« 都内ホームレス、4割が襲撃経験 NPO調査「実態は非常に深刻」(14日)共同 | トップページ | 段ボールの遺体「越谷のアパートで梱包」 容疑者供述(15日)朝日 »

2014年8月15日 (金)

「夜が来るたび不安」 襲撃されたホームレス男性、体験を語る(15日)産経

「夜が来るたびに不安」。襲撃された経験のあるホームレスの男性2人が14日、都庁で記者会見し、花火を撃ち込まれたり、鉄パイプで襲われたりした体験や心境を語った。
 墨田区で暮らす60代男性は今春の深夜、中学生とみられる5、6人のグループにロケット花火を撃ち込まれたり、石を投げ込まれたりした。襲撃は何十分にも及び「死ね」と言われたという。この男性は「今晩も来るんじゃないかと寝られないし、気を緩められない」と日焼けした顔をこわばらせた。
 台東区の60代男性は最近も就寝中に突然、中学生か高校生ぐらいの2人組に爆竹を投げられた。ほかに、中学生ぐらいの3人組が水道用の鉄パイプを振り回して向かってきたことも。近くにいたパトカーに助けを求め、無事だったという。

Msn_s1http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140814/crm14081422030028-n1.htm

« 都内ホームレス、4割が襲撃経験 NPO調査「実態は非常に深刻」(14日)共同 | トップページ | 段ボールの遺体「越谷のアパートで梱包」 容疑者供述(15日)朝日 »

一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 都内ホームレス、4割が襲撃経験 NPO調査「実態は非常に深刻」(14日)共同 | トップページ | 段ボールの遺体「越谷のアパートで梱包」 容疑者供述(15日)朝日 »