« 部屋に“大麻栽培ハウス”男2人を逮捕(7日)日本テレビ | トップページ | 会議でどなられ立腹、はさみで上司刺した市職員(7日)読売 »

2014年8月 7日 (木)

凶悪事件早期検挙できず「課題」 新潟県警本部長が発言(7日)共同

新潟県警の砂川俊哉本部長は7日、県警本部で記者会見し、同県新発田市で相次いだ女性暴行や殺人事件について、「警察としてもう少し早く検挙することができなかったのか、今後の課題として残る」と発言した。
 砂川本部長は事件について問われ、「多くの職員の粘り強い活動で犯人検挙にこぎ着けた。県民の不安解消という点では警察の使命を果たすことができた」と評価した。
 一方で「今回犯人が、昨年新潟県に移り住んでから強姦や拉致殺人の凶悪事件を次々と引き起こしてきた」として、早期に逮捕し連続事件を防ぐことができなかったことを「課題」として挙げた。

2010_0123_11120247newslogo1_5
http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014080701001587.html

« 部屋に“大麻栽培ハウス”男2人を逮捕(7日)日本テレビ | トップページ | 会議でどなられ立腹、はさみで上司刺した市職員(7日)読売 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 部屋に“大麻栽培ハウス”男2人を逮捕(7日)日本テレビ | トップページ | 会議でどなられ立腹、はさみで上司刺した市職員(7日)読売 »