« 2014年9月20日 | トップページ | 2014年9月22日 »

2014年9月21日

2014年9月21日 (日)

シラスウナギ密漁から暴力団排除 宮崎県など条例改正目指す(21日)共同

宮崎県はシラスウナギの流通網からの暴力団排除を徹底するため、うなぎ稚魚の取り扱いに関する条例の改正を目指している。ここ数年の価格上昇でシラスウナギが資金源となっているとされる中、取扱業者の登録拒否の対象に「暴力団や組員と密接な関係を持つ者」などを追加。県警と連携して暴力団が介在する隙をなくすことで、関係者を利用した不正流通、それを背景にした密漁を防ぐのが狙い。http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_8202.html

2010_0123_11120247newslogo1_5

| コメント (0)

高校生脅し親から金をだまし取る 容疑で建設作業員ら4人逮捕(21日)共同

兵庫県警捜査1課と加西署は21日までに、加西市の男子高校生(18)に暴行を加えて服従させ、父親(41)にうそをつかせて金をだまし取るなどしたとして、強盗致傷などの疑いで、建設作業員塚原悠嗣容疑者(26)=同市西笠原町=ら3人を逮捕した。
 他の容疑者は、同市に住むいずれも17歳の無職と建設作業員の少年。
 加西署によると、3人は8月15~17日、京都府北部の海岸に出掛け、塚原容疑者が高校生を水上バイクで沖に連れ出し、海に振り落とすなどした上、3人が帰りの車中で暴行を繰り返して服従させ、高校生の父親に「知人の金を盗んだ。返さないといけない」とうそをつかせ、80万円を支払わせた疑い。同署によると、1人は容疑を否認、2人は「強盗のつもりはなかった」などと一部を否認している。
 また、同課と同署は21日までに、3人と共謀して高校生を脅し、父親に「彼らに金を借りている」などと言わせ、父親から計120万円をだまし取ったとして、強要と詐欺の疑いで、建設作業員滝沢真容疑者(25)=姫路市香寺町溝口=も逮捕した。滝沢容疑者は「記憶にある部分とない部分がある」と話している。
 同署によると、4人の容疑者は元仕事仲間で、4人と高校生は顔見知りという。

2010_0123_11120247newslogo1_4http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201409/0007351432.shtml

| コメント (0)

「事故あばよ」防止訴え 柳沢慎吾さんが一日署長(21日)テレビ朝日

秋の全国交通安全運動が21日から始まりました。東京・港区ではタレントの柳沢慎吾さんが一日警察署長を務め、交通安全を呼び掛けました。
 警視庁麻布署一日署長・柳沢慎吾さん:「ドライバーの皆さんは、くれぐれも安全運転を心掛けて下さい。私は大丈夫という安易な気持ちは一切、持たないで下さい。交通事故をなくして、良い夢見ようじゃありませんか。そして、交通事故にあばよ!」
 今年の全国交通安全運動は30日まで行われ、子どもと高齢者の事故防止に重点的に取り組むとともに、社会問題になっている危険ドラッグや飲酒運転など悪質な運転の撲滅をテーマにしています。今年上半期の交通死亡事故約1900件のうち最も多いのが歩いている65歳以上の高齢者が犠牲になったケースで、警察が注意を呼び掛けています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000035063.html

| コメント (0)

多摩の連続放火 現場に油のような痕(21日)NHK

東京・多摩市で建築中の住宅が相次いで放火された事件で、1件目以外のすべての現場で油がまかれたような痕が見つかったことが、警視庁への取材で新たに分かりました。
量は徐々に増えているということで、警視庁は犯行がエスカレートしているおそれがあるとみて調べています。

多摩市内では今月12日から20日夜にかけて、建築中の住宅などが焼ける火事が6件相次いでいて、いずれの現場もけが人はいませんでしたが、半径2キロメートル以内で火の気が無いことから、警視庁は建築中の住宅を狙った同一犯による連続放火の疑いがあるとみて捜査しています。
これまでの調べで、1件目の火事の現場以外のすべての現場で油がまかれたような痕が見つかったことが、警視庁への取材で新たに分かりました。
量は徐々に増えていて、まかれた範囲も広くなっているということです。
警視庁は犯行がエスカレートしているおそれがあるとみて、現場付近で不審な人物が目撃されていないか調べるとともに、パトロールを強化するなど警戒を続けています。

