« 2014年8月1日 | トップページ | 2014年8月3日 »

2014年8月2日

2014年8月 2日 (土)

四国で猛烈な雨 土砂災害に警戒(2日)NHK

大型の台風12号の影響で、四国では猛烈な雨が降り続き、土砂災害や川の氾濫の危険性が非常に高くなっています。
これから3日の明け方にかけても猛烈な雨が降るおそれがあり、気象庁は厳重な警戒を呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、大型の台風12号は九州の西の東シナ海を北上し、午後6時には1時間に15キロの速さで北北西へ進んでいます。
中心の気圧は980ヘクトパスカルで、このあと韓国の西の黄海に進む見込みです。
台風の影響で、西日本の各地では南から湿った空気が流れ込み、激しい雨が降っています。
午後6時半までの1時間には、宮崎県の延岡市北方で64ミリ、高知県仁淀川町の鳥形山で61.5ミリの非常に激しい雨を観測したほか、国土交通省が高知県香美市に設置した雨量計では、午後6時20分までの1時間に89ミリの猛烈な雨を観測しました。
また、徳島県が海陽町宍喰浦に設置した雨量計では、午後4時までの1時間に112ミリの猛烈な雨を観測しました。
さらに、レーダーによる解析では、高知県の東洋町付近で午後3時までの1時間におよそ120ミリの猛烈な雨が降ったとみられます。
九州南部と四国では、降り始めからの雨量が多いところで550ミリから650ミリに達しています。
愛媛県と徳島県、高知県、それに宮崎県では土砂災害の危険性が非常に高くなっている地域があり、徳島県では川が増水して氾濫の危険性が高くなっている地域があります。
これから3日にかけて台風の動きが遅くなるため、西日本では湿った空気が流れ込みやすい状態が長く続き、各地で激しい雨が降る見込みです。
四国では3日の明け方にかけて1時間に100ミリから120ミリの猛烈な雨が降るおそれがあり、九州でも3日の夕方にかけて1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。
3日の夕方までに降る雨の量は、いずれも多いところで、四国の太平洋側で400ミリ、四国の瀬戸内側で300ミリ、九州北部で200ミリ、九州南部で150ミリ、近畿で120ミリなどと予想されています。
一方、上空の寒気の影響で東北や東日本などでも大気の状態が不安定になり、午後5時半までの1時間には、福島県田村市で62ミリ、長野県の野沢温泉村で50ミリの非常に激しい雨が降りました。
東北や東日本では、これから2日夜遅くにかけて局地的に激しい雷雨となるおそれがあります。
気象庁は、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に厳重に警戒するとともに、強風や高波、落雷、竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。

News_pic1_5
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140802/t10013497491000.html

神社でボンベ爆発、4人負傷=町内会の祭り会場-東京・江東(2日)時事

2日午後6時50分ごろ、東京都江東区亀戸の「亀戸天神社」で、ボンベが爆発した。東京消防庁によると、4人が負傷した。いずれも命に別条はないもよう。同神社は祭りの会場になっていた。
 同神社によると、祭りは町内会の主催で境内を会場として貸していた。祭りは2日午後6時半から始まり、町内会で模擬店を出したという。(2014/08/02-20:14)

