« 高速から30トンコンクリ落下 愛知、中日本社長が陳謝(19日)共同 | トップページ | 危険ドラッグ吸引か、大阪・御堂筋で事故 (19日)TBS »

2014年9月19日 (金)

「暴力団は出て行け」 工藤会トップ逮捕1週間、小倉で「暴追の日」パトロール [福岡県](19日)共同

特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)トップが逮捕されてから1週間が過ぎた18日、同市小倉北区の繁華街を地元住民や警察官ら約250人がパトロールした。「暴力団は出て行け」「安心して出歩ける街に」。士気を高めるように、参加者は声を張り上げた。
 11年前の工藤会系組員によるクラブ襲撃事件を機に、福岡県警は毎月18日を「暴追の日」と定め、月1回、パトロールを続けてきた。
 一帯では、組員の入店を禁じる「標章制度」が始まった2年前、飲食店関係者を狙った連続切り付け事件が起きているが、飲食店経営の男性(65)は「機動隊員が増えたので安心して商売ができる」。小売店経営の男性(69)は「最高幹部の逮捕に警察の本気度を感じた。今度は市民が応える番。できる限り、暴追に協力したい」と力を込めた。
 午後8時から同区の堺町公園であった出発式で、参加者は「暴力団は許さないぞ」とシュプレヒコールを上げた後、繁華街を回り、不審者などに目を光らせた。
 福岡県警などは18日、暴力団被害の集中相談室を、北九州市警察部(同市小倉北区大門1丁目)と福岡県暴力追放運動推進センター(福岡市博多区吉塚本町の県吉塚合同庁舎)に開設。21日までの午前10時~午後4時、電話や面談で受け付ける。市警察部暴力追放ダイヤル=093(582)8930、県暴力追放運動推進センター=092(651)8938。 =2014/09/19付 西日本新聞朝刊=

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_kitakyushu_keichiku/article/114949

« 高速から30トンコンクリ落下 愛知、中日本社長が陳謝(19日)共同 | トップページ | 危険ドラッグ吸引か、大阪・御堂筋で事故 (19日)TBS »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高速から30トンコンクリ落下 愛知、中日本社長が陳謝(19日)共同 | トップページ | 危険ドラッグ吸引か、大阪・御堂筋で事故 (19日)TBS »