続きを読む "多摩の連続放火 現場に油のような痕(21日)NHK"

| コメント (0)

DV避難女性への郵便、夫に誤って送る 埼玉りそな銀行(21日)朝日

 夫の家庭内暴力(DV)から逃れて転居していた50代女性への郵便物を、埼玉りそな銀行(本店・さいたま市)が誤って、夫のいる埼玉県内の元の自宅に送っていたことがわかった。夫は郵便物に書かれた銀行の支店名から、避難先の自治体を特定。女性は仕事を辞めて、再び転居した。
 銀行は女性に謝罪し、引っ越し代などを補償。取材に対して手続きのミスを認め、「行内で周知し、再発を防止する」と答えた。
 女性などによると、女性はシェルターに一時避難した後、今年5月に小学生の長女とともに埼玉県北部に転居。7月初めに家賃支払いなどのため、地元の同行支店で口座を開設した。この際、窓口で「DV被害から避難している」と説明し、夫が暮らす住民票上の自宅住所には郵便物を送らないよう依頼した。
 だが支店は、口座開設後に顧客に送る案内状を自宅住所に送付。それを見た夫が7月27日、女性の携帯電話に「○○市にいるのか」と電話をかけてきたという。夫は案内状にある支店名から、避難先の自治体を特定していたという。
 数年前にもDVで他県へ避難したが、居場所を突き止められたため、身の危険を感じた女性は最寄りの警察署に相談。「すぐに今の住まいを離れた方がいい」との助言を受け、仕事を辞めて先月、再避難した。

Logo2_2http://www.asahi.com/articles/ASG985WRZG98UTNB023.html

| コメント (0)

300万円引き出した容疑 元JA派遣の女再逮捕(21日)産経

偽造した書類で現金約300万円を盗んだとして、長野県警塩尻署は21日、窃盗の疑いで、JA塩尻市の元派遣社員、三林和子容疑者(49)=同県安曇野市明科中川手=を再逮捕した。
 逮捕容疑は1月10日、当時勤務していたJA塩尻市広丘支所で、偽造した塩尻市に住む80代男性の定期貯金の解約申込書などを使い、現金出納機から約300万円を引き出して盗んだとしている。500万円を解約し、200万円は新たにつくった定期貯金に入れていた。署によると、「金が必要だった」と供述しており、使途を調べる。
 三林容疑者は、解約申込書を偽造したなどとして有印私文書偽造・同公使の疑いで署に逮捕され、長野地検松本支部が9月17日に同罪で起訴した。

Msn_s1_4
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140921/crm14092116110012-n1.htm

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(21、22日単位・レベル)
ニュートラルが必要だ
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010348 法制審議会は、重要な捜査インフラとなる通信傍受の対象が振り込め詐欺に拡大されることなどを盛り込んだ内容を法務大臣に答申した。
通信傍受は銃器・薬物犯罪や組織犯罪などに限定されていたが複数犯の詐欺犯や窃盗犯なども加えられた。
 さらに報道によると傍受の際には電話会社や消防関係者の立ち会いも不要になるというから、かなり進展したものになった。立ち会いが不要となったことで、大きなネックとなっていたスポット傍受もなくなったのだろうと解釈している。
 しかし、問題はやはり可視化だ。答申では録音・録画の対象事件を殺人や強盗致傷、傷害、放火など裁判員裁判対象事件と検察独自捜査事件に限定されるという。
 今、取調官は大声も出せなければ、優しく肩を撫でるのも喉が乾いてもお茶も出せないという。これでは死刑になるかどうかの犯人と対峙するには極めて不利だ。
 過度な威嚇はだめにしても「…でしょうか」「…ますか」調の調べではなく許容範囲の幅を広げて、状況によっては厳しい取調を認めてやるなどニュートラルな部分が必要だ。
 司法取引も認められたが、取引部分の録音・録画は絶対にあってはならない。逆に大騒ぎする「やから」が出現するからだ。
 【事件】21日未明、東京・葛飾区で自動販売機が燃える不審火が3件相次ぎました。警視庁は、釣り銭を狙った連続自販機荒らしとみて捜査しています=TBS
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

