« 千葉県警巡査部長を逮捕 少女にみだらな行為疑い(12日)産経 | トップページ | 16歳少女遺体、「“産廃の仕事”と持ちかけられた」 (12日)TBS »

2014年8月12日 (火)

タイの女、覚醒剤密輸容疑 新潟空港で初摘発(12日)産経

新潟県警は12日、新潟空港に覚醒剤を密輸したとして覚せい剤取締法違反(営利目的密輸)の疑いでタイ人の女を逮捕し、新潟地検が同法違反罪で起訴したと発表した。東京税関新潟税関支署によると、新潟空港での覚醒剤密輸摘発は初めて。
 県警や新潟税関支署によると、女は無職、キンパー・ビパウィー被告(29)。7月20日午後、中国・上海から韓国を経由した航空機で新潟空港に到着した際、覚醒剤約1.5キロ(末端価格約1億400万円相当)を紙に包んでビニールテープで巻いた上、スーツケースの二重底に隠して密輸したとして、逮捕された。
 税関職員がエックス線検査などで発見した。被告は「空港を出たら連絡が来る予定だった。成功報酬をもらうことになっていた」などと供述したという。

Msn_s1_3http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140812/crm14081212310007-n1.htm

« 千葉県警巡査部長を逮捕 少女にみだらな行為疑い(12日)産経 | トップページ | 16歳少女遺体、「“産廃の仕事”と持ちかけられた」 (12日)TBS »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉県警巡査部長を逮捕 少女にみだらな行為疑い(12日)産経 | トップページ | 16歳少女遺体、「“産廃の仕事”と持ちかけられた」 (12日)TBS »