« 流された3人 遺体で見つかる(2日)NHK | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2014年8月 2日 (土)

中学生自殺 逮捕の父親「グローブはめ殴る」(2日)NHK

西東京市で、自殺した中学生の長男に殴るなどの暴力を振るって大けがをさせていたとして父親が逮捕された事件で、父親はボクシングの経験者で、「ボクシングのグローブをはめて長男を殴った」などと供述していることが警視庁への取材で分かりました。

この事件は、西東京市の無職、村山彰容疑者(41)が、14歳の中学生の長男の顔や胸を殴るなどして大けがをさせたとして傷害の疑いで逮捕されたもので、長男は暴行を受けた翌日の先月30日、自宅で首をつって自殺しています。警視庁によりますと、村山容疑者は以前ボクシングをしていたということですが、調べに対し、「ボクシングのグローブをはめて長男を殴った。これまでも強くするために殴った」と供述していることが警視庁への取材で分かりました。一方、長男が首をつっているのは母親が発見し、通報しようとしましたが、村山容疑者が「準備するから待て」などと通報を止めていたことが警視庁への取材で分かりました。
およそ50分後に村山容疑者が消防に通報しましたが、その間、救急隊が到着するまで人工呼吸などの救命措置は取っていなかったということで、警視庁は、虐待の実態や詳しいいきさつをさらに調べています。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140802/k10013496801000.html

« 流された3人 遺体で見つかる(2日)NHK | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 流された3人 遺体で見つかる(2日)NHK | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »