« ASKA被告に懲役3年を求刑(28日)NHK | トップページ | 偽造免許証で携帯詐取容疑 男2人を逮捕 関西でも被害、大分(28日)産経 »

2014年8月28日 (木)

危険ドラッグ対策など予算要求へ 警察庁(28日)NHK

警察庁は、危険ドラッグ対策として、違法な薬物かどうかいち早く特定するための鑑定機器を整備することや、ストーカー対策として被害者を一時的に避難させるホテルの宿泊代を支給する制度を始めることを決め、来年度予算案の概算要求で3400億円余りを求めることになりました。

警察庁は、事件や事故が相次いでいる危険ドラッグや、凶悪化するストーカー事件への対策を強化するため、来年度予算案の概算要求で今年度よりも190億円多い3406億円余りを求めることにしています。
このうち危険ドラッグ対策として、違法な薬物かどうかいち早く照合するための試薬の購入や、鑑定機器の整備費用として、5億2000万円を盛り込んでいます。
さらに、警察への通報や相談が全国で2万件と過去最多となり、凶悪化しているストーカー事件などの対策として、被害者を一時的に避難させる必要がある場合に、ホテルなどの宿泊代を支給する制度を新たに始めることを決め、1億3000万円余りを盛り込んでいます。
また、ストーカー行為で被害者に近づかないように警告を受けた加害者の情報を、警察官が即座に照会できるシステムの改修費用として2900万円を盛り込むことにしています。

News_pic1_4
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140828/k10014155161000.html

« ASKA被告に懲役3年を求刑(28日)NHK | トップページ | 偽造免許証で携帯詐取容疑 男2人を逮捕 関西でも被害、大分(28日)産経 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ASKA被告に懲役3年を求刑(28日)NHK | トップページ | 偽造免許証で携帯詐取容疑 男2人を逮捕 関西でも被害、大分(28日)産経 »