« 2014年8月4日 | トップページ | 2014年8月6日 »

2014年8月5日

2014年8月 5日 (火)

笹井氏自殺、STAP細胞の検証実験に影響も(5日)読売

STAP細胞の論文で、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井副センター長は、責任著者の一人だった。笹井氏が亡くなったことで、STAP細胞が存在したかどうかを確かめる理研の検証実験や、不正が認定された論文の作成過程の解明に、影響が出る恐れがある。
 笹井氏は再生医療の研究分野で第一人者として知られていた。理研の小保方ユニットリーダーは2012年、若山照彦・現山梨大教授(47)らとともに執筆したSTAP細胞の論文を、英科学誌ネイチャーなど計3誌の著名な科学誌へ投稿したが、掲載を果たせなかった。
 笹井氏は12年末に論文の作成に参加し、13年にネイチャーへ再度、投稿した。掲載が認められたのは、笹井氏の論文執筆能力や研究実績への信頼が高かったことも理由とみられている。

2014年08月05日 17時33分 Copyright © The Yomiuri Shimbun http://www.yomiuri.co.jp/science/20140805-OYT1T50124.html?from=ytop_top

| コメント (0)

コンビニ店員が自動車税35万円を着服 督促状届き発覚 北海道(5日)産経

北海道は5日、北海道幕別町の「セブン-イレブン幕別札内文京町店」の男性従業員(38)が、店頭で支払われた自動車税の代金35万3千円を着服していたと発表した。店舗のオーナーは7月、従業員を解雇した。
 道によると、従業員は5~6月、店舗で8人が支払った自動車税の代金を、レジを通さずに着服。領収印を押し、領収書を渡していた。
 自動車税の代金を支払ったはずなのに納税の督促状を受けた人が不審に思い、7月に道に連絡して発覚した。
 未収納分の代金は、オーナーが道に支払った。オーナーは今後、道警に被害届を出すという。
 また、道はローソンなどのコンビニ計3店舗で自動車税代金を受け取った際に作業ミスがあり、代金を支払った4人に督促状を送付していたことも明らかにした。

Msn_s1_3http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140805/crm14080519530031-n1.htm

| コメント (0)

橋の銘板窃盗、男ら5人逮捕 924枚押収(5日)日本テレビ

福井県内を始め全国各地で橋やトンネルの銘板が盗まれた事件で、福井県警は建築業を営む男ら5人を逮捕した。
 逮捕されたのは、福井市内で建築業を営む宮本和浩容疑者(43)や南越前町の土木作業員の少年(17)ら計5人。警察の調べによると、5人は2011年3月から今年5月にかけて、福井県内や石川県内で橋やトンネルの名前を表示する金属製の銘板を盗んだ疑い。5人は現在廃業中の大野市の旧六呂師ハイランドホテルで銅線などを盗んだ疑いで今年6月に逮捕されており、その後の調べで犯行が明らかになったもの。
 メンバーのほとんどは宮本容疑者の会社の元従業員で、警察は犯行に使ったとみられる車や銘板924枚を押収した。銘板はいずれも大阪市内の港で中国に出荷するコンテナの中から見つかっており、5人が銘板を中国に売りさばく目的で盗みを重ねていたとみて、さらに追及している。

2010_0318_173406banner011http://www.news24.jp/articles/2014/08/05/07256552.html

| コメント (0)

段ボール箱に女性遺体、死後3日ほどで死因は不明 (5日)TBS

段ボール箱の女性の遺体は、死後3日ほどたっているとみられることが分かりました。
 栃木県佐野市にある広大な採石場。そのすぐそばを走る県道下の斜面で4日、不審な段ボール箱が見つかりました。
 「通常(不法投棄は)ないところなので、我々が自分たちで捨てることはない。(段ボール箱は)大きかったと聞いている」(通報した採石場の人)
 箱に入っていたのは、女性の遺体でした。警察によりますと、女性は年齢15歳から35歳くらい、身長160センチくらいの小太りで、髪の毛は茶色と一部が赤、目立った外傷はなく、衣服は身に着けているものの身元が特定できるものは見つかっていません。
 警察は5日、司法解剖を行い、その結果、遺体は死後3日ほどたっているとみられることが新たに分かりました。死因は分かりませんでした。
 段ボール箱は複数の箱をつなぎあわせたもので、警察は死体遺棄事件として捜査しています。(05日17:47)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2266966.html

| コメント (0)