2014/08/02-20:14

Top_header_logo21_4http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

公園破壊が深刻、室蘭市「警察通報を検討」 (2日)共同

室蘭市が管理する公園で、設備が壊される被害が相次いでいる。トイレの便器や手洗い場、看板などに集中しており、市の2014年度(平成26年度)の被害総額は7月末で40万円を超え、すでに13年度を上回っている。市は「悪質なものが多く許せない」として、室蘭署への被害届も検討している。
 公園のいたずらは5年前から急速に増えている。今年は4~6月に、市内数カ所の公園でトイレや手洗い場を異物で詰まらせるなどといった被害が続いた。7月28日には絵鞆町の公園で水飲み場の蛇口が破壊され、公園一帯に水が噴き出す事態もあった。
 翌29日には、イタンキ浜海水浴場付近の公園のトイレ内でステンレス製の配水管が壊され亀裂が入り、トイレ内が水浸しになる被害もあった。市は「地域住民に付近の見回りなどをお願いしている」としているが、具体的な対応策はないようだ。
 市都市建設部都市政策課緑化公園係によると、14年度の公園内のいたずらによる被害件数は13件で、前年度の12件を早くも上回った。被害総額も40万1236円に達した。前年度1年間の被害額(37万2288円)を半年間で上回っており、悪質さがエスカレートしている。
 同課の原信二主幹は「いたずら自体は毎年ある。しかし今年は特に悪質であり、今後は被害届の提出も検討したい」と、厳しい表情で話している。
(高橋紀孝)

| コメント (0)

高1同級生殺害:決して許すことできない…遺族の心境公表(2日)毎日

長崎県佐世保市の高1同級生殺害事件で、殺害された女子生徒(15)の両親の代理人弁護士は2日、両親の心境をつづった書面を公表した。「少しずつですが、娘を失った事を実感するのがやっとで他の事は何も考えられずにいる。自分の身に何がおこったかわかってないであろう娘がただただかわいそうだ」と苦しい胸の内を記している。
 代理人によると、父親がB5判の紙1枚に書いた。「最愛の娘の命と将来をうばった犯人を決して許すことはできない」と、逮捕された少女(16)への思いも記した。また、代理人が少女の父親からの謝罪の意向を伝えると、両親は「断ります」と答えたという。代理人は「受ける気持ちにならないと理解した」と話している。
 母親は代理人に「毎日、娘のことを考え家族で涙を流している」と心境を明かし、生徒の話題になると嗚咽(おえつ)することもある。事件の報道を避けるため、新聞購読をやめ、テレビで事件が報じられるとチャンネルを変えているという。
 また、7月29日の葬儀では、母親が若い頃に着て生徒の成人式に着させようと考えていた振り袖を遺体にかけ、好きだった日本の歴史小説をひつぎに納めたという。【山本太一】

Logo_mainichi_s1_2http://mainichi.jp/select/news/20140803k0000m040027000c.html

 

| コメント (0)

「原発事故で損害が…」 東電から1200万円詐取(2日)テレビ朝日

原発事故で損害が出たと嘘の申告をして東京電力から賠償金約1200万円をだまし取ったとして、NPO法人の自称・元理事ら4人が逮捕されました。
 NPO法人の自称・元理事、進藤一聡容疑者(42)ら4人はおととし、「原発事故のため、パーティーの運営などでキャンセルが相次いだ」などと嘘の申告をし、東電から約1200万円の損害賠償金をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、実際には人材派遣の実績がほとんどない会社がコンパニオンの派遣など、パーティーの企画運営のキャンセルで3000万円以上の損害があったと嘘の書類を提出していました。進藤容疑者は「申請は行ったが、不正なものだとは知らなかった」と容疑を否認しています。このNPO法人は、合わせて十数件、総額1億数千万円の損害賠償の請求に関与していて、警視庁は他にも嘘の請求がないか捜査を進めています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000031879.html

| コメント (0)

着陸後に機内から飛び降り 建造物侵入容疑で逮捕 成田空港で33歳男(2日)産経

成田空港に着陸した航空機の非常用ドアから飛び降り、制限エリアに立ち入ったとして、千葉県警成田国際空港署は2日、建造物侵入の疑いで、水戸市飯島町、無職、立原寛勝容疑者(33)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は、2日午後1時半ごろ、第2旅客ターミナルビル95番スポットに到着したフィリピン航空機の非常用ドアを無断で開けて飛び降り、制限エリアに立ち入った疑い。
 県警によると、立原容疑者は「飛び降りたのは間違いない」と供述している。フィリピン航空から成田国際空港署に通報があった。同署は詳しい状況を調べている。

Msn_s1_2
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140802/crm14080220210011-n1.htm

| コメント (0)

