« 富士登山道に落書き 赤いスプレーで「INDONESIA」 9合目(7日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2014年8月 7日 (木)

札幌の病院で医師が刺される 患者の男逃走(7日)共同

日午前10時25分ごろ、札幌市東区の勤医協中央病院で、60代の患者の男が男性医師の腕などを刃物で切りつけ、逃走したと110番があった。札幌・東署などによると、襲われたのは消化器内科の医長、古山準一さん(50)。わき腹を刺されたほか複数の傷があるものの、意識はあり、命に別条はないという。
 東署によると、古山さんが内科の診察室で、2人きりで患者の男を診察していたところ、突然襲われたという。女性看護師が部屋に入ると、男は診察室を出た。男は白い半袖のポロシャツと黒いズボン姿で、札幌市在住。軽乗用車で逃げたといい、東署は殺人未遂容疑で男の行方を追っている。

2010_0123_11120247newslogo1_4http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014080701000936.html

« 富士登山道に落書き 赤いスプレーで「INDONESIA」 9合目(7日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事