« 救助犬も懸命の捜索…各団体から延べ84頭(25日)読売 | トップページ | 元議員秘書ら2100万円詐取か 「医大に裏口入学」かたる 警視庁に被害相談(25日)産経 »

2014年8月25日 (月)

米記者殺害、容疑者を特定 英紙報道、23歳ヒップホップアーティスト(25日)産経

【ロンドン=内藤泰朗】英日曜紙サンデー・タイムズは24日、英保安当局が米国人ジャーナリスト、ジェームズ・フォーリー氏を処刑したイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の構成員に関し、「有力な容疑者」を特定したと報じた。
 報道によると、容疑者として浮上したのは、ロンドン西部に住んでいたヒップホップアーティストのアブデル-マジェド・アブデル・バリー容疑者(23)。1年前に英国を出国していた。
 バリー容疑者はエジプトにルーツがあるとされ、父親は1998年のケニアとタンザニアの米国大使館爆破事件に関与したとして、米国当局からテロ罪で起訴されている。
 「ジハディ(聖戦主義の)・ジョン」のニックネームを持ち、今年6月、ツイッターで「薄汚れた者(異教徒)たちよ、ライオンは間もなくお前たちの裏庭に首を切りに現れる」と書き込んでいたという。
 ハモンド英外相はサンデー・タイムズに寄稿、実行犯の行為は国民がよりどころとするすべてへの「完全な裏切り」と述べ、「野蛮なイスラム過激主義は、私たちの国にも脅威となっている」と警鐘を鳴らした。

Msn_s1http://sankei.jp.msn.com/world/news/140825/erp14082501240001-n1.htm

« 救助犬も懸命の捜索…各団体から延べ84頭(25日)読売 | トップページ | 元議員秘書ら2100万円詐取か 「医大に裏口入学」かたる 警視庁に被害相談(25日)産経 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 救助犬も懸命の捜索…各団体から延べ84頭(25日)読売 | トップページ | 元議員秘書ら2100万円詐取か 「医大に裏口入学」かたる 警視庁に被害相談(25日)産経 »