ビル6階から20代男性が転落死? 新宿・歌舞伎町(2日)産経

2日午前11時40分ごろ、東京都新宿区歌舞伎町の雑居ビル脇の路上で、20代ぐらいの男性が血を流して倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。ビル6階の非常階段部分から転落したとみられ、警視庁新宿署は事件と事故の両面で調べている。
 同署によると、ビルの管理人が「ドーン」という音に気付き、男性が倒れているのを発見。同署員が駆けつけた際、男性は暴れ回っていたが、間もなく意識を失った。非常階段部分に争った形跡はなかったが、隣接するビルに血痕が付着しており、同署が転落との関連を調べている。
 現場は、JR新宿駅の北東約600メートルにある歌舞伎町の繁華街の中心。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140802/crm14080220270012-n1.htm

Msn_s1

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(2、3日単位・レベル)
 「荒れる少年」①
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010247 なんで、こんなに荒れるのか?
 警察庁がまとめた平成25年の校内暴力は事件数も検挙・補導人員も過去10年間で最悪だったことが分かった。
 25年の事件数は1523件で前年より214件多く過去10年で最悪。検挙・補導人員は1771人、被害者数も多く1713人でいずれも最悪を記録した。
 なかでも中学生の事件が多く1355件で1569人が検挙・補導されている。次いで高校生は112件の検挙人員は132人。小学生も56件の事件があり70人が補導されている。
 また教師に対する暴力は789件あり、やはり過去10年で最悪だった。検挙・補導人員は799件で被害者数は917人でいずれも最悪。
 中でも悪いのは中学生で779人も検挙・補導されている。
 「教育の場」としての学舎は崩壊しつつあり、大阪市教委が、授業妨害などの問題行動を繰り返すような荒れた児童・生徒を1カ所に集めて指導する「特別教室」を設けることは当然と言えるようだ。
 少年犯罪の現状を数回にわたり紹介する。
 
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 ★ 別室に小説コーナーがあります。
 http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

中学生自殺 逮捕の父親「グローブはめ殴る」(2日)NHK

西東京市で、自殺した中学生の長男に殴るなどの暴力を振るって大けがをさせていたとして父親が逮捕された事件で、父親はボクシングの経験者で、「ボクシングのグローブをはめて長男を殴った」などと供述していることが警視庁への取材で分かりました。

この事件は、西東京市の無職、村山彰容疑者(41)が、14歳の中学生の長男の顔や胸を殴るなどして大けがをさせたとして傷害の疑いで逮捕されたもので、長男は暴行を受けた翌日の先月30日、自宅で首をつって自殺しています。警視庁によりますと、村山容疑者は以前ボクシングをしていたということですが、調べに対し、「ボクシングのグローブをはめて長男を殴った。これまでも強くするために殴った」と供述していることが警視庁への取材で分かりました。一方、長男が首をつっているのは母親が発見し、通報しようとしましたが、村山容疑者が「準備するから待て」などと通報を止めていたことが警視庁への取材で分かりました。
およそ50分後に村山容疑者が消防に通報しましたが、その間、救急隊が到着するまで人工呼吸などの救命措置は取っていなかったということで、警視庁は、虐待の実態や詳しいいきさつをさらに調べています。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140802/k10013496801000.html

| コメント (0)

流された3人 遺体で見つかる(2日)NHK

1日夜、神奈川県山北町で、キャンプ場に遊びに来ていた親子4人が乗った車が雨で増水した川に流された事故で、母親と行方不明になっていた2人の子どもの合わせて3人が遺体で見つかりました。