ホームレス暴行:三重県警が少年4人強盗傷害容疑逮捕(5日)毎日

三重県松阪市京町一区の公園で5日未明、寝ていたホームレスの男性(61)が若い男6人に暴行を受けた事件で、県警松阪署は同日、中学生を含む14〜17歳の少年4人=いずれも同市内=を強盗傷害の疑いで逮捕した。容疑は男性に殴る蹴るの暴行を加えて頭などに全治1週間の打撲を負わせ、預金通帳などが入ったリュックサックを奪ったとしている。3人は容疑を認め、1人は否認しているという。
 同署は事件に関わったとみられる他の男2人の行方を追っている。【井口慎太郎】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20140806k0000m040085000c.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(5、6日単位・レベル)
荒れる少年④
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

F1010276

 昨日は未就学児が殺人の被害者になるケースが多いと書いたが、今日は、14歳に満たない子ども達の犯罪についてだ。少年犯罪の中でも低年齢の犯罪なので罪種が限られることなどもあり、あまりニュースにはなっていない。
 警察庁によると13歳未満の少年が刑罰に触れる行為をした場合、触法少年と呼称している。25年に補導されたその人員数は941人で前年より135人少なく、平成16年から増加し続けていたが初めて減少傾向を示した。内訳は男が809人、女は132人。
 年齢別では13歳が最も多く448人。以下、12歳が198人、11歳が101人と続くが8歳以下が64人もいた。低年齢化が伺える。罪種別では軽犯罪法が763人。児童買春・児童ポルノが146人で迷惑防止条例でも51人補導されている。
 万引、オートバイ盗、自転車盗及び占有離脱物横領を総合して「初発型非行」というが、25年に補導された人員数は7877人。前年に比べて1355人少なく過去10年で最も少なかった。順位は万引が5058人、自転車盗1245人、占有離脱物横領が1083人の順だ。
 今、問題になっているのが自転車盗。25年の認知件数は30万件を超え、検挙率が5.4%と刑法犯罪種別で最も低い。
 その背景には自転車の盗難を届けると認知件数1件。盗まれたその自転車が路上に放置され、カギがないので別の人間がそれを乗り回して検挙されると占有離脱物横領の認知件数1件で検挙1件となる。このため占脱以前の窃盗の部分がいつまでたっても検挙にならないため検挙率が低い。
 この数字が刑法犯全体の「検挙率」を下げており、いつまでも数字治安は改善されない。
 子どもにも解錠できるような施錠が問題だ。さらに自転車の値段が安く、盗まれても保険金がおりて、また新品を買えるという悪循環があることだ。治安を良くしたいのなら錠をしっかりすべきだ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 ★ 別室に小説コーナーがあります。
 http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

名城線金山駅のトンネルに侵入 中署、男を逮捕(5日)共同

4日午後11時40分ごろ、名古屋市中区金山1の市営地下鉄名城線金山駅で、男がホームから線路に下りてトンネル内に侵入。電車の緊急停止装置が作動したため駅員がトンネルに入って男を取り押さえ、駆けつけた中署員が業務妨害の疑いで現行犯逮捕した。
 中署によると、男は愛知県豊明市大久伝町南、無職浅井直樹容疑者(21)で、容疑を認めている。直前に駅の近くで迷惑行為をしたとして被害女性にとがめられ、走って駅構内に逃げ込んだという。この影響で名城・名港線は上下線計16本が最大で19分遅れた。(中日新聞)

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014080590132050.html

| コメント (0)

