カテゴリー

« 神社でボンベ爆発、4人負傷=町内会の祭り会場-東京・江東(2日)時事 | トップページ | 着陸後に機体から“飛び降り” 33歳男を逮捕(3日)テレビ朝日 »

2014年8月 2日 (土)

四国で猛烈な雨 土砂災害に警戒(2日)NHK

大型の台風12号の影響で、四国では猛烈な雨が降り続き、土砂災害や川の氾濫の危険性が非常に高くなっています。
これから3日の明け方にかけても猛烈な雨が降るおそれがあり、気象庁は厳重な警戒を呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、大型の台風12号は九州の西の東シナ海を北上し、午後6時には1時間に15キロの速さで北北西へ進んでいます。
中心の気圧は980ヘクトパスカルで、このあと韓国の西の黄海に進む見込みです。
台風の影響で、西日本の各地では南から湿った空気が流れ込み、激しい雨が降っています。
午後6時半までの1時間には、宮崎県の延岡市北方で64ミリ、高知県仁淀川町の鳥形山で61.5ミリの非常に激しい雨を観測したほか、国土交通省が高知県香美市に設置した雨量計では、午後6時20分までの1時間に89ミリの猛烈な雨を観測しました。
また、徳島県が海陽町宍喰浦に設置した雨量計では、午後4時までの1時間に112ミリの猛烈な雨を観測しました。
さらに、レーダーによる解析では、高知県の東洋町付近で午後3時までの1時間におよそ120ミリの猛烈な雨が降ったとみられます。
九州南部と四国では、降り始めからの雨量が多いところで550ミリから650ミリに達しています。
愛媛県と徳島県、高知県、それに宮崎県では土砂災害の危険性が非常に高くなっている地域があり、徳島県では川が増水して氾濫の危険性が高くなっている地域があります。
これから3日にかけて台風の動きが遅くなるため、西日本では湿った空気が流れ込みやすい状態が長く続き、各地で激しい雨が降る見込みです。
四国では3日の明け方にかけて1時間に100ミリから120ミリの猛烈な雨が降るおそれがあり、九州でも3日の夕方にかけて1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。
3日の夕方までに降る雨の量は、いずれも多いところで、四国の太平洋側で400ミリ、四国の瀬戸内側で300ミリ、九州北部で200ミリ、九州南部で150ミリ、近畿で120ミリなどと予想されています。
一方、上空の寒気の影響で東北や東日本などでも大気の状態が不安定になり、午後5時半までの1時間には、福島県田村市で62ミリ、長野県の野沢温泉村で50ミリの非常に激しい雨が降りました。
東北や東日本では、これから2日夜遅くにかけて局地的に激しい雷雨となるおそれがあります。
気象庁は、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に厳重に警戒するとともに、強風や高波、落雷、竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。

News_pic1_5
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140802/t10013497491000.html

« 神社でボンベ爆発、4人負傷=町内会の祭り会場-東京・江東(2日)時事 | トップページ | 着陸後に機体から“飛び降り” 33歳男を逮捕(3日)テレビ朝日 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

留置所

無料ブログはココログ