« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 「ももクロ」偽サイン販売容疑で逮捕(28日)NHK »

2014年8月28日 (木)

捜査車両と衝突し、バイク男性に後遺症 県に1190万円賠償命令(28日)産経

北九州市門司区の国道をバイクで走行していた男性=門司区=が、反対車線から右折してきた門司署の捜査車両と衝突し、鎖骨変形の後遺症などを負ったのは運転していた署員が注意義務を怠ったためとして、福岡県に約1980万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福岡地裁は28日、県に約1190万円の支払いを命じた。
 判決で小川嘉基裁判官は「捜査車両は十分に確認せず、バイクの交通を妨害した」と県側の過失を認定した。県側は男性も前方不注意だったと主張したが、小川裁判官は、捜査車両が反対車線を横切って駐車場の「出口」に入ろうとしたため衝突したと指摘。「男性には想定しにくかった。過失は極めて限定的だ」とした。
 判決によると、平成22年8月6日夜、バイクは反対車線から右折してきた捜査車両と衝突した。男性は肋骨(ろっこつ)骨折などを負った。

Msn_s1_6http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140828/trl14082819400011-n1.htm

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 「ももクロ」偽サイン販売容疑で逮捕(28日)NHK »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 「ももクロ」偽サイン販売容疑で逮捕(28日)NHK »