埼玉・三郷市の団地で不審火5件、連続放火か (5日)TBS

5日未明、埼玉県・三郷市の団地でゴミ集積所のゴミが焼ける不審火があわせて5件、相次ぎました。警察は同一犯による連続放火事件の可能性もあるとみて捜査しています。
 5日午前1時頃、三郷市・彦成にある「みさと団地」のゴミ集積所で、近くに住む男性が可燃ゴミから火が出ているのを見つけ、通報しました。消防が駆けつけ、火はまもなく消し止められましたが、この15分後には、すぐ近くでもゴミが焼けるなど、半径400メートルほどの範囲のいずれも同じ団地内のゴミ集積所でゴミが燃える不審火がおよそ1時間の間に5件、相次ぎました。一連の不審火によるけが人はいませんでしたが、警察は、同一犯による連続放火事件とみて捜査しています。
 現場の団地では、先月29日にも同じようにゴミ集積所のゴミが焼ける不審火が2件あり、警察は関連を調べています。(05日11:21)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2266979.html

ストーカー罰則強化へ=SNS連続送信も禁止-有識者検討会が提言・警察庁(5日)時事

20140805ax021

被害が拡大しているストーカー対策を議論してきた警察庁の有識者検討会は5日、ストーカー規制法の罰則を強化すべきだとする報告書をまとめた。インターネット交流サイト(SNS)を使ったつきまといと、被害者の周辺をうろつく行為を新たに同法で禁じることも提言した。
 規制法は議員立法で成立したため、警察庁は今後、法改正に向けて関係議員と協議する。
 ストーカー行為の罰則は「6月以下の懲役か50万円以下の罰金」で、禁止命令に反して続けた場合は「1年以下、100万円以下」とされている。しかし、逮捕された加害者が実刑となるのは5%に満たず、大半は起訴猶予や罰金刑、執行猶予付き有罪判決で短期間に釈放されている。
 検討会では「半年や1年は軽すぎる」と罰則強化を求める意見が続出。「重い方が、加害者が治療を受ける動機付けとなり、重大犯罪であると社会に認識させられる」点も考慮し、「国民の納得のいく重さまで引き上げるべきだ」と提言した。
 ネットを使ったストーカー行為は現在、電子メールの連続送信が禁止されている。しかし、最近はLINE(ライン)やフェイスブックなどSNSを利用した被害が約2割に上り、今後も増加が見込まれる。報告書はSNSによるメッセージの連続送信を規制した上で、別の新しい手段の登場を見据えた包括規制を検討するよう求めた。
 被害者の住居や職場を理由なくうろつく「徘徊(はいかい)」も、見張りや押し掛けと同様だとして禁止を提言した。
 法改正以外では、警告・摘発されてもストーカーを続ける加害者対策の重要性を指摘。更生プログラムの導入を、警察が扱ったときや他の機関が相談を受けた際、服役中と保護観察中の各段階で検討すべきだとした。(2014/08/05-11:15)

2014/08/05-11:15

Top_header_logo21http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

| コメント (0)

深夜1人勤務の「すき家」に強盗 女性バイトが被害(5日)テレビ朝日

千葉県市原市の牛丼店「すき家」に刃物を持った男が押し入り、1人で勤務していた女性アルバイトを脅して現金を奪って逃げました。すき家は、深夜の1人勤務を改善する方針を打ち出したばかりでした。
 5日午前3時すぎ、市原市のすき家市原能満店で、強盗被害に遭ったと女性アルバイトから通報がありました。警察によりますと、マスクをした男がカウンターの中に押し入り、1人で勤務していた27歳の女性アルバイトに刃物のようなものを突き付け、「金を出せ」と脅しました。アルバイトがレジから約5万円を渡すと、男はそのまま逃げました。店内に客はおらず、女性アルバイトにけがはありませんでした。勤務する人数が少なすぎるとの指摘を受け、すき家の経営側は深夜の1人勤務を解消する方針を打ち出したばかりでした。

2009_1229_211958annlogo1_2 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000032001.html

| コメント (0)

【理研・笹井氏自殺】医師が死亡を確認 小保方氏の指導役(5日)産経

兵庫県警などによると、5日午前、神戸市の理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)に隣接する先端医療センター病院の医師が、笹井芳樹CDB副センター長(52)の死亡を確認したという。
 笹井氏は新型万能細胞とされた「STAP細胞」の論文を執筆した小保方晴子氏(30)の指導役。今年1月に理研が成果を発表した記者会見にも同席しており、論文疑惑が発覚した後も、細胞が存在する可能性を強調していた。
 笹井氏は兵庫県出身。昭和61(1986)年に京都大医学部を卒業。平成15(2003)年に理研に入り、25年から副センター長を務めている。http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140805/waf14080510400016-n1.htm