自販機3台燃える不審火、釣り銭狙った連続犯か(21日)TBS

21日未明、東京・葛飾区で自動販売機が燃える不審火が3件相次ぎました。警視庁は、釣り銭を狙った連続自販機荒らしとみて捜査しています。
 21日午前1時半すぎ、葛飾区東金町の路上で自動販売機が燃えていると通報がありました。警視庁によりますと、自動販売機の小銭の取り出し口が激しく燃えていて、そのおよそ4時間後にも、3キロほど離れた葛飾区青戸で2台の自販機が燃えているのが見つかったということです。
 葛飾区では今月15日以降、自販機19台で不審火が相次いでいて、釣り銭用の小銭およそ9万円が盗まれる被害が出ています。
 また、葛飾区に隣接する埼玉県の八潮市や三郷市でも、21日未明、自動販売機が燃える不審火が3件相次ぎました。この3件でも小銭の取り出し口が燃やされていることなどから、警察は同一犯の可能性もあるとみて関連を調べています。(21日10:45)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2303841.html

| コメント (0)

秋の全国交通安全運動始まる(21日)NHK

子どもと高齢者の事故防止に重点的に取り組む秋の全国交通安全運動が始まり、東京・三鷹市では、自転車の事故防止やシートベルトの着用徹底を呼びかける交通安全教室などが開かれました。

秋の全国交通安全運動初日の21日、東京・三鷹市の交差点には朝早くから警察官や地元の住民が出て、自転車に乗る学生などに対し、歩道を走る場合は歩行者優先で車道寄りを徐行することなど、自転車に乗る際の注意点が書かれたパンフレットを配布しました。
一方、近くの駐車場では交通安全教室が開かれました。
シートベルトを着用した状態で時速5キロで衝突した場合のショックを体験できる装置や、自転車の安全運転をモニターを見ながら学ぶコーナーが設けられ、親子連れなどが参加していました。
また、スタントマンが車と自転車の事故を再現し、自転車をスマートフォンを見ながら運転したり車道の右側を走ったりしないよう呼びかけました。
参加した小学5年生の女の子は「シートベルトをしていないと大けがにつながることが分かりました。自転車を運転する時も左右の確認をしていきたいです」と話していました。
秋の全国交通安全運動は今月30日まで行われ、警視庁は子どもと高齢者の事故防止や、危険ドラッグを吸った状態での運転の禁止などを呼びかけることにしています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140921/k10014764251000.html

| コメント (0)

駐車場で車5台燃え、男性1人死亡 敦賀市(21日)日本テレビ

 21日未明、福井県敦賀市の運送会社の駐車場で、乗用車や大型トラックなど車5台を焼く火事があり、1人が遺体で見つかった。警察は身元の確認を急ぐ一方、事故と事件の両面で調べている。
 火事があったのは、敦賀市の運送会社の駐車場で、調べによると21日午前1時50分頃、「車が燃えている」と従業員から通報があった。この火事で、乗用車や大型トラックなど計5台を焼き、乗用車の運転席から1人が遺体で見つかった。乗用車の持ち主で52歳の男性従業員と連絡がつかず、警察は、遺体はこの男性とみて身元の確認を急いでいる。
 また、乗用車を中心に周辺の車が焼けており、警察は、この乗用車が火元とみて、事故と事件の両面で、火が出た原因などを詳しく調べている。

2010_0318_173406banner011
http://www.news24.jp/articles/2014/09/21/07259598.html

| コメント (0)

