« 「お父さん犬」所属事務所、1億円の所得隠し指摘 (2日)TBS | トップページ | 流された3人 遺体で見つかる(2日)NHK »

2014年8月 2日 (土)

新潟女性殺害:2女性変死も関与か 検出DNAが一致(2日)毎日

新潟県新発田(しばた)市で昨年11月、パート女性(当時22歳)を連れ去って殺害したとして殺人容疑などで逮捕された喜納(きな)尚吾容疑者(31)のDNA型が、今年4月に20代の女性会社員の遺体が発見された市内の現場で検出されたDNA型と一致したことが1日、捜査関係者への取材で分かった。
 昨年9月に全焼した車から別の20代女性の遺体が見つかった市内の現場にも、喜納容疑者と関連する遺留物があったことが判明。県警新発田署捜査本部は、この2人が死亡した経緯についても喜納容疑者が事情を知っているとみて、慎重に捜査を進めている。
 同市本間新田の川で4月3日、一部が白骨化した20代の女性会社員の遺体が発見された。会社員は市内で1人暮らしをしていて今年1月中旬に行方が分からなくなり、家族から捜索願が出ていた。遺体発見現場周辺から会社員のものとは異なるDNA型が見つかり、県警の分析で喜納容疑者と一致したという。
 昨年9月21日には、同市舟入町のアパート前の駐車場で車4台が燃え、全焼した軽乗用車から20代女性の遺体が見つかった。この周辺でも喜納容疑者と関連する遺留物が発見されたという。
 県警はいずれも当初、自殺の可能性があるとみていたが、その後、事件に巻き込まれたとの見方が強まり、捜査を続けている。
 喜納容疑者が昨年以降、車を何回も買い替えていたことが、複数の住民の証言で分かった。喜納容疑者はパート女性を昨年11月に車でさらって殺害したとする容疑で逮捕されたほか、同8〜12月に別の3女性を連れ去ったなどとして既に起訴されている。捜査本部は、証拠隠滅のため車を次々に替えたとみている。
 無職男性(66)によると、喜納容疑者は昨冬ごろ、白い軽自動車から黒いワゴン車に替えた。パート女性の遺体が発見された今年4月ごろには別の白い軽自動車に替えた。男性は「洗車しているところを見かけないので、(車を)大事にしているようには見えなかった。次々に替えるのは普通じゃないと思った」と話した。
 捜査本部は1日、喜納容疑者を新潟地検に送検した。【真野敏幸、柳沢亮、堀祐馬】

Logo_mainichi_s1
http://mainichi.jp/select/news/20140802k0000m040168000c.html

« 「お父さん犬」所属事務所、1億円の所得隠し指摘 (2日)TBS | トップページ | 流された3人 遺体で見つかる(2日)NHK »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「お父さん犬」所属事務所、1億円の所得隠し指摘 (2日)TBS | トップページ | 流された3人 遺体で見つかる(2日)NHK »