« アパートで男性死亡、遺体に複数の傷 殺人か (4日)TBS | トップページ | 窓口素通り…富士山入山料、支払ったのは6割弱(4日)読売 »

2014年9月 4日 (木)

布団に血液、DNA型検出 犯人か、上智大生殺害事件(4日)共同

1996年に東京都葛飾区で上智大4年の小林順子さん=当時(21)=が自宅で殺害、放火された事件で、遺体に掛けられていた布団の血液から、犯人のものとみられるDNA型が検出されていたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。
 警視庁亀有署捜査本部は、犯人が小林さんを刃物で襲った際に負傷し、布団に血液が付着したとみている。
 捜査関係者によると、放火に使ったとみられるマッチ箱が玄関付近に残されており、付着した血痕からDNA型が検出されていることが既に判明しているが、それともほぼ一致した。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.47news.jp/CN/201409/CN2014090401000929.html

« アパートで男性死亡、遺体に複数の傷 殺人か (4日)TBS | トップページ | 窓口素通り…富士山入山料、支払ったのは6割弱(4日)読売 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アパートで男性死亡、遺体に複数の傷 殺人か (4日)TBS | トップページ | 窓口素通り…富士山入山料、支払ったのは6割弱(4日)読売 »