「強命水 活」薬事法違反事件 社長「違法でないと考えた」 (21日)共同

 飲料水「強命水 活」などを販売するエーイーエム(諏訪市)と同社の菅原越雄(えつお)社長(62)が、インターネットサイト上で「活」について医薬品としての効能をうたった広告をしたとして、薬事法違反罪で罰金刑を受けた事件で、菅原社長は20日、事件後初めて信濃毎日新聞の取材に応じた。購入者に「申し訳ない」とする一方、広告手法が違法という認識はなかったと強調した。
 「活」のホームページ(HP)には、検索サイトで「諏訪 不思議な水」と入力することで、体験談などが載った別のHPが見られるとの記述があり、検索すると「超エネルギー水」などの名称で「切り傷の出血が瞬時に止血」といった効能が書かれたHPが表示された(現在は閉鎖)。県警などはこうした手法が薬事法に違反するとして摘発。松本簡裁は今月8日、同社と菅原社長にそれぞれ罰金100万円の略式命令を出し、共に即日納付した。
 菅原社長は取材に、「超エネルギー水」の効能をうたったHPについて「自分が責任者だった」と認めた上で、「活」のHPとは互いに直接リンクを貼っておらず、検索サイトを介していたため「違法ではないと考えていた」と釈明した。
 同社は事件後、「活」のHP上から「諏訪 不思議な水」との言葉で検索を促す表記を削除。菅原社長は今後、一部商品を除き「活」の販売などの営業を続けるとした上で、「社会的信用を失墜させた責任を取り、会社が落ち着いた時点で社長を辞任したい」と述べた。
 同社は「活」のHP上にも「おわび」を掲載。「より一層薬事法順守を心掛けていく」などとしている。

2010_0123_11120247newslogo1_3http://www.shinmai.co.jp/news/20140921/KT140920FTI090007000.php

| コメント (0)

東京・世田谷の民家前で71歳男性倒れ、死亡 顔に殴られた痕(21日)産経

東京都世田谷区の民家前で19日朝、住人の無職、甘利久行さん(71)が倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡した。甘利さんの顔に殴られたような痕があることなどから、警視庁北沢署は事件に巻き込まれた可能性があるとみて捜査している。
 同署によると、19日午前8時15分ごろ、世田谷区赤堤の甘利さん宅の玄関前で、下着姿の甘利さんがあお向けに倒れているのを近くに住む長女が発見。甘利さんの顔や足に暴行を受けたような痕があり、同日午後1時ごろに死亡した。右腕には刺し傷もあった。
 解剖の結果、死因は急性硬膜下血腫と外傷性くも膜下出血。甘利さんは18日夕に自宅で長女らと食事をした後、知人女性2人と一緒に酒を飲みに出かけ、19日午前1時ごろに帰宅したといい、その後、玄関前で暴行を受けるなどして頭を打ったとみられる。
 甘利さんはひとり暮らしで、長女が毎朝、出勤前に甘利さんの様子を見に来ていたという。室内に荒らされた跡はなかった。

Msn_s1_3http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140921/crm14092111500009-n1.htm

| コメント (0)

ひき逃げ容疑で19歳少年を逮捕 名古屋(21日)産経

愛知県警緑署は21日、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、名古屋市緑区の少年(19)を逮捕した。
 逮捕容疑は20日午前3時40分ごろ、同区黒沢台4丁目の県道で、同市天白区平針4の817、大学2年高橋諒哉さん(19)を乗用車ではねて死亡させ、逃げた疑い。
 同署によると20日午後8時50分ごろ、両親に連れられて警察に出頭した。何かにぶつかったが、人だとは思わなかったと説明しているという。
 20日未明、現場で高橋さんが倒れているのを近くの飲食店従業員が見つけ110番。県警がひき逃げ事件として捜査していた。

Msn_s1_2
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140921/crm14092112060010-n1.htm

| コメント (0)

家出少女にキャバクラ接客 容疑の経営者ら5人逮捕(21日)産経

愛知県警は20日、18歳未満の少女をキャバクラで接客させたとして、児童福祉法違反(有害支配)の疑いで、店の経営者、木下幸至容疑者(43)=同県豊橋市下五井町沖田=ら関係者5人を逮捕した。
 5人の逮捕容疑は、今年1月から5月にかけて、同市松葉町のキャバクラで18歳未満と知りながら少女(17)に接客させて胸を触らせるなどしたほか、従業員寮に住まわせて欠勤や遅刻の度に制裁金を科したとしている。
 県警によると、少女は家出中に働く場所を探している際、キャバクラに体験入店して雇われた。事態を知った少女の母親が県警に相談し、発覚した。県警は、他に被害者がいなかったかどうかなど調べている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140921/crm14092100190004-n1.htm

Msn_s1

| コメント (0)

スーパーの刺し身に針=購入男性けがなし-北海道警(21日)時事

20日午後7時45分ごろ、北海道伊達市末永町のスーパー「イオン伊達店」から、「商品の刺し身に針が混入していたと客から連絡を受けた」と道警伊達署に通報があった。購入した同市の男性(71)にけがはなかった。同署は威力業務妨害容疑で捜査している。
 同署によると、男性は同日午後3時すぎ、スーパーでパックに入ったいかの刺し身を購入。家に持ち帰り食べようとしたところ、長さ約3.2センチの縫い針に気付いた。
 包装していたラップなどに異常は見られず、同署は混入の原因を調べている。(2014/09/21-01:08)

2014/09/21-01:08

| コメント (0)

沖縄、保育所に子猫切断死骸 恩納村(21日)共同

20日午前9時半ごろ、沖縄県恩納村の保育所の芝生で、切断されたとみられる子猫の頭部と脚部4本が捨てられているのを、保育所の所長が発見した。石川署は、動物愛護法違反の疑いで捜査している。
 石川署によると、子猫は頭部の大きさから生後約1~2週間で、胴体は見つかってない。頭部と脚部4本は、保育所の外にある道路から約3メートル先の所内の芝生にあったため、同署は投げ入れられたとみている。保育所はトラブルを抱えていないという。19日夕方ごろには死骸はなかったという。

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.47news.jp/CN/201409/CN2014092001001923.html

| コメント (0)

占いサイトで840万詐欺被害 神戸の女性、百数十回入金(21日)共同

20日午前、神戸市垂水区の50代パート女性が「占いサイトを利用して2年間で約840万円をだまし取られた」と垂水署に届けた。
 同署によると、女性は2012年8月ごろ、姓名判断のサイトに登録。当初は診断結果が無料で届いていたが、途中から「続けるにはポイント購入が必要」と指示され、指定口座に現金を振り込むようになった。
 その後、女性が「お金がもうない」と連絡すると「余命がわずかであなたに全財産を託したい。お金を譲るには手続き費用がかかる」などのメールが届いたという。
 女性は消費者金融や知人から借金を繰り返し、今年7月までに百数十回にわたり入金を続けたという。同署が詐欺容疑で捜査している。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201409/0007347851.shtml

| コメント (0)

住宅の庭から白骨遺体見つかる 名古屋市(21日)テレビ朝日

名古屋市の住宅の庭で、白骨化した遺体が見つかりました。身元など詳しいことは分かっていません。
 20日午前8時ごろ、名古屋市中区新栄2丁目の会社員・滝真人さんの住宅で、庭木の剪定(せんてい)を行っていた業者の男性が、庭で白骨化した遺体を発見しました。警察によりますと、遺体は庭木の下に仰向けに倒れていて、黒のスーツ姿で靴ははいていなかったということです。遺体は男性とみられていて、目立った外傷はなく、死亡した時期などは分かっていません。警察は、遺体の身元の確認を進めるとともに、事件と事故の両面から詳しく調べています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000035034.html

| コメント (0)

交差点でパトカーと車衝突 2人重軽傷(21日)NHK

20日夕方、滋賀県東近江市の交差点で、サイレンを鳴らしながら赤信号の交差点に進入したパトカーが乗用車と衝突し、乗用車の女性2人が重軽傷を負いました。

20日午後5時すぎ、滋賀県東近江市の交差点で、東近江警察署の26歳の男性巡査長が運転するパトカーが、サイレンを鳴らしながら赤信号を直進しようとした際に、右から来た乗用車と衝突しました。警察によりますと、この事故で、乗用車の助手席に乗っていた75歳の女性が肩の骨が折れる大けがをしたほか、運転していた41歳の女性も足に軽いけがをしました。巡査長にけがはありませんでした。パトカーは、警備会社から「近くの中学校でセンサーが異常を感知した」という通報を受けて、現場に向かう途中だったということです。
事故があった交差点は、水田に囲まれた比較的見通しのよい場所です。
東近江警察署の田尻昌夫副署長は「事故原因を詳しく調べ、再発防止に努めたい」としています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140921/k10014760401000.html

| コメント (0)

