« 札幌ボンベ連続爆発、女を5回目の起訴(14日)TBS | トップページ | 中州の危険性を「事前に説明」 キャンプ場死亡事故で運営会社(14日)共同 »

2014年8月14日 (木)

危険ドラッグ事故 80%が未規制の薬物(14日)NHK

「危険ドラッグ」を使ったドライバーが悪質な事故を起こすなどして摘発されたのは、ことし半年間に33件に上り、このうち80%近くが、法律で規制された薬物の化学構造を一部変えるなどして規制を及ばなくした薬物が使われていたことが、警察庁の調べで分かりました。

警察庁によりますと、ことし6月までの半年間に危険ドラッグを使ったドライバーが悪質な事故を起こすなどして摘発されたのは、全国で33件に上り、去年の同じ時期(=17件)の2倍近くに増えています。
このうち80%近くに当たる26件は、麻薬や大麻に似た幻覚などの作用があるものの、法律で規制された薬物の化学構造を一部変えるなどして規制を及ばなくした薬物が使われていたことが分かりました。
ことし6月に東京・池袋で危険ドラッグを使った男が運転する車が暴走し歩行者8人が死傷した事件など、ことし半年間に起きた3件の死亡事故では、いずれも法律の規制が及んでいない薬物が使われていました。
警察庁は、規制されていない薬物でも幻覚などの症状で正常な運転ができなくなる危険性があり、薬物を使った危険な運転は厳しく取り締まりたいとしています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140814/k10013792621000.html

« 札幌ボンベ連続爆発、女を5回目の起訴(14日)TBS | トップページ | 中州の危険性を「事前に説明」 キャンプ場死亡事故で運営会社(14日)共同 »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 札幌ボンベ連続爆発、女を5回目の起訴(14日)TBS | トップページ | 中州の危険性を「事前に説明」 キャンプ場死亡事故で運営会社(14日)共同 »