1日午後8時ごろ、神奈川県山北町を流れる河内川沿いにあるキャンプ場「ウェルキャンプ西丹沢」で、神奈川県藤沢市から家族4人で遊びに来ていた会社経営者の大森慎也さん(43)の車が、雨で増水した川を渡っていたところ流されました。
この事故で、一緒に車に乗っていた大森さんの妻のルミさん(42)が現場からおよそ2キロ下流の川岸で遺体で見つかったほか、長女で小学3年生の舞奈さん(9)と長男で小学2年生の凱風君(7)の2人の遺体が相次いで発見されました。大森さんは手にけがをしましたが、命に別状はありませんでした。
警察によりますと、大森さん一家は、キャンプ場の中でもアドベンチャーゾーンと呼ばれる、ふだん浅い流れの川を四輪駆動車で渡って行く場所でキャンプをしていたということです。
大森さんは「急に雨が降ってきて危ないと思ったので安全な場所に車で避難しようとした」と話しているということです。
キャンプ場近くの箒沢地区に県が設置した雨量計では、午後8時15分までの45分間に51ミリの非常に激しい雨を観測していました。

News_pic1_3
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140802/t10013495021000.html

新潟女性殺害:2女性変死も関与か 検出DNAが一致(2日)毎日

新潟県新発田(しばた)市で昨年11月、パート女性(当時22歳)を連れ去って殺害したとして殺人容疑などで逮捕された喜納(きな)尚吾容疑者(31)のDNA型が、今年4月に20代の女性会社員の遺体が発見された市内の現場で検出されたDNA型と一致したことが1日、捜査関係者への取材で分かった。
 昨年9月に全焼した車から別の20代女性の遺体が見つかった市内の現場にも、喜納容疑者と関連する遺留物があったことが判明。県警新発田署捜査本部は、この2人が死亡した経緯についても喜納容疑者が事情を知っているとみて、慎重に捜査を進めている。
 同市本間新田の川で4月3日、一部が白骨化した20代の女性会社員の遺体が発見された。会社員は市内で1人暮らしをしていて今年1月中旬に行方が分からなくなり、家族から捜索願が出ていた。遺体発見現場周辺から会社員のものとは異なるDNA型が見つかり、県警の分析で喜納容疑者と一致したという。
 昨年9月21日には、同市舟入町のアパート前の駐車場で車4台が燃え、全焼した軽乗用車から20代女性の遺体が見つかった。この周辺でも喜納容疑者と関連する遺留物が発見されたという。
 県警はいずれも当初、自殺の可能性があるとみていたが、その後、事件に巻き込まれたとの見方が強まり、捜査を続けている。
 喜納容疑者が昨年以降、車を何回も買い替えていたことが、複数の住民の証言で分かった。喜納容疑者はパート女性を昨年11月に車でさらって殺害したとする容疑で逮捕されたほか、同8〜12月に別の3女性を連れ去ったなどとして既に起訴されている。捜査本部は、証拠隠滅のため車を次々に替えたとみている。
 無職男性(66)によると、喜納容疑者は昨冬ごろ、白い軽自動車から黒いワゴン車に替えた。パート女性の遺体が発見された今年4月ごろには別の白い軽自動車に替えた。男性は「洗車しているところを見かけないので、(車を)大事にしているようには見えなかった。次々に替えるのは普通じゃないと思った」と話した。
 捜査本部は1日、喜納容疑者を新潟地検に送検した。【真野敏幸、柳沢亮、堀祐馬】

Logo_mainichi_s1
http://mainichi.jp/select/news/20140802k0000m040168000c.html

| コメント (0)

「お父さん犬」所属事務所、1億円の所得隠し指摘 (2日)TBS

「お父さん犬」が所属する動物専門の芸能事務所が、東京国税局からおよそ1億円の所得隠しを指摘されました。
 所得隠しを指摘されたのは、千葉県成田市の動物専門芸能事務所「湘南動物プロダクション」です。
 湘南動物プロダクションにはソフトバンクモバイルのCMに出演する「お父さん犬」の「カイくん」が所属していて、2007年のCM開始以降、売り上げを伸ばしていましたが、関係者によりますと、おととしまでの4年間は所得を全く申告せず、その翌年も売上の一部を除外するなどしていてたということです。
 東京国税局は、前身の法人も含め、5年間でおよそ1億円の所得隠しを指摘。重加算税を含む追徴税額はおよそ4000万円で、修正申告したもようです。(02日09:14)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2264846.html

| コメント (0)

