« 組員にさせない、少年に職を 北九州市が事業者と連携(20日)朝日 | トップページ | ガス点検業者装い…女性に暴行の27歳男逮捕(20日)テレビ朝日 »

2014年9月20日 (土)

「危険ドラッグ」で救急搬送 4000人超(20日)NHK

危険ドラッグを吸引したことが原因とみられる幻覚などの症状で、病院に救急搬送された人が、この5年半の間に全国で4000人を超えていることが、総務省消防庁が初めて行った緊急調査で分かりました。

総務省消防庁は、危険ドラッグを吸引したことが原因とみられる幻覚や興奮などの症状で病院に救急搬送された人数について、全国の消防本部を通じて初めて緊急調査を行った結果、平成21年からことし6月までの5年半の間に、全国で4469人に上ることが分かりました。
搬送者の数は、平成21年は30人だったのが、平成23年に602人となり、平成24年には最も多い1785人に一気に急増し、ことしも半年だけで621人に上っています。
都道府県別では東京が1130人と最も多く、次いで大阪の536人、神奈川の512人、愛知の416人などとなっています。
この調査は、救急搬送した記録から「ドラッグ」や「ハーブ」といったキーワードで抽出したもので、総務省消防庁は、「体調が悪くなっても救急車を呼ばない人もいることから、実態は数字以上にまん延している可能性が高く、氷山の一角だ」としています。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140920/k10014742951000.html

« 組員にさせない、少年に職を 北九州市が事業者と連携(20日)朝日 | トップページ | ガス点検業者装い…女性に暴行の27歳男逮捕(20日)テレビ朝日 »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 組員にさせない、少年に職を 北九州市が事業者と連携(20日)朝日 | トップページ | ガス点検業者装い…女性に暴行の27歳男逮捕(20日)テレビ朝日 »