« 少年が護送車から逃走→確保 千葉・市川市(29日)日本テレビ | トップページ | 捜査車両衝突、県に賠償命令 福岡地裁、バイク男性へ1千万円(29日)共同 »

2014年8月29日 (金)

「懲役15年から死刑」求刑=桜木被告、涙で潔白訴え-覚せい剤事件結審・中国広州(29日)時事

 【広州時事】中国で麻薬運搬罪に問われた愛知県稲沢市議、桜木琢磨被告(70)の3日目の公判が28日、広東省の広州市中級人民法院(地裁)で開かれた。検察側は刑法に定められた量刑と同じ「懲役15年か無期懲役、または死刑の判決」を求めた。桜木被告に覚せい剤の入ったスーツケースを渡すなどし、共犯として審理されているマリ人(35)ら2被告に対しても、同様の求刑だった。
 桜木被告は最終陳述で、泣きながら「死んでも無実を証明したい」と潔白を訴えた。公判はこの日で結審。早ければ3カ月以内に判決が言い渡される。
 桜木被告は1時間にわたって陳述。見知らぬ人から覚せい剤が入ったスーツケースを受け取ったことなどに関して、「人を信じることが間違ったことですか」と主張した。
 被告の妻も弁護側の証人として出廷。「こんなこと(覚せい剤の運搬)をやる人ではない」「早く桜木を返してほしい。(夫婦)2人の時間は少ない」と涙を流して訴えた。(2014/08/29-00:10)

« 少年が護送車から逃走→確保 千葉・市川市(29日)日本テレビ | トップページ | 捜査車両衝突、県に賠償命令 福岡地裁、バイク男性へ1千万円(29日)共同 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 少年が護送車から逃走→確保 千葉・市川市(29日)日本テレビ | トップページ | 捜査車両衝突、県に賠償命令 福岡地裁、バイク男性へ1千万円(29日)共同 »