« 客引き消え、風俗案内所次々 迷惑防止条例2カ月の金沢 (4日)共同 | トップページ | 韓国人男性、遊歩道から転落死 富山・黒部(5日)産経 »

2014年8月 4日 (月)

「DNA再鑑定で別人の可能性」 暴行事件で再審請求へ(4日)朝日

約20年前に女性に暴行をしたとして有罪判決を受け、服役した中部地方の男性が、「DNA型鑑定をやり直したら、真犯人とは別人の可能性があるという結果が出た」として、今月中にも再審請求する方針であることがわかった。有罪の決め手となった当時のDNA型鑑定は、再審無罪が確定した足利事件で「証拠能力がない」と判断されて問題となったのと同じ手法だったという。
 男性のDNA型鑑定のやり直しに協力したのは、足利事件でも弁護人を務めた佐藤博史弁護士。佐藤弁護士によると、男性は約20年前に逮捕され、一貫して無罪を主張していた。しかし、事件現場に残された犯人の体液と男性のDNA型が一致したなどとして、有罪判決が確定。現在は服役を終えているという。
 当時のDNA型鑑定は「MCT118型」と呼ばれる手法。捜査への導入間もない時期で、1千人に1人程度を特定できる精度しかなかったという。そこで今年に入り、男性の口内の細胞を使って、当時よりも高い精度でDNA型鑑定を実施したところ、犯人の鑑定結果とは異なる可能性があることが分かったという。
 佐藤弁護士は「当時の現場に残された試料が残っていれば、改めて最新のDNA型鑑定をするよう求めたい。そうすれば、犯人と別人かどうかはっきりする」と話している。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASG845D8DG84UTIL02M.html

« 客引き消え、風俗案内所次々 迷惑防止条例2カ月の金沢 (4日)共同 | トップページ | 韓国人男性、遊歩道から転落死 富山・黒部(5日)産経 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 客引き消え、風俗案内所次々 迷惑防止条例2カ月の金沢 (4日)共同 | トップページ | 韓国人男性、遊歩道から転落死 富山・黒部(5日)産経 »