続きを読む "【理研・笹井氏自殺】医師が死亡を確認 小保方氏の指導役(5日)産経"

| コメント (0)

小樽飲酒ひき逃げ事件 「危険運転」適用せず 札幌地検「過失」で起訴(5日)北海道

小樽市銭函の市道で7月、海水浴帰りの女性4人がひき逃げされ、3人が死亡、1人が重傷を負った事件で、札幌地検は4日、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の罪で札幌市西区、飲食店従業員海津雅英(かいづまさひで)容疑者(31)を札幌地裁に起訴した。罰則のより重い自動車運転処罰法違反の危険運転致死傷罪は適用しなかった。

 起訴状によると、海津被告は7月13日午後4時半ごろ、おたるドリームビーチに通じる小樽市銭函3の市道で、酒気帯び状態でRVを運転し、不注意により歩行中の女性4人をはねた後、そのまま逃走。3人を死亡させ、1人に重傷を負わせたとしている。
 死亡した3人は、岩見沢市のスーパー店員瓦(かわら)裕子さん=当時(30)=と同市の会社員原野沙耶佳(はらのさやか)さん=同(29)=、札幌市南区の医療機関事務員石崎里枝さん=同(29)=。頸椎(けいつい)骨折などの重傷を負ったのは札幌市豊平区の会社員中村奈津子さん(30)。4人は高校時代の同級生だった。
 海津被告は逮捕後の調べに対し、「ビーチで酒を長時間飲んだ。近くのコンビニエンスストアにたばこを買いに行くため、1人で車を運転した」などと供述。海水浴から帰る途中の4人を、ブレーキを踏まずに背後からはねたとみられる。

Logo1http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/555060.html

| コメント (0)

八幡西区黒崎1丁目でひき逃げ 容疑で19歳少年逮捕(5日)西日本

福岡県警八幡西署は4日、自動車運転処罰法違反(無免許過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで北九州市八幡西区のアルバイト少年(19)を逮捕した。逮捕容疑は3日午前7時すぎ、八幡西区黒崎1丁目で軽乗用車を運転中、同市小倉南区の会社員男性(23)と八幡西区の会社員男性(54)の車に衝突し、それぞれ全治5日と2週間のけがを負わせ、現場から立ち去った疑い。

=2014/08/04 西日本新聞=http://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/105737

| コメント (0)

「拳銃と現金盗まれ殺害」 服役中の男ら供述(5日)朝日

 強盗罪などで服役中の30代と20代の男2人が、大阪府内の30代の男性の殺害と死体遺棄を供述している事件で、2人が神奈川県警と警視庁の調べに対し、「拳銃と現金300万円も盗まれたために殺した」と供述していることが捜査関係者への取材で分かった。
 県警などは4日、遺体を埋めたとする静岡県伊東市の住宅敷地内を死体遺棄容疑などで捜索。5日以降も捜索を続ける方針だ。
 2人の供述などによると、30代の男は約30万円で男性から拳銃を購入。男性の車のダッシュボードに拳銃を隠していたが、その車が盗まれたという。男性が合鍵を使って知人に車を盗ませたとみられるという。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASG8451F5G84ULOB015.html

| コメント (0)

空港で働く人 許可証発行で犯罪歴確認へ(5日)NHK

国土交通省は、テロ対策を強化するとして、航空会社の社員など空港で働く人を対象に、立ち入り制限区域に入るための許可証を発行する際、ことし10月からは、犯罪歴を確認するよう全国の空港に要請しました。