自殺発見の妻に「通報は待て」 中2虐待容疑の継父(2日)朝日

 東京都西東京市の中学2年の長男(14)が虐待を受けた後に自殺した事件で、傷害容疑で逮捕された父親の無職村山彰容疑者(41)が、自殺を図った長男に気付いて通報しようとする母親を制止していたことが、警視庁への取材でわかった。

 田無署によると、7月30日午前8時50分ごろ、起床した母親が、自室で首をつっている長男を発見。通報しようとしたが、村山容疑者から「通報は待て。捕まる用意をする」と言われ、通報を止められたという。発見から約50分後に村山容疑者が通報したが、その間に人工呼吸などの救命措置はしなかったという。司法解剖の結果、死因は窒息死だった。
 遺体の顔や胸、手足などには計数十カ所のあざがあったことも判明。村山容疑者はボクシング経験者で、「スパーリングで長男を殴った」と供述しており、署は日常的な虐待があったとみている。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASG815VL2G81UTIL037.html?iref=comtop_6_01

| コメント (0)

4カ所連続放火か夫婦死亡 京都・伏見、近くに不審男(2日)共同

1日午前4時48分ごろ、京都市伏見区向島二ノ丸町、自営業北村正則さん(67)の自宅兼事務所の1階ガレージ付近から出火、木造一部鉄骨造4階建て延べ約400平方メートルが全焼した。3階で北村さんと妻富美子さん(65)が心肺停止状態で見つかり、救急搬送されたが、病院で死亡が確認された。周辺の民家3軒に延焼し、2軒が全焼、1軒が一部焼失した。
 約2分後、北村さん宅の南西約300メートルにある資材置き場が全焼、その約8分後、北約600メートルにある倉庫が全焼するなど15分間に半径400メートル圏内の計4カ所で不審火があった。京都府警捜査1課と伏見署が連続放火事件とみて、現住建造物等放火容疑で捜査している。
 捜査関係者によると、第2現場の資材置き場近くで午前5時前、煙が出ているのを見つけた女性が現場方向からバイクで走ってきた60歳ぐらいの男に「火事です」と声を掛けたところ、男はぶつぶつと言いながら現場をバイクで離れたという。府警が男と連続不審火との関連を慎重に調べている。
 近隣住民情報では、出火当初、北村さんが1階のガレージを初期消火し、いったん自宅に入り、そのまま戻らなかったという。
 府警によると、北村さんは富美子さんと2人暮らし。富美子さんは主婦で足が不自由だった。2人とも3階のベランダで見つかった、という。
 伏見区では7月26日未明に下鳥羽前田町の民家、29日夜に横大路中ノ庄町の店舗兼住居で不審火があり、伏見署や伏見消防署が連日警戒に当たっていた。
 北村さん宅は近鉄向島駅の北約500メートルの住宅街。近くに住む主婦は「ボンという爆発音を聞いた。ガレージの裏辺りが燃えていて、最初は消火器で消していたが瞬く間に燃え広がった」と話していた。

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20140801000056

| コメント (0)

殺そ剤など混入のシシャモ 26都府県で販売(2日)NHK

山口県の輸入会社がベトナムから輸入した冷凍シシャモにネズミの駆除に使われる殺そ剤が混入していた問題で、厚生労働省が流通先を調べたところ、少なくとも全国26の都府県で同様の商品が販売されていたことが分かりました。厚生労働省は商品を決して食べないよう注意を呼びかけています。

この問題は、山口県長門市にある輸入会社「伊村産業」がことし5月にベトナムから輸入した冷凍食品「子持ちからふとししゃも」の中に、ネズミの駆除に使われる殺そ剤などが混入していたことが明らかになったものです。
殺そ剤は、頭痛や吐き気を催し、最悪の場合、生命に危険を及ぼすこともあることから、厚生労働省が商品の流通先を調べていました。その結果、関東から九州にかけての少なくとも26の都府県で「子持ちからふとししゃも」が販売されていることが分かりました。
輸入した会社は商品の自主回収を進めていますが、これまでのところ健康被害の報告はないということです。
厚生労働省は、ことし5月に伊村産業が輸入した「子持ちからふとししゃも」を決して食べないよう呼びかけています。

