« 犯人と同型のサンダル公開 愛知の会社役員強盗殺人(11日)共同 | トップページ | 男性2人が飛び込み死亡 同時に自殺図ったか(11日)産経 »

2014年8月11日 (月)

返さなければ顔公開…「万引き犯」警告に波紋(11日)読売

古い玩具や漫画などを販売する古書店「まんだらけ」(東京)で、鉄人28号の人形を万引きしたとされる男の写真がインターネットのホームページに掲載されている。
 顔にはモザイクがかけられているが、人形を返さない場合は「モザイクを外す」と警告しており、有識者からは「気持ちは分かるがやり過ぎ」との指摘も出ている。
 まんだらけのホームページには、警告文と盗まれた鉄人28号の人形の写真、さらに万引きをしたとされる男の写真が、顔にモザイクをかけた状態で公開されている。12日までに男が返さなかった場合、顔写真のモザイクを外して公開するとしている。同書店は警視庁中野署に万引きの被害届を提出している。
 まんだらけのネット掲載について、ネット関連の法律に詳しい森亮二弁護士は「男の行為は窃盗罪。難しいケースだが、モザイクを外して顔写真を公開すると脅すことは、脅迫罪に該当する可能性がある」と指摘する。
 甲南大法科大学院の園田寿教授(刑法)は「書店の気持ちも分かるが、多くの店が同様のことをしたら社会が混乱する」と話し、「モザイクが外され、窃盗犯としてネット上に公開すれば、男への名誉毀損罪が成り立つ。店側の行為が公益目的と認定されれば名誉毀損罪は免責されるが、このケースは該当しないだろう」と分析する。
 まんだらけは「全ては盗んだ方の出方次第。返還されない場合は画像公開、犯人の特定を行う」とのコメントを出した。
 警察庁によると、2013年の万引きの認知件数は約12万6000件。単純計算では1日あたり約350件発生している。

2014年08月11日 11時53分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140811-OYT1T50032.html?from=ycont_top_txt

« 犯人と同型のサンダル公開 愛知の会社役員強盗殺人(11日)共同 | トップページ | 男性2人が飛び込み死亡 同時に自殺図ったか(11日)産経 »

窃盗事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 犯人と同型のサンダル公開 愛知の会社役員強盗殺人(11日)共同 | トップページ | 男性2人が飛び込み死亡 同時に自殺図ったか(11日)産経 »