« 風俗店員の名簿、本籍記載の義務を削除 警察庁が改正案(21日)朝日 | トップページ | 喫茶店で拳銃発砲 暴力団関係者か? 東京・江戸川(21日)産経 »

2014年8月21日 (木)

「黒子のバスケ」脅迫判決 懲役4年6か月(21日)日本テレビ

人気漫画「黒子のバスケ」をめぐる脅迫事件で、派遣社員の男に対し、東京地裁は「まさに八つ当たりというしかない」などとして懲役4年6か月の実刑判決を言い渡した。
 派遣社員の渡辺博史被告(36)は「黒子のバスケ」関連のイベントや商品の販売の中止などを求め脅迫状を送ったとして威力業務妨害の罪に問われている。渡辺被告はこれまでの裁判で動機について「『黒子のバスケ』の作者は自分が手に入れられなかったものをもっていた」などと話していた。
 21日の判決で東京地裁は、「作者へのねたみなどから生じた屈折した感情のはけ口を作者や商品への攻撃にむけたもので、まさに八つ当たりというしかない」と厳しく指摘した。その上で「被害者の業務に多大な支障を与えた悪質な犯行」「裁判でも反省する気はないと豪語している」として、渡辺被告に求刑通り懲役4年6か月の実刑判決を言い渡した。

2010_0318_173406banner011http://www.news24.jp/articles/2014/08/21/07257626.html

« 風俗店員の名簿、本籍記載の義務を削除 警察庁が改正案(21日)朝日 | トップページ | 喫茶店で拳銃発砲 暴力団関係者か? 東京・江戸川(21日)産経 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風俗店員の名簿、本籍記載の義務を削除 警察庁が改正案(21日)朝日 | トップページ | 喫茶店で拳銃発砲 暴力団関係者か? 東京・江戸川(21日)産経 »