« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 公園に有害物質入りの餌 猫の死骸との関連捜査(21日)産経 »

2014年8月21日 (木)

新たに19人が行方不明 広島土砂災害(21日)NHK

局地的な豪雨で土砂災害の被害が相次いだ広島市で、新たに19人が行方不明になっていることが分かり、これで死亡が確認されたのは39人、行方が分からない人は26人となりました。
警察や自衛隊などはおよそ2500人の態勢で捜索を続けています。

広島市の安佐南区と安佐北区では、土砂災害から一夜明けて、家族の所在が分からないといった届け出などが寄せられ、警察や消防で確認を進めた結果、新たに19人が行方不明になっていることが分かりました。
これで死亡が確認されたのは39人、行方が分からない人は26人となりました。
警察や消防、それに自衛隊は、およそ2500人の態勢で行方不明者の捜索を行っています。
このうち、被害の大きかった安佐南区八木地区では、家族や近所の人が見守るなか、警察官およそ20人ががれきを取り除いたり、チェーンソーで柱を切断したりして行方が分からない人を捜していました。
また、消防や自衛隊では、現場の安全を確認しながらショベルカーなどで土砂を掘り起こしたり、流木を取り除いたりしていました。
自衛隊と消防は、21日も、夜を徹して行方不明者の捜索に当たることにしています。
広島県によりますと、今回の豪雨で被害を受けた住宅は、これまでに確認できただけで、▽土砂災害で全半壊や一部損壊となっているのが46棟、▽浸水の被害を受けたのが140棟に上っています。
被害を受けた住宅の調査はまだ十分に進んでいない地域もあり、被害はさらに増えるおそれがあるということで、県などでは確認を急ぐことにしています。

News_pic1_3
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140821/t10013976421000.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 公園に有害物質入りの餌 猫の死骸との関連捜査(21日)産経 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事