« 同級生殺害事件 前日に医師“入院打診”断る(5日)テレビ朝日 | トップページ | 段ボール箱から女性の遺体 警察が捜査(5日)NHK »

2014年8月 5日 (火)

危険ドラッグ、死者41人 12年以降、摘発体制強化へ(5日)共同

危険ドラッグ対策に関する衆院厚生労働委員会の閉会中審査で4日、警察庁の担当者は、危険ドラッグ使用が原因と疑われる死者が2012年以降、少なくとも41人に上ると明らかにした。田村憲久厚生労働相は、摘発に当たる麻薬取締部の体制強化が必要と述べた。
 警察庁によると、12年が8人、13年が9人、今年は上半期で24人に上った。交通事故は含まれておらず、変死体が見つかった現場で危険ドラッグが発見されたり、関係者の証言などから使用が認められたりした事案を集計した。
 田村厚労相は、麻薬取締部の検査機器や人員拡充など来年度予算の概算要求に向け検討を進める考えを示した。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014080401002259.html

« 同級生殺害事件 前日に医師“入院打診”断る(5日)テレビ朝日 | トップページ | 段ボール箱から女性の遺体 警察が捜査(5日)NHK »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 同級生殺害事件 前日に医師“入院打診”断る(5日)テレビ朝日 | トップページ | 段ボール箱から女性の遺体 警察が捜査(5日)NHK »