販売された26都府県

群馬県・千葉県・東京都・新潟県・岐阜県・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・宮崎県・鹿児島県。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140802/t10013493081000.html

| コメント (0)

新潟女性殺害、別の変死現場に容疑者に似た男 (2日)TBS

新潟県新発田市の22歳女性殺害事件。市内では、ほかにも、女性2人が変死していますが、そのうち1人の遺体発見現場の近くで、逮捕された容疑者とよく似た男が目撃されていたことがJNNの取材でわかりました。
 1日に送検された新発田市の無職、喜納尚吾容疑者(31)は去年11月、22歳の女性を車で連れ去り、殺害した疑いが持たれています。喜納容疑者は、容疑を否認しています。
 新発田市では、このほか今年4月、川の中から20歳の女性の遺体が見つかっています。女性が行方不明になった翌日、喜納容疑者と似た男が女性の遺体発見現場周辺で、タクシーに乗ったことが新たにわかりました。
 「男を乗せた場所はあまり来ない所ですからだから、覚えているのです。『新発田の諏訪町のコンビニに行ってくれ』ということだった。(喜納容疑者に)似ているかなという感じはあります」(タクシー運転手)
 男を乗せたタクシーの向かった先は、市内のコンビニエンスストア。男は、この店でタバコ2箱とライターを買ったということです。実はこの店、喜納容疑者の妻が普段から利用していて、店の近くを2人で歩く姿がたびたび目撃されていました。
 「(喜納容疑者)しか吸わないたばこ。引っ越してきてから奥さんがそのたばこを買いに来た、常に。男が専門に吸っていたたばこ」
 また、新発田市では去年9月にも全焼した車から24歳の女性の遺体が見つかっています。捜査関係者によりますと、この火災現場周辺からガソリンを入れる携行缶が見つかっていましたが、その携行缶から採取されたDNAも、喜納容疑者のものと一致したことが新たにわかりました。捜査本部は、女性2人の変死にも喜納容疑者が関与した可能性があるとみて捜査しています。(01日17:59)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2264125.html

| コメント (0)

両親に「事件起こす可能性」=少女診察の医師-1人暮らし継続・高1女子殺害(2日)時事

長崎県佐世保市の県立高校1年女子生徒(15)が殺害された事件で、逮捕された同級生の少女(16)を診察した医師が、事件前に少女の両親と面談し、「このままでは事件を起こしてしまう可能性がある」と伝えていたことが1日、関係者の話で分かった。少女は医師と両親が面談した後もマンションで1人暮らしを続け、事件を起こした。
 医師は6月10日、県の児童相談窓口に電話し、少女が小学6年生の頃に給食に異物を混入させたことや、父親に暴力を振るいけがをさせたことなどを挙げ、「人を殺しかねない」などと相談していた。
 関係者によると、医師は県側の助言などを受け、事件前の7月、3回にわたって両親と病院で面談。「事件を起こしてしまう可能性がある」などと告げ、対処を求めたという。
 少女は高校に進学した4月から、事件現場のマンションで1人暮らしをしていたが、医師と両親が面談した後も1人暮らしを継続。7月26日に事件を起こした。(2014/08/01-22:10)

2014/08/01-22:10

Top_header_logo21_3http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

| コメント (0)

