« 利根川河川敷に白骨遺体 埼玉(23日)産経 | トップページ | 廃家電のタイへの不正輸出、警視庁が異例の捜索(23日)読売 »

2014年8月23日 (土)

鉄筋200本倒れ作業員下敷き、2人死亡1人重傷 東京(23日)朝日

22日午後6時55分ごろ、東京都江戸川区西葛西2丁目のマンションの建築現場で、鉄筋約200本(1本の長さ約4メートル、直径約4・5センチ、重さ約40キロ)が倒れ、男性作業員3人が下敷きになった。2人が死亡、1人が骨盤骨折などの重傷。警視庁は業務上過失致死傷容疑で調べている。
 葛西署によると、死亡したのは、千葉県船橋市の高橋健太さん(30)と江戸川区キューバ国籍の男性(29)、重傷は千葉県市川市の40代男性とみられ、身元を確認している。
 署の説明では、鉄筋は柱の基礎で、コンクリートを流し込んで固める。当時はまだコンクリートを入れておらず、鉄筋は通常、ワイヤで束ねて立て掛けているが、何らかの原因で倒れたらしい。
 現場は、地下鉄西葛西駅から北西に約500メートルのマンションや住宅が立ち並ぶ一角。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASG8Q6WWBG8QUTIL04T.html

« 利根川河川敷に白骨遺体 埼玉(23日)産経 | トップページ | 廃家電のタイへの不正輸出、警視庁が異例の捜索(23日)読売 »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 利根川河川敷に白骨遺体 埼玉(23日)産経 | トップページ | 廃家電のタイへの不正輸出、警視庁が異例の捜索(23日)読売 »