建築中の住宅また全焼 連続放火か 東京(21日)NHK

20日夜、東京・多摩市で建築中の住宅1棟が全焼しました。
周辺では、建築中の住宅が放火される事件が5件相次いでいて、警視庁は同一犯による連続放火の疑いがあるとみて調べています。
20日午後9時ごろ、多摩市貝取で建築中の住宅から火が出ているのを近所の男性が見つけ、119番通報しました。
東京消防庁からポンプ車など15台が出て消火活動に当たり、火は1時間半余りで消し止められましたが、火元の住宅1棟およそ100平方メートルが全焼したほか、隣接する建築中の住宅の壁の一部も焼けました。
けが人はいないということです。警視庁によりますと、周辺では、この1週間余りの間に、建築中の住宅が放火される事件が5件相次いでいて、パトロールを徹底するなど警戒を強化していたということです。
20日の現場も火の気がないとみられることなどから、警視庁は同一犯による連続放火の疑いがあるとみて調べています。
現場は、小田急永山駅からおよそ1キロ離れた住宅街です。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140920/k10014757951000.html

| コメント (0)

カラス羽にダーツの矢? 北海道・札幌でいたずらか(21日)北海道

 20日午後2時20分ごろ、札幌市北区新琴似5の6、「新琴似すずかけ公園」で、カラスにダーツの矢のようなもの1本が刺さっているのを見つけたと、散歩中の男性から札幌北署に届け出があった。同署は悪質ないたずらとみて調べている。
 同署によると、矢はプラスチック製で長さ約8センチ、直径約0.5センチ。体長約40センチのカラスの右羽に、約2センチの深さまで刺さっていた。カラスは飛べないが動き回っている状態で出血はなく、署員2人が約20分間かけて保護した。その後、近くの交番で矢を抜き、雑木林に放した。

Logo1
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/563953.html

| コメント (0)

狙われる希少動植物、条例と監視強化で対抗 奄美大島(21日)朝日

 世界自然遺産登録を目指す鹿児島県・奄美大島で、希少動植物の盗採掘の被害が後を絶たない。珍しさから高値で取引されるためだ。島の5市町村は採掘を禁じる罰則付きの共通の保護条例をつくり、抑止と監視強化に乗り出している。
 今月5日夜、奄美大島南部の瀬戸内町を巡るパトロールの班に同行した。主な監視対象は条例で捕獲を禁じているアマミマルバネクワガタ。環境省のレッドリストで「絶滅の危険が増大」とされる絶滅危惧Ⅱ類に指定され、マニアの間で人気が高い。インターネットのオークションサイトでは今夏、3匹2万円で落札されていた。
 条例施行前までクワガタ採りの車がずらりと並んでいたという道路。白いワゴン車の中年男性がすれ違いざまこちらをにらみ、「何や!」と声を発した。
 環境省の希少野生動植物種保存推進員で樹木医前田芳之さん(67)の案内で、油井岳(標高483メートル)周辺の林道を車で進む。
 林からロープが道路近くまで垂れ下がっていた。何者かが盗採掘のために木に結び付けたと説明された。林の奥へ入ると、木の幹に赤いスプレーで矢印が描かれている。道案内用に吹き付けたらしい。
 別の場所では、前田さんが「これが(盗採者に)よく狙われる木」と言った。ヘッドランプに照らされた木の幹にアマミヒラタクワガタがいた。条例の対象外だが、島の固有種。「売れるので、これも採られちゃうよ」

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASG9M5JMQG9MTIPE01V.html

| コメント (0)

« 2014年9月20日 | トップページ | 2014年9月22日 »