日本に捜査協力を打診=ビットコイン不正引き出し-共助条約で米司法当局(2日)時事

仮想通貨ビットコインの大手私設取引所「Mt.Gox」を運営する「マウントゴックス」(東京)から16億円相当のビットコインが不正アクセスにより引き出された事件で、米司法当局が今春、日本の法務・警察当局に捜査協力を打診していたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、米ニューヨーク連邦地検は、マウント社が2月に破綻した直後から捜査に着手。捜査協力を打診してきたという。
 打診のあった当時、警視庁はマウント社の破綻問題について情報収集の段階だった。同庁が7月末に電子計算機使用詐欺容疑で捜査を開始したことを踏まえ、外交ルートを通さずに直接、証拠や証言を提供できる日米刑事共助条約に基づき、捜査協力が進められる見通しだ。
 マウント社が警視庁に任意提出したパソコンの通信履歴(ログ)などの内部資料や、同社のカルプレス最高経営責任者(CEO)からの任意聴取の内容、関係者の所在について、米側は情報提供を求めるとみられる。
 警視庁によると、同社のシステムの不具合(バグ)を悪用した不正アクセスにより、少なくとも約2万7000ビットコイン(約16億円相当)が不正に引き出されていた。
 マウント社への不正アクセスには米国のIPアドレス(ネット上の住所)が使用されており、日本側は発信源の追跡などで協力を要請するとみられる。(2014/08/02-05:04)

2014/08/02-05:04

Top_header_logo21_2http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

| コメント (0)

連続不審火死亡男性、警察に相談 タイヤがパンクなどトラブル(2日)共同

京都市伏見区で自営業北村正則さん(67)と妻富美子さん(65)が死亡した連続放火とみられる火災で、町内会長を務めていた北村さんが、車のタイヤがパンクさせられるなどの地域のトラブルを警察に相談していたことが1日、京都府警への取材で分かった。
 北村さん宅の後に出火した資材置き場付近で、女性がバイクに乗った不審な男性を目撃していたことも判明。府警は連続放火事件とみて殺人容疑も視野に、現住建造物等放火などの疑いで捜査するとともに、トラブルや不審な男性と火災との関連も慎重に調べる。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014080101002228.html

| コメント (0)

車が川に流される 子ども1人の遺体も発見(2日)NHK

1日夜、神奈川県山北町で、キャンプ場に遊びに来ていた親子4人が乗った車が雨で増水した川に流され、このうち母親が遺体で見つかりました。子ども2人も行方不明となっていましたが、2日朝早く、3キロほど下流で子ども1人の遺体が見つかったということです。

1日午後7時ごろ、神奈川県山北町を流れる河内川沿いにあるキャンプ場「ウェルキャンプ西丹沢」で、神奈川県藤沢市から家族4人で遊びに来ていた会社経営者の大森慎也さん(43)の車が雨で増水した川を渡っていたところ、流され横転しました。
この事故で、一緒に車に乗っていた大森さんの妻のルミさん(42)が、現場からおよそ2キロ下流の川岸で遺体で見つかったほか、長女で小学3年生の舞奈さん(9)と長男で小学2年生の凱風くん(7)の2人の行方が分からなくなっていましたが、2日朝早く、現場から3キロほど下流で子ども1人の遺体が見つかったということです。
大森さんは手にけがをしましたが、命に別状はありませんでした。
警察によりますと、大森さんたちは、ふだんは浅い流れの川を渡ったところにあるキャンプサイトに車で渡ってキャンプをしていたということで、大森さんは「急に雨が降ってきて危ないと思ったので安全な場所に車で避難しようとした」と話しているということです。警察はおよそ30人の態勢で捜索を続けています。

続きを読む "車が川に流される 子ども1人の遺体も発見(2日)NHK"

キャンプ場で川に流され…3人不明 神奈川(2日)テレビ朝日

神奈川県山北町でキャンプ場に来ていた親子3人が川に流されたと通報があり、消防などが行方を捜しています。
 1日午後8時半ごろ、山北町の川沿いにある「ウェルキャンプ西丹沢」で、利用者から「中州に取り残されていた子どもが流されたようだ」と通報がありました。消防などによりますと、流されたのは3人で、家族で遊びにきていた母親と子ども2人とみられています。一緒に来ていた父親は無事で、警察が当時の状況などを詳しく聞いています。キャンプ場によりますと、当時、現場では強い雨が降っていたということです。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000031849.html

| コメント (0)

« 2014年8月1日 | トップページ | 2014年8月3日 »