« セクハラで警部補を懲戒処分=同僚女性に強引にキス-和歌山県警(26日)時事 | トップページ | 警察官3千人増員要求へ ストーカーやDV、五輪対策で(26日)共同 »

2014年8月26日 (火)

熱中症で搬送 再び増加し前週の2倍に(26日)NHK

先週、熱中症で病院に運ばれた人は全国で5186人に上り、前の週の2倍以上となり、再び増加したことが総務省消防庁の調べで分かりました。
これで、この夏に熱中症で病院に運ばれた人は全国で3万8000人となり、総務省消防庁は、今後も残暑が続くため熱中症の予防に努めてほしいと呼びかけています。

総務省消防庁によりますと、今月18日から24日までの1週間に熱中症で病院に運ばれた人は、全国で5186人に上りました。
1週間ごとの熱中症の搬送者の数は、このところ3週連続で減少していましたが、先週は前の週の2269人と比べて2倍以上となり再び増加しました。
都道府県別では東京が617人と最も多く、次いで埼玉が537人、神奈川が341人、千葉が332人、愛知が314人などとなっていて、関東地方の1都6県だけで全体の46%に当たる2408人が搬送されました。
また、先週、死亡したのは5人で、今月20日には栃木県足利市で、1人暮らしの68歳の女性が自宅で倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。
この夏に熱中症で病院に運ばれた人は、全国で3万8712人、死者は53人に上っていて、総務省消防庁は、今後も残暑が続くためこまめに水分補給を行うなど熱中症の予防に努めてほしいと呼びかけています。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140826/k10014089311000.html

« セクハラで警部補を懲戒処分=同僚女性に強引にキス-和歌山県警(26日)時事 | トップページ | 警察官3千人増員要求へ ストーカーやDV、五輪対策で(26日)共同 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事