国や自治体の空港事務所や空港管理会社では、航空会社の社員や免税店の従業員など空港で働く人を対象に、手荷物検査場より先の立ち入り制限区域に入るための許可証を発行しています。
これについて国土交通省は、先月、全国の空港に対し、許可証を発行する際、犯罪歴を確認するよう要請しました。
実施はことし10月からで、禁錮以上の刑を受け、刑の執行が終わってから5年未満の場合、報告の対象となります。
犯罪歴の確認は、ICAO=国際民間航空機関が、テロ対策を強化すべきだとして各国に求めていたもので、欧米ではすでに実施されていて、日本の場合、確認の対象は、数万人に上るとみられるということです。
一方、確認は任意で、確認に応じない場合や犯罪歴がある場合も、許可証は発行されるということです。
国土交通省は「プライバシーや職業選択の自由を侵すものではなく、あくまで対策強化のためだ」と説明しています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140805/k10013549701000.html

| コメント (0)

段ボール箱から女性の遺体 警察が捜査(5日)NHK

4日、栃木県佐野市で道路下の斜面に置いてあった大型の段ボール箱の中から女性の遺体が見つかり、警察は身元の確認を進めるとともに死体遺棄事件として捜査しています。

4日午前11時すぎ、佐野市仙波町の県道下の斜面で、大型の段ボール箱が置いてあるのを通りかかった車の運転手が見つけました。運転手から連絡を受けた会社からの通報で、警察が箱の中を確認したところ女性の遺体が入っているのが見つかりました。
警察によりますと女性は年齢が20代から30代とみられ、身長が1メートル60センチぐらいで、目立った外傷はないということです。
また、女性は段ボール箱の中に横たわった状態で入れられ、箱はこん包されていたということです。現場は佐野市北部の山の中を通る県道下の斜面で、付近に住宅などはなく、人通りの少ない場所です。警察は女性の身元確認や死因の特定を進めるとともに、死体遺棄事件として捜査しています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140805/k10013551021000.html

| コメント (0)

危険ドラッグ、死者41人 12年以降、摘発体制強化へ(5日)共同

危険ドラッグ対策に関する衆院厚生労働委員会の閉会中審査で4日、警察庁の担当者は、危険ドラッグ使用が原因と疑われる死者が2012年以降、少なくとも41人に上ると明らかにした。田村憲久厚生労働相は、摘発に当たる麻薬取締部の体制強化が必要と述べた。
 警察庁によると、12年が8人、13年が9人、今年は上半期で24人に上った。交通事故は含まれておらず、変死体が見つかった現場で危険ドラッグが発見されたり、関係者の証言などから使用が認められたりした事案を集計した。
 田村厚労相は、麻薬取締部の検査機器や人員拡充など来年度予算の概算要求に向け検討を進める考えを示した。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014080401002259.html

| コメント (0)

同級生殺害事件 前日に医師“入院打診”断る(5日)テレビ朝日

長崎県佐世保市で高校1年の女子生徒が同級生を殺害したとされる事件で、女子生徒(16)の父親が事件前日、医師に娘の入院を打診したものの断られていたことを明らかにしました。
 4日、女子生徒の父親は、事件の経緯について記した文書を公表しました。文書によりますと、事件の3日前には、女子生徒が再婚した母親に「ネコを殺すことが楽しみだった」「人を殺してみたい」などと話し、母親が医師に相談していたということです。これを受け、事件前日には、医師、カウンセラーと両親の4人が集まりました。その場で父親が医師に娘の入院を打診したものの「個室はあるが、その1つを独占させることになるので難しい」として断られたということです。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000031993.html

| コメント (0)

韓国人男性、遊歩道から転落死 富山・黒部(5日)産経

4日午後3時ごろ、富山県黒部市宇奈月町の標高約800メートル地点にある遊歩道で、韓国人の教員、洪彰基さん(55)がバランスを崩し、約30メートル下に滑落した。洪さんは病院で死亡した。
 富山県警黒部署によると、遊歩道があるのは、黒部峡谷鉄道の欅平駅付近。洪さんは観光旅行で来日し、日本人の友人と2人で、祖母谷温泉から数キロ離れた名剣温泉に向かう途中だった。写真を撮ろうと道の端に寄った際に崖の下に転落した。
 遊歩道には、1メートルほどの高さでロープが張られていたという。

Msn_s1http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140805/dst14080500260001-n1.htm

« 2014年8月4日 | トップページ | 2014年8月6日 »