宿泊施設に男性遺体=事件巻き込まれた可能性も-警視庁(5日)時事 | トップページ | 韓国1位の自殺者割合、日本は4位…高所得国で(5日)読売 »